スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区政全般】渋谷サービス公社と河津町

(株)渋谷サービス公社社長・郡川武雄が退職したことは先日お伝えした。

さて、渋谷サービス公社には、渋谷区の施設案内と共に、静岡県河津町のパンフレットが置かれ、ポスター、カレンダー等も貼ってある。
渋谷区は、河津町の旅館を購入して第二保養所にしようと計画しているが、現在、渋谷サービス公社は、その施設の管理を委託されてはいない。
渋谷サービス公社は、河津町とは防災協定を結んでいるからと釈明するが、同公社と河津町との関係にはますます注目したくなる。

201404131107142bf.jpg
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

【区政全般】渋谷サービス公社にも春が来た!

渋谷サービス公社社長・郡川武雄が退職した!
同社長は、渋谷区役所の部長時代より、部下からの評判が悪かった。渋谷オンブズマンにも、郡川武雄氏に関する通報が、区役所職員、渋谷サービス公社社員より複数寄せられていた。

今まで氷河期だった渋谷サービス公社の社員達もやっと春を迎えているようだ。しかしながらこの郡川社長が転がりこんだ社会福祉事業団はこれから真冬を迎える。
因みに、渋谷サービス公社の後任社長は前子ども家庭部長・伊藤宏である。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

【区政全般】定期借地権を設定して新庁舎を建設!

最近、桑原区長は、「新庁舎は無料で建設できる」と町会、商店街等では言っているようである。
しかし多くの人は、定期借地権を設定して、マンション業者へ現庁舎前を貸与する見返りに、庁舎と公会堂を無償で建築させるとは理解していない。新年のセルリアンホテルの祝賀会の出席者の中にも、「マンション業者に土地を売るのか?」と勘違いしている人がいた。

さて桑原区長は、先の区議会本会議でにおいて、「渋谷区は585億円も積立金がある」と自慢したようであるが、それならば何故、起債を発行して自費で新庁舎と公会堂を建てないのであろうか?
定期借地権は契約期間が70年であるが、契約企業がそのまま存在するとは思えない。日本の企業で半世紀続く企業がどれほどあるのだろうか?
そもそも区長は何故、他の区市町村の様に、新庁舎建設に関して、住民との対話をしないのであろうか?
それは桑原区長自身が、定期借地権を使う計画に対して自信がないからなのであろうか?目新しい計画だが、計画そのものが上手くいかない可能性もあるのだろうか?70年の計画が途中でどうなるか説明できないのであろうか?

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

【区政全般】渋谷区役所における到達文書の取り扱い

渋谷区長と某区議会議員の間で、文書を「受け取れ」「受け取らない」で揉めているようだ。
渋谷区役所に到達した文書は、渋谷区庶務規程等に定められている通りに取り扱い、所管に送られるようであるが、その文書を「受け取れない」として送り返すとは、いったいどんな文書で、どんなやり取りをしているのか、興味津々である。

【区政全般】渋谷区立学校あり方検討会の答申

11月7日(木)に開催された渋谷区教育委員会定例会において、渋谷区学校あり方検討会の答申が提出されたようである。というのは、定例会の冒頭、傍聴者を締め出して、何事かをやっており、そこで答申が提出されたのではないかと推測されるからだ。
渋谷区教委は、この答申の内容を早々に公開するべきであり、それがなされないのであれば、情報公開請求をしてみるのも面白い。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。