【おやじ日本】4回目の判決言い渡し延期

渋谷区が、NPO法人おやじ日本に対して、渋谷区立勤労福祉会館の一部を、行政財産使用許可の手続も踏まず、無償使用させていた事件の住民訴訟は、東京地裁で結審している。
判決言い渡しは三回延期されて12月3日の予定であったが、四回目の延期となり、12月19日(木)13時15分からに変更された。法廷は東京地裁703号法廷である。
判決言い渡しが四回も延期されることは極めて異例である。
スポンサーサイト

【おやじ日本】判決言い渡しが三回目の延期

渋谷区が、NPO法人おやじ日本に対して、渋谷区立勤労福祉会館の一部を、行政財産使用許可の手続も踏まず、無償使用させていた事件の住民訴訟は、東京地裁で結審している。
判決言い渡しは二回延期されて11月7日であったが、三回目の延期となり、12月3日(火)13時15分からの判決言い渡しとなった。
判決言い渡しが三回も延期されることは極めて異例である。

【おやじ日本】判決言い渡しが、再度の延期!!

渋谷区が、NPO法人おやじ日本に対して、渋谷区立勤労福祉会館の一部を、行政財産使用許可の手続も踏まず、無償使用させていた事件の住民訴訟は、東京地裁で結審している。
判決言い渡しは延期されて9月26日であったが、再び延期され、11月7日(木)13時15分からの判決言い渡しとなった。
それ程、判決を下すのが難しい事件なのであろうか・・・

【おやじ日本】判決言い渡しが延期

渋谷区は「NPO法人おやじ日本」に対して、公共施設を無償使用させて、主たる事務所を開設させていた。
その是非を問う住民訴訟の判決言い渡しが7月25日に予定されていたが、裁判所の都合で延期された。
9月26日(木)13:15から703号法廷で判決が言い渡されることになった。

【おやじ日本】おやじ日本住民訴訟が結審

渋谷区が渋谷区立勤労福祉会館の一部を「NPO法人おやじ日本」に体して、主たる事務所として無償で使用させていることが、行政財産の違法使用許可のあたるとして、その使用料相当額の返還を渋谷区長・桑原敏武らに求めて争っていた住民訴訟が、5月9日、東京地裁で結審した。判決は、7月25日13時から、東京地裁703号法廷において言い渡される。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: