【統合問題】教育委員会が半ば秘密裏に、批判的見解を一切排除し 第1回新校準備委員会

昨日(7月31日)に開催された山谷小、代々木小の統合後に開設される新校の準備委員会に関して、代々木小学校在校生保護者から、以下の趣旨の投書が寄せられた。

先日、「代々木小学校避難所運営委員会」にPTA会長と出席して参りました。そこで南新宿町会長から「第1回新校準備委員会」が、7月31日に開催されると伺いました。
新校準備委員会の委員には、数名が代々木小学校保護者代表として選ばれたとのことですが、町会長も選出委員を知らないようでした。
町会長は新校準備委員にPTA役員が選ばれず、31日開催の件をPTA会長、副会長とも知らなかったことに驚かれ「教育委員会は急いでいるように感じる、地域が異なることがやはり気になる」とも言っていました。
学校統廃合を、このように、半ば秘密裏に、批判的見解を一切排除して進めていくやり方には、疑問を感じざるを得ません。
スポンサーサイト

【統合問題】渋谷区立山谷小学校の校舎建替工事説明会

7月5日、渋谷区立山谷小学校校舎建替工事の説明会が行われた。

渋谷区立山谷小学校の児童約200名は、本年4月より、同小学校の校舎の新築工事のため、隣の渋谷区立代々木小学校で学んでいる。新校舎が完成すると、山谷小学校の児童約200名と代々木小学校の児童約100名が戻ってくる。すなわち、山谷小学校、代々木小学校が統合されて、新しい300人規模の小学校が誕生することになる。
現在、小規模校で学んでいた一部の子供達の間に、動揺が見られるとの情報もあるので、渋谷区教委は十分な配慮をしていただきたい。学校統廃合には、デリケートな問題がついて回るものだ。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

【工事説明会】山谷小学校の新築工事説明会

渋谷区立山谷小学校の校舎棟新築工事に関する説明会が、7月5日(金)19時より、代々木区民施設3F(渋谷区代々木3-51-8)で開催される。
山谷小学校と代々木小学校の統合問題で紛糾したが、いよいよ山谷小学校の新築工事が始まる。ここまでくれば、予定通りに工事が完了し、平成27年4月からは新校舎で新学期を迎えて欲しいものだ。

img689.jpg

img688.jpg

【あり方検討会】第4回渋谷区立学校あり方検討会

18日(月)、第4回渋谷区立学校あり方検討会が開催された。
これまで同検討会では、「学校は、規模ではなく内容で評価される」という趣旨の発言が優勢であったが、今回は「競争力をつけるためには、ある程度の規模が必要である」という単学級(小規模校)に対して否定的な発言が多く聞かれるようになってきた。
渋谷区教委の規定路線なのであろうか?

【統廃合】渋谷区立学校あり方検討会

1月25日(金)、渋谷区立学校在り方検討会が開催された。
今後、渋谷区立小中学校の統廃合を進めたていきたい渋谷区としては、この検討会で「区立小中学校は一定以上の規模があることが望ましい」という趣旨の答申が出ることを期待しているのかもしれないが、この検討会では、委員に選出されている学者、町会長等から、「区立小中学校の在り方を、最初から規模ありきで議論するのはおかしい。学校は規模ではなく内容が重要だ。小規模でも良い学校はたくさんある。大規模、中規模が良くて、小規模は良くないというこではない」との意見が次々と出た。
又、「教師が生徒・児童及び地域と如何にかかわっているかが、学校評価の重要なポイントである」との意見も出ていた。

小規模校で統廃合の対象になった代々木小学校の保護者が、大勢、傍聴に来ていたが、複雑な思いで議論を聞いていたようだ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: