スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【主張】開かれた自治体を願って

sendagaya(写真:日陰になる渋谷区立千駄ヶ谷小)

 渋谷区では12月1日に高度地区変更による「建築物の絶対高さ制限」が施行されたことを御存知でしょうか。これに対して、不十分だとの批判もありますが、渋谷区内では渋谷駅周辺を除いて、建築物に高さ制限が設けられ、その結果として、神宮前2丁目の住宅地に隣接して建設された超高層建築物の類は、今後、建築することは不可能になりました。
 小泉純一郎内閣の規制緩和で、超高層建築が容易になり、平成15年頃から、渋谷区内でも例外なく建築紛争の嵐が吹き荒れました。しかしながら、住民運動は各地で個別撃破され、百戦錬磨の業者は、不作為の行政に後押しされて、ほとんど思い通りに開発・建築を進めてきたのでした。
 そんな、渋谷区に大きな転機が訪れたのは、平成16年、神宮前2丁目に住友不動産が進めた高さ140mの超高層分譲マンションの建築計画でした。これは、渋谷区立千駄谷小学校に、冬場の10時から2時にわたり、大きな日陰を落とす建築計画であったため、ある時期から千駄谷小学校PTAが反対運動の先頭に立ったのです。それどころか、渋谷区内の27校の小中学校PTAが応援し、渋谷区PTA連合会が運動の主体となっていったのでした。
 運動の目標は、千駄谷小学校を救うことはできないかもしれないが、今後、二度とこのようなことが起こらないように、渋谷区議会で「教育施設の日照を守るための条例」を制定して、教育施設に日陰を落とす高層建築物を渋谷区内では二度と建築できないようにしてしまおうというものでした。渋谷区全体の問題としたため、大運動となり、各校のPTA会長は学校内外で署名を集め、町会、商店会、労働組合等でも共感をよび、二ヶ月で11500の署名を集めて区議会に請願を提出いたしました。区議会では、与党会派である自民党、公明党が反対にまわりましたが、賛成18、反対14で可決採択されました。与党会派が反対にまわったにもかかわらず請願が採択されたのは、区議会史上極めて珍しいことだそうです。
 間もなく住友不動産は工事を10ケ月中断して、高さ140mの分譲マンションを高さ91mのオフィスビルに計画変更いたしました。計画変更は不十分なものではありましたが、渋谷区PTA連合会が区議会を動かし、大手不動産会社の建築計画を大変更させた事実は、渋谷区内外から驚きの声が上がりました。
 この運動が発端となり、渋谷区内外の環境破壊、景観破壊と戦う市民運動とのネットワークができ、まちづくりに関しては、24番目の区と言われていた渋谷区が①景観計画②土地利用調整条例③絶対高さ制限の三本立てで、ゆっくりではありますが動きはじめたのでした。当時、議員も役人も、建築物の高さを制限することは財産権の侵害に当たるなどとして、全く後ろ向きでした。それ故、この度の渋谷区の「建築物の絶対高さ制限」の施行には、隔世の感があります。そしてここに至るにあたっては、PTA連合会が組織を挙げて取り組んだ、あの運動抜きには考えられません。これから渋谷区が開かれた自治体として生まれ変わるためには、市民運動が定着することが重要であることは言うまでもありません。

渋谷オンブズマン代表 久保田正尚
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【南平台・詳細】暴力団系不動産会社元社長、渋谷区の自民党支部にも寄付

 

syorui2

syorui(写真:自由民主党東京都渋谷区第七支部政治資金収支報告書)



 渋谷区南平台の再開発事業に絡み、三菱東京UFJ銀行から約62億円の融資を受けていた暴力団系の不動産会社元社長が自由民主党東京都渋谷区第七支部(渋谷区笹塚)に対して、平成16年に60万円の寄付をしていたことが、渋谷オンブズマンの調べでわかった。
 東京都選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書によると、同支部は平成16年4月1日に60万円の寄付を受けたとされている。当時の支部長は前島英三郎氏、事務担当者は武藤利平氏と記載されている。選挙区に詳しい関係者によれば「武藤氏は粕谷茂元衆議院議員に近い人物だったと記憶している」と指摘する。
 同支部は前島氏から、石原伸晃現自民党幹事長代理と支部長が変遷。現在、粕谷氏が支部長を務めている。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【速報】保護者への説明不十分? 区立鉢山中学理数系重点校移行、保護者に十分な説明なし

hachiyama(写真:渋谷区立鉢山中学校)

 来年度から理数系重点校になる予定の渋谷区立鉢山中学で、在校生の保護者の一部から「理数系重点校になるなんて、聞いていない」と十分な説明がなされていないと訴えていることがわかった。
 区役所関係者の話によれば、鉢山中学では、理数系重点校になる予定であるにもかかわらず、学校側からは説明会やプリントの配布など在校生や保護者への十分な説明がされていない状態だという。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【南平台・報告】丸山議運委員長、暴力団との関係深い会社元社長から政治献金 

 maruyama mirai(写真:丸山高司議会運営委員会委員長)

maruyama kifu

maruyama kifu2(写真:上記2枚は丸山議運委員長が代表を務める支部への元不動産会社社長が寄付した政治資金収支報告書の一部)


 東京都渋谷区南平台の再開発事業をめぐり、丸山高司議会運営委員会委員長が暴力団と関係の深い不動産会社元社長から合計90万円の寄付を受けていたことが、渋谷オンブズマンの調べでわかった。
 東京都選挙管理委員会に提出されている政治資金収支報告書によると、丸山議運委員長が代表を務める「自由民主党東京都渋谷区第二十一支部」は平成17年10月から翌18年6月までの間、元社長から90万円の寄付を受けていた。土地の買収が行われていた時期には、丸山議運委員長は区議会議長を務めていた。
 丸山議運委員長については昨年4月の区議選でガソリン代を不正請求していた疑いがあるとして、渋谷署が詐欺容疑で捜査している。区民の一部からは「保護司やPTA会長の職を辞するべき」との声が上がっている。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【南平台・速報】渋谷・南平台再開発をめぐり、朝日新聞が1面トップで報道

 東京都渋谷区南平台の再開発事業をめぐり、三菱東京UFJ銀行が2003年から05年にかけて、暴力団と関係の深い不動産会社の元社長に約62億円の地上げ資金を提供していたと朝日新聞が1面トップと社会面トップで報道している。
 再開発事業に絡んだ土地の一部は渋谷区も所有し、元社長との間でやり取りがあったとされている。渋谷オンブズマンでもこの問題に関しては報告していきたい。

なお、下記をクリックすると朝日新聞の記事が閲覧できる。
朝日新聞記事

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【政務調査費】政務調査費⑦ 伊藤美代子議員

itou

 本日は、返還請求金額88399円の伊藤美代子議員について報告する。以下、監査請求書の原文のまま。(写真はの舞踊集団「菊の会」のパンフレット)


1.舞踏集団「菊の会」の年会費を、政務調査費で支出すのは不適切。よって、5,000円の返還を求める。

2.波戸崎操のフルートリサイタルのチケットを、政務調査費で支出すのは不適切。よって、24,000円の返還を求める。

3.「自宅で購入している新聞は、専門紙は対象とするが、全国紙及び政党新聞は対象としない。」とされているので、毎日新聞、読売新聞、公明新聞は認められない。よって、38,550円の返還を求める。

4.「自宅で使用するIP等の接続料は按分率50%とする。」とある。IP接続料の按分がなされていない。よって、1,795円の返還を求める。

5.携帯電話等利用料計上の計算方法が一部間違っている。按分率50%、上限月額10,000円であるから、5月分2,360円、6月分2,360円、7月分2,360円、8月分2,360円、9月分2,022円、10月分2,352円、12月分2,413円、よって合計16,227円の返還を求める。

6.ポイントカードのポイントは、現金に換算して返還するべきである。ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、さくらやは、概ねお買い上げ額の10%、東急ハンズ、ラオックスはお買い上げ額の1%、Office Depotは概ねお買い上げ額の2.3%がポイントとして還元される。よって、2,827円の返還を求める。


(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【速報】桑原渋谷区長、投票所300㍍以内に選挙事務所設置

 桑原敏武渋谷区長が昨年4月に行われた同区区長選の際に事務所を投票所300㍍以内に設置していたことが25日、わかった。
 公職選挙法では投票日当日に投票所を設けた場所の入口から300㍍以内の区域にある場合は閉鎖するか、300㍍以外に移動させなければならないと規定している。
 選挙事務所異動届によると、桑原区長は投票日前日の4月21日午前10時に渋谷区初台から渋谷区渋谷に選挙事務所を異動した届けを提出していた。22日に使用したかどうかに関しては書類には記載されていない。渋谷区選挙管理委員会では投票所から300㍍以内である旨の説明をしたという。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【政務調査費】政務調査費⑥ 真自由政経フォーラム

seikei
 

 本日は、返還請求金額84940円の会派「真自由政経フォーラム」について報告する。以下、監査請求書の原文のまま。(写真はヤクルト購入費の領収証)


1.来客用、区民相談用にヤクルトは必要ない。よって、3,626円の返還を求める。

2.区政懇談会、会派意見交換会ということで飲食店を利用し、その代金を政務調査費で支出することは不適切である。よって、42,500円の返還を求める。

3.会派総会の食事代、来客用の食事代を、頻繁に政務調査費で支出することは不適切である。よって、35,958円の返還を求める。

4.書籍「躁鬱病はここまでわかった」、雑誌「週刊ダイヤモンド」の代金を政務調査費で支出することは不適切である。よって、2,350円の返還を求める。

5.ポイントカードのポイントは、現金に換算して返還するべきである。ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、さくらやは、概ねお買い上げ額の10%、東急ハンズ、ラオックスはお買い上げ額の1%、Office Depotは概ねお買い上げ額の2.3%がポイントとして還元される。よって、506円の返還を求める。


(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【政務調査費】政務調査費⑤ 栗谷順彦議員

kuriya seimu

本日は、返還請求金額72621円の栗谷順彦議員(公明党)について報告する。以下、監査請求書の原文のまま。(写真は栗谷議員が請求したコンサート代の領収証)

1.「リツコ・フィオーレの会」のコンサートチケット代は、政務調査費で支出することは不適切である。よって、24,210円の返還を求める。

2.「図解フィンランド・メソッド入門」は、政務調査とは関係ない。よって、1,500円の返還を求める。

3.「自宅で購入している新聞は、専門紙は対象とするが、全国紙及び政党新聞は対象としない。」とされているので、毎日新聞は認められない。よって、30,825円の返還を求める。

4.「ガソリン代は、按分率50%、上限月額5,000円とする。」となっている。ガソリン代の計算方法に誤りがある。
正確には、5月分は5,000円、6月分は5,000円、8月分は5,000円、9月分は5,000円、10月分は3,584円、11月分は5,000円、12月分は5,000円、1月分は5,000円、2月分は5,000円、3月分は3,610円で合計47,194円である。栗谷議員の請求金額は63,280円であるので、その差額16,086円の返還を求める。

(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【告発・速報】矢部元都議返金額は25796円 渋谷区長選・ガソリン代不正請求で

yabe(写真:ガソリン代を返金した矢部一元都議)
 

 昨年4月の渋谷区長選で落選した矢部一元都議がガソリン代を不正請求していた事件で、請求に誤りがあったとして25796円を渋谷区選挙管理委員会に22日までに返金していたことがわかった。
 燃料請求書の内訳書類によれば、当初ガソリンを給油したとされる2007年4月18日には50.3リッター、同年4月21日には63.5リッターを給油したとして金銭を請求していた。ところが、実際にはこの2日間に関しては全く給油していなかった事実が判明。正確なガソリン代は20825円で、当初請求していた46621円を訂正した格好だ。
 渋谷オンブズマンは11月に矢部元都議のほかに、桑原敏武渋谷区長、木村正義区議会議長、丸山高司議会運営委員会委員長、伊藤美代子監査委員、栗谷順彦交通・公有地問題特別委員会委員長も渋谷署に詐欺容疑で刑事告発している

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 渋谷オンブズマン 久保田正尚 堀切ねんじん 仙寿院 渋谷区 渋谷区議会

【詳細】政務調査費⑤ 中谷琢也議員

nakatani seimu

本日は、返還請求金額49575円の中谷琢也議員(49,575円)について報告する。以下、監査請求書の原文のまま。(写真は中谷議員の請求した高級ボールペン代領収証)

1.15,750円もする高級名刺ファイルは、政務調査費で購入するのは不適切である。よって、15,750円の返還を求める。

2.高級文具は、政務調査費で購入するのは不適切である。よって、1,365円の返還を求める。

3.1本12,000円並びに18,000円もする高級ボールペンは、政務調査費で購入するのは不適切である。また、ビジネスダイアリーは2冊も必要もない。よって、32,445円の返還を求める。

4.ポイントカードのポイントは、現金に換算して返還するべきである。
ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、さくらやは、概ねお買い上げ額の10%、東急ハンズ、ラオックスはお買い上げ額の1%、Office Depotは概ねお買い上げ額の2.3%がポイントとして還元される。よって、15円の返還を求める。


(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【訴訟・報告】西原小放課後クラブを巡り、東京地裁に提訴・渋谷オンブズマン

 nishihara(写真:渋谷区立西原小)

 渋谷区立西原小放課後クラブで今年6月、子供達に提供された乳酸飲料が賞味期限切れだった可能性があったとされた問題で、渋谷オンブズマンはおやつの提供記録に関して情報公開を求めていた。ところが、渋谷区教委が「当該文書は公文書でない」と判断、非公開決定処分を下したため、渋谷オンブズマンは取り消しを求めて東京地裁に提訴をした。
 渋谷区教委は「おやつの提供記録は、放課後クラブの業務委託先である(株)パソナが保存している書類なので、公文書でない」と説明している。
 一方、渋谷オンブズマンは「おやつの提供記録は、教育委員会が実質上管理している文書であり、若しくは管理しなければならない文書であるから公文書である」と主張している。
 西原小放課後クラブの賞味期限切れ乳酸飲料の問題は8月中旬に表面化していた。第一回口頭弁論は来年、1月14日に東京地裁で予定されている。
 

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【報告】染谷区議「大名旅行と言われるのはとんでもない。迷惑」 海外都市交流報告会で

 桑原敏武渋谷区長らがトルコとフィンランドの海外都市交流に絡んで、報告会が18日恵比寿区民会館で開かれた。その中で、染谷賢治議員からは「自分はトルコに3回(視察で)訪問している。大名旅行と言われるのはとんでもない。迷惑している」などと発言した。
 この他に視察に参加した議員ら(丸山高司議員は欠席)も視察に関して報告した。報告では「フィンランドで出されたトナカイの肉には面を食らった」「区長が指で示して、職員に写真をあちこちに撮りに行かせていた」「タイトなスケジュールだった」などとの発言があった。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【報告】区議「国際交流学級へ批判があるが、世界のあらゆる国との交流が重要」・トルコ・フィンランド訪問報告会で発言

 桑原敏武渋谷区長と区議会議員らが9月にトルコとフィンランドを訪問に関連して、渋谷区が区内各地の公共施設で先週から今週にかけて「トルコ共和国・フィンランド共和国との海外都市文化交流訪問団団員による報告会」を開催している。
 17日夜には上原区民会館で報告会が開催され、桑原渋谷区長、木村正義区議会議長、染谷賢治議員、丸山高司議員、松岡定俊議員(以上自民党)伊藤美代子議員、栗谷順彦議員(以上公明党)岡田麻里議員、吉田佳代子議員(以上民主党)、その他同行した区職員が出席。区民ら約50人が参加した。
 今回の説明会は、千駄ヶ谷:12月9日、本町:12月15日、上原:12月17日、恵比寿:12月18日の区民会館で開かれた。
 上原区民会館での報告会に出席した区民によると、報告会では区議の一人が「オンブズマンが(神宮前小のホライゾン学園に関する)国際交流学級へ批判しているが、世界のあらゆる国との交流が重要である」との趣旨の発言があった。また、別の区議は政務調査費について「このところオンブズマンから攻撃を受けて悔しい思いをしてきた」と語ったという。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 渋谷オンブズマン 久保田正尚 堀切ねんじん 仙寿院 渋谷区 渋谷区議会

【詳細】政務調査費④ 浜田浩樹議員

hamada seimu


本日は、返還請求金額25700円の浜田浩樹議員(民主党)について報告する。以下、監査請求書の原文のまま。(写真は浜田議員の請求した書籍代領収証)

1.「日本の10大新宗教」「日本は世界で第何位」「150文字でわかる日本地図」「歴代天皇・年号事典」「自民党が負けない50の理由」「労働組合活用のルール」 以上の書籍は、政務調査費で支出するのは不適切である。よって、5,970円の返還を求める。

2.「ガソリン代は、按分率50%、上限月額5,000円とする。」となっている。ガソリン代の計算方法に誤りがある。平成19年11月分は5,127円、平成20年1月分は6,363円を計上しているが、いずれも上限額の5,000円までである。よって、1,490円の返還を求める。

3.「永田町の区政関係団体」「芝公園の労働団体」「永田町のNPO団体」への訪問や会合出席は、政務調査とは関係ないと思われる。よって、18,240円の返還を求める。


(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない


theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 渋谷オンブズマン 久保田正尚 堀切ねんじん 仙寿院 渋谷区 渋谷区議会

【詳細】政務調査費③・鈴木建邦議員

 本日は、返還請求金額24,714円の鈴木建邦議員(民主党)について報告する。以下、監査請求書の原文のまま


1.平成19年11月20日、東京フォーラム研修会参加とあるが、熱海において如何なる内容の研修会が開催されたのか判明せず、認められない。よって、17,430円の返還を求める。

2.平成20年1月8日、区政関連団体会合出席ということで、日暮里までタクシーを利用しているが、日暮里での区政関連団体会合は珍しく、団体名、会合内容など具体的な説明が必要と思われるが、それがないので、支出は不適切である。よって、6,020円の返還を求める。

3.ポイントカードのポイントは、現金に換算して返還するべきである。
ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、さくらやは、概ねお買い上げ額の10%、東急ハンズ、ラオックスはお買い上げ額の1%、Office Depotは概ねお買い上げ額の2.3%がポイントとして還元される。よって、1,264円の返還を求める。


(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 渋谷オンブズマン 久保田正尚 堀切ねんじん 仙寿院 渋谷区 渋谷区議会

【詳細】政務調査費② 古川斗記男議員

本日は、返還請求金額24,100円の古川斗記男議員(公明党)に関して報告する。以下、監査請求書の原文のまま

古川斗記男議員(24,100円)
1.中幡伝統文化保存会は庚申塚の保存会で、宗教的活動を目的としている団体である。よって、3,000円の返還を求める。

2.中国訪日団の歓迎会は政務調査とは関係ない。よって、5,000円の返還を求める。

3.「自宅で購入している新聞は、専門紙は対象とするが、全国紙及び政党新聞は対象としない。」とされているので、読売新聞は認められない。よって、11,160円の返還を求める。

4.「自宅で使用するIP等の接続料は按分率50%とする。」とある。IP接続料の按分がなされていない。よって、2,906円の返還を求める。


5.平成19年7月分のガソリン代は14,070円であるから、計上できるのは上限5,000円である。よって、2,034円の返還を求める。

(注)上記金額は渋谷オンブズマンによる返還請求金額であり、監査請求で認められた金額ではない

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

tag : 渋谷オンブズマン 久保田正尚 堀切ねんじん 仙寿院 渋谷区 渋谷区議会

【詳細】政務調査費① 監査請求額0円の議員

 渋谷区議会議員の政務調査費に関して使用用途に問題があるとして、渋谷オンブズマンでは1日に、住民監査請求を申し出た。詳細に関しては本日より、返還請求額の少ない議員順に報告したい。今回は返還請求額0円の議員を紹介する。

▼0円の議員は以下の通り
前田和茂議員(自由民主党)

菅野茂議員、苫孝二議員、五十嵐千代子議員、新保久美子議員、牛尾真巳議員、森治樹議員(以上日本共産党)

小林崇央議員(無所属)

但し、会派に所属している前田議員、日本共産党所属の全議員は、会派として政務調査費を使い、返還請求の対象になっている可能性もあります。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【ホライゾン学園】神宮前小校長「新聞報道は推測」 PTAで説明

jingumae


 渋谷区がホライゾン学園(本部・横浜市)に区立神宮前小の一部を無償で提供している問題で、 神宮前小校長が4日のPTA運営委員会で「(ホライゾン学園に関する)新聞報道は推測で書かれている部分が多い。また、裁判については渋谷区が提訴されているのであって、神宮前小学校には関係ない。裁判の内容は分からない。保護者皆様は冷静に対応していただきたい。学校側は、本件を保護者へ説明はしない」と発言していたことがわかった。
 また、PTA会長からも「国際交流学級は神宮前小の教育活動の一部であり、大切な仲間である」との趣旨の発言があった。一方、PTA副会長は「今日まで新聞報道に関しては知らなかった。他の保護者も知らないのでは」と答えたという。


theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【建築紛争】「羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会」の設立記念フォーラム開催報告

yomiuri1213
 
 「羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会」の設立記念フォーラムが、12日、約120名の参加者を集めて都内で開かれた(写真は12月13日付け読売新聞都民版)
 羽沢ガーデンにゆかりのある夏目漱石に関して作家半藤 一利氏が、また「文化財としての羽澤ガーデン」と題して、建築/庭園のオーソリティ 神奈川大学教授の西和夫氏が講演した。
 また、作家の辻井喬氏、黒井千次氏、東京芸術大学名誉教授の前野まさる氏、元駐米大使の栗山尚一氏、元最高裁判所判事の園部逸男氏、前朝日新聞将棋観戦記者の東公平氏らが挨拶した。

 羽沢ガーデンの開発許可差し止めの行政訴訟第八回口頭弁論は、12月16日(火)14:00より、東京地裁103号法廷で開かれる、傍聴希望の方々にはぜひ集まっていただきたい。


theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【報告】政務調査費⑤ 都政新報記事

toseishinpou

 先週発行された都政新報に報道された記事を紹介する。都政新報は東京都庁職員、特別区の職員らが多く購読している。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【速報・政務調査費】政務調査費に関する監査請求・口頭陳述要旨

shibuyacityoffice
 渋谷区議会議員の政務調査費に関する口頭陳述が11日、開かれた。陳述では「政務調査とは認めがたいものにまで、支出をするのは疑問」などと述べ、また「監査委員2名では精査するのが物理的に不可能。外部監査を入れるべき」との要望を付け加えた。

▼以下陳述人の口頭陳述要旨
 情報公開請求で取得した約7千枚の領収書を精査をした結果、政務調査とは認めがたいものがあった。とても、区議の調査・研究とは言いがたいものがある。政務調査費に関する使途細目の制定は平成20年4月1日だが、平成13年3月30日に政務調査費に関する条例は定められている。細目を定める以前のものは目をつぶってくれというのはおかしいのではないか。
 政務調査費の領収書の中には旅行という名の視察、演劇鑑賞に費用を出したものがある。調査研究が目的というのであれば、何を調査研究したのか報告書を添付するべきではないか。渋谷区に何らかの還元があったのかを明らかにしていかねば、限りない拡大解釈が続いていってしまう。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【告知】きょう 住民監査請求口頭陳述

渋谷区議会議員の政務調査費に関する住民監査請求の口頭陳述が本日午前11時に行われる。傍聴は誰でも可能。

日時:12月11日午前11時より30分程度
場所:渋谷区役所監査委員室(区役所6階)

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【告知】羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会設立記念フォーラム

hanezawa3


羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会設立記念フォーラム

 ●「満韓ところどころ」の百年~漱石と是公~
   漱石ゆかりの作家 半藤 一利さん

 ●文化財としての「羽沢ガーデン」
  建築/庭園のオーソリティ 神奈川大学教授 西 和夫さん他

 日時:12月12日(金)午後6時 開演

 場所:青山こどもの城(青山学院大向かい)03-3797-5666(代)

 銀座線・千代田線・半蔵門線 「表参道」B2 徒歩8 分
 山手線・埼京線「渋谷」 徒歩10 分
 都バス・渋88 「青山学院前」バス停すぐ
  
 連絡先:羽沢ガーデンを守る会(斎藤驍法律事務所内 03-3237-0888) 

 (当日資料代 1000 円をお願いいたします。)
                           以上  

*上記新聞記事は12月7日付東京新聞

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【告発・速報】詐欺容疑で刑事告発の矢部元都議がガソリン代を返還 

asahi

 昨年4月の渋谷区長選でガソリン代を不正請求したとして、詐欺容疑で刑事告発された矢部一元都議がガソリン代を返金していたことが10日までにわかった。渋谷オンブズマンが公金の返還をさせたのは今回がはじめてのことになる。
 情報公開請求で入手した書類によると、矢部元都議は約4万7千円を給油したとしてガソリンスタンドに不正請求した疑いが持たれている。
 ガソリン代を不正請求したとして、矢部元都議のほかに桑原敏武渋谷区長、木村正義区議会議長、丸山高司議会運営委員会委員長、伊藤美代子監査委員、栗谷義彦交通・公有地問題委員会委員長も渋谷署に詐欺容疑で刑事告発されている。
 

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【議会】ご多忙のため? 丸山議運委員長、前田総務区民委員長らがマスク姿で出席

 
 渋谷区議会第4回定例会は9日に閉会した。議会最終日の本会議では丸山高司議会運営委員会委員長、前田和茂総務区民委員会委員長、鈴木建邦区議会副議長、芦沢一明渋谷区民主党幹事長、小林清光議員はマスクをしての出席となった。
 丸山議運委員長と芦沢渋谷区民主党幹事長は10日から中国に日中友好議員団の一員として出国した。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【議会】野次に変化? 自民党ベテラン議員が「うるさい」と野次

 渋谷区議会第4回定例会が9日閉会した。最終日の本会議では野次は少なかったものの、自民党のベテラン染谷賢治議員の野次が目立った。従来、野次を飛ばしていた丸山高司議会運営委員会委員長、前田和茂総務区民委員会委員長はいずれも野次は1度のみで、沢島秀隆都市環境委員会委員長は0回だった。
 
 1位:染谷賢治議員(自民党)7回 「(他の議員の野次に)うるさい」「よし!」など
 
 2位:植野修議員(公明党) 6回「(共産党の発言に)よく出来ました」「(前田総務区民委員会委員長の報告後)治った・治った」など
 
 3位:鈴木建邦議員(民主党)4回「そっかあ」など


 4位:菅野茂議員(共産党)3回 野次内容聞き取れず 

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【告知】政務調査費に関する監査請求の口頭陳述のお知らせ

渋谷区議会議員の政務調査費に関する住民監査請求の口頭陳述が12月11日午前11時に行われる。傍聴は誰でも可能。

日時:12月11日午前11時より30分程度
場所:渋谷区役所監査委員室(区役所6階)

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【議会】10日から区議10人が中国へ

 渋谷区議会議員10人が日中友好議員団として10日から中国を2泊3日で訪問することが9日わかった。区議会事務局によると、渋谷区議会議員は平成12年から中国を訪問している。区議会議員のうち、約30人が友好議員連盟に参加しているという。

▼今回の中国訪問をするのは以下の議員
広瀬誠議員(公明党、今回の議員団長)、染谷賢治議員、丸山高司議員、下嶋倫朗議員、斉藤竜一議員、佐藤真理議員、中谷琢也議員(以上自民党)、古川斗記男議員(公明党)、芦沢一明議員(民主党)、伊藤毅志議員(無所属)

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

【報告】Yahoo動画・週間ランキング第8位に・政務調査費問題

 1日に監査請求を行った渋谷区議会議員の使用した政務調査費問題。共同通信社が動画ニュースとして配信したニュースがYahoo動画・週間ランキング/ニュース・天気部門で第8位にランクしている。地方自治のニュースが上位にランクされるのは極めて珍しい事態という。

Yahoo!動画・週間ランキング/ニュース・天気

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。