スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訴訟】IPアドレス開示訴訟

7月23日、本ブログに、渋谷区議会議員・堀切稔仁と渋谷オンブズマンを取り扱った「ほったきりにんじん」という匿名ブログに関する記事を掲載した。
この匿名ブログには、一部の人しか知り得ない個人情報が掲載されており、それがプライバシー侵害に当たる可能性があるとして、まずはIPアドレスの開示を求めて裁判中である。
一部の人とは、具体的には行政職員であるので、この匿名ブログの運営者は、行政職員であるか、行政職員から情報公開請求手続によらず、容易に公文書を取得できる立場にある有力者であると推測できる。
この個人情報の出所が明らかになれば、更に問題が広がっていく可能性がある。
スポンサーサイト

【おやじ日本】判決言い渡しが延期

渋谷区は「NPO法人おやじ日本」に対して、公共施設を無償使用させて、主たる事務所を開設させていた。
その是非を問う住民訴訟の判決言い渡しが7月25日に予定されていたが、裁判所の都合で延期された。
9月26日(木)13:15から703号法廷で判決が言い渡されることになった。

【情報公開】(株)渋谷サービス公社の情報公開拒否に対する損害賠償請求訴訟

7月17日、東京地裁において、渋谷区の第三セクターである(株)渋谷サービス公社が、渋谷区議会議員・堀切稔仁の情報公開請求を拒否した事件の損害賠償訴訟の口頭弁論があった。
(株)渋谷サービス公社は渋谷区情報公開条例と同様の情報公開に関する社内規程を持っているが、同公社が情報公開請求を拒否する理由は、請求者が議員であるということらしい。しかしながら、同公社の情報公開に関する社内規程では職業、性別などでは差別出来ず、何人に対しても情報公開請求を受けなければならないことになっている。
又、裁判長から同公社に対して、「情報公開請求の取り下げがあった」という主張をするのであれば、証明が必要であるとの指摘があった。
しかし堀切議員は、「取り下げ」はしておらず、その証明は不可能であると思われる。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

【訴訟】IPアドレス開示訴訟

渋谷区議会議員・堀切稔仁と渋谷オンブズマンを取り扱った「ほったきりにんじん」というブログがあった。
このブログの内容は、渋谷オンブズマンと堀切議員の活動に対する批判であるが、些細な揚げ足取りや根拠のない誹謗中傷の類も散見された。匿名のブログであったので、当方は静観していたが、ある時、限られた人しか知り得ない個人情報が、このブログに掲載されていた。
当方は、慎重に検討を重ね、証拠保全に万全を尽くした後、この匿名ブログの運営・管理人を特定すべく、法的措置を取った。プライバシー侵害による損害賠償請求を視野に入れた、IPアドレスの開示訴訟である。
そうしたところ、この匿名ブログの更新は止まり、現在、ブログ自体が削除されてしまった。

係争中の訴訟は、8月下旬の口頭弁論で結審する予定であるが、この匿名ブログの運営・管理人が特定されれば、損害賠償を請求していく予定である。

【区政全般】第6回渋谷区立学校の在り方検討委員会

第6回渋谷区立学校の在り方検討委員会が7月5日(金) 渋谷区役所前駐車場地下1階A会議室で行われた。
傍聴者の報告を紹介する。傍聴者が作成した文書を尊重しているが、読みやすくするため修正を加えた。

二ケ月前に開催された第5回渋谷区立学校の在り方では、国立教育政策研究所の教育政策・評価研究部長委員である葉養正明委員長から「これまで5回の検討会を行ったが、話を進めるために小委員会を作り、ある程度の人数で方向性を決めていきたい」との発言があった。
そもそも渋谷区立学校の在り方検討委員会条例には、小委員会を作り非公開で話をすすめることは記載されていない。また、その報酬も認められていない。
さて、第6回渋谷区立学校の在り方検討委員会では委員全員に資料NO28答申の概要(素案)、資料NO29 答申(素案)が出された。その中では「生き抜く力」「国際社会」「めざすこども像」などの文言が並べられていたようだが、一部の委員からは文言訂正の指摘があった。
また、「学校施設に関する項目は小委員会で決めることではない、予算にも関わることだ。」との発言があり、それに対し池山委員(教育長)は「国は既存施設の延命化か、合築によるいろいろな社会資源との融合の方向性を目指している」と発言したが、現在、渋谷区教育委員会が進めている山谷、代々木小学校の統合とは方向性が反する発言であると感じた。
また、渋谷区教育委員会は「そもそも、あり方の検討するためのスパンはどのくらい先なのことなのか?」という質問に対して「30〜40年程度先である」と回答したが、某委員からは「もう国際化ははじまっている。30年後ではおそい」等の指摘を受けていた。
次回は今回の委員からの発言を受け、再度、小委員会で考え「修正版の答申」を作成するそうである。その他にも「現場の教員のスキルアップ」「いじめ対策」「地域における学校の役割」等の課題も答申(案)に盛り込むように指摘も受けていた。いずれにしても委員からの真摯な意見を反映して、「小委員会」では、しっかりと答申を作成して欲しいものである。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

【統合問題】渋谷区立山谷小学校の校舎建替工事説明会

7月5日、渋谷区立山谷小学校校舎建替工事の説明会が行われた。

渋谷区立山谷小学校の児童約200名は、本年4月より、同小学校の校舎の新築工事のため、隣の渋谷区立代々木小学校で学んでいる。新校舎が完成すると、山谷小学校の児童約200名と代々木小学校の児童約100名が戻ってくる。すなわち、山谷小学校、代々木小学校が統合されて、新しい300人規模の小学校が誕生することになる。
現在、小規模校で学んでいた一部の子供達の間に、動揺が見られるとの情報もあるので、渋谷区教委は十分な配慮をしていただきたい。学校統廃合には、デリケートな問題がついて回るものだ。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

【庁舎新築】渋谷区役所本庁舎等の建て替え計画

渋谷区役所本庁舎及び渋谷公会堂の建て替え計画が内々に進んでいるようである。
現在の有力案は、庁舎、公会堂、神南小学校、神南分庁舎の敷地を一体として、延べ床面積47000㎡、地上13階(約58m)の建物である。
建築資金計画は、定期借地権付共同住宅を併設して、その権利金194億円等で賄おうというものであるようだ。
事業体が何処であるのかは不明であるが興味深い。

【区政全般】渋谷区委託業者の違法駐車

平成24年11月、渋谷区神宮前2丁目の千原公園付近において、同公園の清掃委託業者の作業用軽自動車が横断歩道の至近距離に駐車していたため、近隣住民より危険だとの通報が、渋谷区へ寄せられた。
渋谷区は、同委託業者を指導して再発防止を期したものの、平成25年6月には同公園付近の横断歩道上に作業車を駐車して遊具を修繕していた委託業者が、またもや住民の通報を受けた。
今後、渋谷区は、作業委託の仕様書に道路交通法の遵守について分かりやすく記載することで対応するという。

【区政全般】区立某中学校での事故は熱中症とは関係ないようだ

去る7月6日(土)、区立某中学校で部活動中に重大事故が起きたことが、人口を膾炙している。
当初、熱中症が関係しているのではないかとの憶測が飛んでいたが、そうではないようである。
本件に関しては、やがて区議会に対して報告があると思われる。

とにかく暑い日が続いているので、皆様、御自愛されてお過ごしいただきたい。若い人も体力を過信してはいけません。

【区議会】堀切議員が区議会事務局長へ質問書

渋谷区議会議員・堀切稔仁(純粋無所属の会)が、以下の通りの質問書を渋谷区議会事務局長・久保田幸雄宛に提出した。渋谷区議会事務局は、堀切議員の調査依頼に誠実に対応していないのであろうか?
        

平成25年7月4日 

渋谷区議会 純粋無所属の会 堀切稔仁 

渋谷区議会事務局長 久保田幸雄 殿


区議会事務局調査係について


日頃より区政発展のためのご協力誠にありがとうございます。
私が先月25日に区議会事務局 調査係へ依頼した文書に対する回答だと思われる「22区調査事項について」という書面が、昨日 私のデスクの上においてありましたので幾つか確認させて頂きます。

1.この文書(メモ)には職層の記載はございましたが、職員名がございませんが貴職が作成したものですか。
2.この文書は非公式なものであると思いますが、作成者真偽を疑います。仮に貴職が作成したが正式な書面であるとするならば、「公印」を押し「文書番号」を記した書面として送付すべきだとおもいますが貴職の見解を伺います。
3.もしこの書面を作成されたのが貴職であるならば、お訪ねしますが文書上の「 特命事項の調査研究に関すること」とは、渋谷区議会事務局処務規程の三条 調査係「特命事項の調査研究に関すること」と思いますが、では調査係の「特命事項の調査研究に関すること」とはどの範囲の職務なのか明確にお答え頂きたい。
4.本件文書は貴職の意志の文書ですか?前田議長の指示された文書ですか。
5.「22区 調査事項について」という書面の中の回答では文書の1の後半部、3の以外は回答されておりますが
、そうであれば、本来の調査事項は上記2問だけであると思いますが、2問であれば調査は可能ではないでしょう
か?また、私も市川調査係長に対する期限は7月10日としておりますが、係長には口答では「職務上大変であれ
ば、調査期限の延長もあってもかまわない」と伝えておきましたが、「22区調査事項について」という書面 には7月3日の期日がついておりますが、他区への調査努力はどのくらいされましたか。

7月10日までに正式な文書での回答を求めます。

【区議会】堀切議員が渋谷区議会事務局へ調査依頼

渋谷区議会議員・堀切稔仁(純粋無所属の会)は、渋谷区議会事務局に対して、以下の通りの調査を依頼した。

22区調査事項にについて

平成25年6月25日 
渋谷区議会議員 堀切稔仁
渋谷区議会 調査係係長 市川洋子殿

日頃より区政発展のためのご協力誠にありがとうございます。
さて、本区外の特別区他22区調査事項をお願いいたします。以下調査よろしくお願い申し上げます。

1.区議会議員の関連する付属委員会数の委員数、所属委員人数と歳費有無、、報酬額について。

2.一般会計、国民保険事業会計、老人保険事業会計、介護保険事業会計、後期高齢者医療事業会計の平成23,24,25年度各歳入歳出予算書、平成22,23年度各歳入歳出決算書について。

3.放課後後クラブ事業、学童クラブ事業のひと月当りの利用料とおやつと夏季、休日などのお弁当〈一人分/一食あたり〉額。

それぞれのついて平成25年7月10日までにご回答下さい。

【区議会】渋谷区議会の情報公開請求自主規制

渋谷区議会議員・堀切稔仁(純粋無所属の会)は、渋谷区議会の区長与党会派らが、議員の情報公開請求を「申しあわせ」によって自主規制しようとする動きに対して、以下の文書を渋谷区議会議長・前田和茂に提出して自身が情報公開請求を控える申しあわせには参加していない旨を、再度、確認した。
情報公開請求権は、何人にも保障されている権利であり、議員という身分を有すれども保障される権利であり、それを自主規制しようとする渋谷区議会の異常さを多くの人に知って欲しい。
渋谷区議会は、堀切議員を除いて、もはや行政の監視機能を全く喪失してしまったと言われても仕方がない。


平成25年7月3日 

渋谷区議会 純粋無所属の会 堀切稔仁 

渋谷区議会議長 前田和茂 殿


議会運営での立場について


日頃より区政発展のためのご協力誠にありがとうございます。
昨日の幹事長会で配布されました資料の中に「議会の調査権について」という用紙が入っておりましたが、私は会派のあった昨年6月20日を始めとして本「申し合わせ」には保留することを議長、幹事長の皆様には幾度も申し上げております。さらに本年3月18日には私と渋谷区で争っておりました「議員であること理由に、私の情報公開請求拒んだことについての国家賠償請求訴訟」においては東京高等裁判所でも渋谷区の行為は「違法行為」であると判決が言い渡されました。その後、渋谷区は最高裁へは上告しなかったことからも、渋谷区は条例上「何人」も同様に扱わなければならないと認識され、また何人でも同じように扱わなければ「違法である」と理解されたからだと思います。
また、私は昨年9月と11月にも文書で議長に対しまして、ご通知しておりますが今後も憲法、法令、条例等を遵守し行動してゆきたいと思っております。

【区議会】議会の調査権について

平成25年6月26日、渋谷区長・桑原敏武が渋谷区議会議長・前田和茂に対して、「議会の調査権について」と題する文書を出していたことがわかった。
文書の内容は、以下の通りである。

議会における調査権については、昨年6月の幹事長会決定に基づく申し入れを尊重し、これまでも誠実に対応してまいりました。今後とも、これを基本姿勢としてまいります。
従って、区政執行に関する質疑や不明な点があるときは、十分な説明、資料提出を行い、御理解いただけるまで対応してまいります。
区議会議員各位におかれましては、議会の調査権について御理解下さいますようにお願いいたします。


区長が議長に対して、如何なる意図を持って、上記のような無意味で至極当然な文書を出すのであろうか。改めて議員の情報公開請求を制限しようとする意図であろか。
申しあわせに参加していない議員は、今後、堂々と情報公開請求をするであろうし、それに対する違法対応には裁判所の判断を仰ぐことになるであろう。

【工事説明会】山谷小学校の新築工事説明会

渋谷区立山谷小学校の校舎棟新築工事に関する説明会が、7月5日(金)19時より、代々木区民施設3F(渋谷区代々木3-51-8)で開催される。
山谷小学校と代々木小学校の統合問題で紛糾したが、いよいよ山谷小学校の新築工事が始まる。ここまでくれば、予定通りに工事が完了し、平成27年4月からは新校舎で新学期を迎えて欲しいものだ。

img689.jpg

img688.jpg

【公用車】区長公用車を新車に買い換え!

渋谷区長の公用車が、新車に買い換えられた。写真の大型高級車である。
今回は、前回の買い換えから、5年目となる。
財政難を理由に、各方面の行政サービスが縮小されている最中、区長公用車の新車への買い換えは、物議を醸しそうである。

kuchicar.jpg
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。