スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【教育委員長】渋谷区教委の大高満範・教育委員長は弁護士だ!

大事件に発展した笹塚中学給食事件、情報公開請求に対する違法性の高い非公開決定処分、教育財産の違法無償貸与の疑いが濃厚である神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件など深刻な係争案件を抱える渋谷区教育委員会の教育委員長・大高満範は弁護士である。
東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事等の役職はお好きなようであるが、弁護士としては平凡らしい。
まともな弁護士なら、渋谷区教委の違法行為はわかるであろうから、大高委員長の心中はお察しする。
大高教育委員長は、後期高齢者区長・桑原敏武にお付き合いした4年間を後悔することであろう。
早く教育委員を辞めて、これ以上、晩節を汚すことなきようお祈り申し上げる。

大高教育委員長
        渋谷区教育委員長・大高満範
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

大高が後悔?
とんでもない。確信犯でしょ・・・
桑原の腹心として、教育委員会の脱法行為も承知・・・というより法律家の立場から「指南役」でしょう。
好好爺のふりして腹黒い爺さんです

池山教育長の挨拶文

「大丈夫です」「これ、やばい!」子供たちや若い人たちと話す時に、こんな言葉を耳にしたことはありませんか。こちらの質問に対して「いいのか」、「悪いのか」返事や感想を聞きたいのに、返ってくる言葉が「大丈夫です」「やばい!」では会話が成り立ちません。 
平成20年に学習指導要領が改訂され、小学校では平成23年度から、中学校では24年度から新しい学習指導要領が完全実施されますが、今回の大きな改訂の一つに「言語活動の充実」があります。国語科において読み書きなどの基本的な力の定着を図るとともに、全ての教科においても記録、説明、論述、討論といった学習習慣を充実させ、コミュニケーション能力を高める、というものです。同じ言葉でも使い方によっては意味が違うことや、一つの事項をいくつかの異なった言葉で表現できることなど、日本語の持つ美しさも合わせて学習させたいと考えています。

だってさ・・・
「ダイジョウブです」「ヤバい」じゃ会話は成り立たないらしいが・・・
今の教育委員会はそれ以下。
「やばい」「やばい」で毎日「大丈夫」「大丈夫」と己を鼓舞してるんでしょうね。



No title

弁護士として「平凡」に過ごしてきたのは自由ですが、渋谷区の教育長として、渋谷の教育委員会が違法行為をしてることについての責任はないんでしょうか?
どこの弁護士会に属しているんでしょうか?
こんな人が、弁護士でいいんでしょうか?

No title

弁護士だってピン・キリ

キリの弁護士なんでしょうね。リュックしょって両手空けて、後期高齢者の爺さんが、教育の事も知らずに名誉職?だか利権?で受けた教育委員長。そんなやつが最初から渋谷の「教育」に関心があるわけじゃなし・・・結局、見た目の良い職業から選んだ区長の御用聞き。

大高教育長の人間性について

昨年9月、警察から笹塚中学校 島本前校長が、オンブズマン以下4名を「窃盗」「建造物侵入」「不退去」「威力業務妨害」で告訴したと聞かされ、同時に渋谷の教育委員長が弁護士であるとも聞かされました。

驚いた私は、教育委員長が当日の関係者からどのような報告を受け、どのように判断し、このような「告訴」を承諾したのか不思議でなりませんでした。お尋ねしたいと考え、教育委員会に何回も連絡しましたが、取次も説明も頂けません。

大高氏は弁護士だそうですから、部下(教育委員会)から事実でない報告を受け、判断している可能性もあると思い、直接弁護士事務所に連絡を入れました。何度か連絡をしましたが、時間をとってはいただけません。それで、
「弁護費用を支払う」ので、弁護士の立場としてでも良いから『相談時間を取って頂きたい。』事情を説明したいと頼みました。
実情を知り、対応して下さった大高事務所の方は大高弁護士にお伝え下さったようですが、逆に取り次ぎを叱責された様です。

大高氏によると、「紹介以外の弁護は受けない」「紹介もしない」「事務所の他の弁護士も対応はしない」とのお返事が伝言でした。
告訴されて「困っている」んです。と何度も伝えましたが、弁護士としても、教育委員長としても何の対応もありませんでした。

区民として、公立学校の保護者としてこのような方が「教育委員長」であることに強い憤りを感じました。
教育委員会定例会を傍聴すると、教育委員長はじめ、教育委員の方が「保護者との信頼関係が何より大切」と仰るのを聞き、にわかには信じられません。教育委員会定例会に伺い、目の前で事実を聞いていただきたいと「お願い」しても、警備員を配し、警備員に囲まれて帰られます。これが今日の渋谷区教育委員会の「ありのまま」の姿です。

池山教育長は、議場で、「初期対応に問題があった」と仰りますが、最初から今日に至るまで、「話をして直接きちんとお互い話をしましょう。ご説明も頂きたい」と言い続けてきましたが、叶いません。

このような状況を不思議にも思わず、警備員4名、教育委員会職員2名に囲んでもらい、駐車場まで移動し、車で立ち去るのが教育委員長です。弁護士である前に、社会人としても、何かおかしいと思います。
保護者を告訴させ、【教育委員会の違法行為を承知】でいるからこそ、私の話は聞くわけにはいかない。
それなら、今の教育委員長の態度はよく理解出来ます。

No title

晩節を汚すことなきようお祈り申し上げる。

って?
弁護士のくせに、クチョーの言いなりになって、何でもごじゃれ。

昨日のブログでは、どこかの町会長や連合会長が、「ありもしない」賛成書を「区長」のために作って、損害賠償請求されてましたよね。

区政側にいて、区民を虐げてばかりいる無責任な権力人には、それなりの責任を持て頂かないと・・・そんなことを許して泣き寝入りしていると、既得権益者の思う壺です。

大高教育委員長も「損害賠償請求」の対象になるんじゃないですか?
ご自身が「弁護士」なんですから、法廷闘争も望むところでしょう。
これからの残り少ない老後は、ゆっくりさせず、裁判所に通って貰いましょうよ。仕方ないでしょう。

方向転換を

自分が考えていたより「立派」だと思える仕事をして、人生を過ごせれば、自分をほめてあげたくなるような瞬間があって、そういう時、自分を自分で振り返って、「良かった」と思うだろう。
教育委員会の管理職、教育長、教育委員長、教育委員の方は少なくとも、人生を「成功」して歩いてきた人たちではないのか?
成功したからこそ、名誉ある区の仕事を区長より拝命し、渋谷区の子どものために精一杯?「奉公」せねば・・・と考えて就任されたのではあるまいか・・・
では?現在の渋谷区教育委員会は「正しく」「理想的に」【機能】しているか?否か・・・・
これからの子どもの将来のために、教育行政が役に立っているのか?
問題点を封じ、失敗を誤魔化し、そのためなら、犯罪行為もいとわない。そんな組織の体質が、教育の中枢としてあるべき姿なのか・・・原点に返って考えて頂きたい。信頼など、口先で築けるものではない。補助金減らしで、区民や団体の口を封じ、追及する市民団体や、学校の不正に気がついた保護者を「罪人呼ばわり」して警察に付き出す。こんなことで本当に社会的信頼が得られるのか?考えてみられると良い。一部の利権や区長のひと時の気まぐれで、公立学校が、評判の悪い(気味が悪い)インターナショナルスクールに無償提供される異様な様を。世界中が、テロに怯え、警戒する中こんな危ない人物がちらつく法人に、子どもたちの教育の場を提供して良いのか・・・おそろしい人達だと思う。

世界中のテロリストが、一般人を装い、街の中にいる時代。日本だけが例外ではあるまい。実際、渋谷警察には日本唯一のテロ対策の特殊部隊があると聞く。そんな時代に、教育という衣を着ることがどれほどのかくれみのになるか・・・考えれば簡単な話

外国人の教育がそれほど大切で、ある特定の国にだけ配慮する理由がどれほどのものなのか・・・子どもが犠牲になってからでは取り返しがつかない。子どもを政治利用するのもよくない。

日本には、学校教育法があり、全ての児童・生徒に平等な公教育が保証されている。この精神が侵される「ホライゾン学園」はどう考えてもおかしい。これを容認する渋谷区教育委員会はおかしい。
普通に考えればわかるはず。
桑原が教育長に池山を選んだ理由。
様々取り沙汰されている。しかし、就任した以上は、責任と権限は自らにあると肝に銘じたほうが良い。

情報提供求ム

まともな弁護士なら「違法行為」くらいわかるでしょうから、まともじゃない弁護士ってことよね・・・
保険に明るい弁護士だと聞くから、区の大口の「保険の」口利きでもあるのかもね・・・

情報提供お願いします。大高弁護士事務所、あるいは大高個人にどのような「公共事業」あるいは「共済事業」が流れてるんですか?

区がやってる共済保険の「事故」処理とか?
保険や、法律相談全面的に受けてたりしないでしょうね・・・v-40

もうやめてくれ。

もうじき あの世からお迎えの人達が、いつまでやってんだか・・・
石原都知事も再出馬?「無所属」だって・・・

なんかもういいやって感じ。桑原も、大高も、石原も・・・・
いくつだよって言いたい。死ぬ前は、静かに余生を送れよ。いい加減しゃしゃりでてくれるな・・・

少し、若返ろうよ、政治も世の中も。

仕事も、退職金も年金もない・・・どうやって生きてく?
退職金、年金がっぽり。ついでに既得権益でがっぽり。
家族まで働かないで、店先に座ってお茶してるような・・・
おかしいだろ。こんな世の中。ここはリビアか?

自治と独立という理想

教育委員会制度は、戦後の民主化の一つとして、崇高な理想の下に発足したものです。
それがここまで堕落し腐敗したのは、公選制すなわち区民の直接選挙で教育委員を選ぶという、発足時の一番肝心な要素が失われてしまったせいだと思うのです。
確かに、かっての冷戦下ではイデオロギー対立が激しく、日教組なども活発で、公選による混乱もあったようです。
しかし今日、冷戦も終わって、日本の民主社会も成熟しています。
もう、市民の手に教育を委ねるべき時が来ていると思うのです。
実質的に区長の意向ですべてが行なわれ、名目的独立性のゆえに、問題の外部からの是正が難しい、こういう不毛なことは、もう終わりにすべきです。
教育委員の公選制を復活させることで、不条理を正すことができると信じます。。

葬式用?

大高氏の写真 遺影かと思ったよ。

No title

区長のお付き合い・・・というよりこの人も「利権」でしょ。
本当に渋谷区の子どもたちの教育を考えていたら、こんなことはしないでしょう。
万が一にも、はからずとも今日を招いたことが問題があると思えば、教育委員長として、対処できるでしょ。
やらないってことは、「黒」だよ

No title

「お迎えぼくろ」が手にいっぱい。
こんな「冥土行き」間近のひとが将来ある子どもの給食すらろくに出さない学校を指導するどころか、記録の書き換え、捏造に大勢職員を借り出しても平気で隠ぺいするような組織の「中枢」にいるのが問題。弁護士の天秤バッチが傾いてるか壊れてるんだね。

猿が何匹?

弁護士が教育委員長
医師会会長が教育委員
幼稚園園長も教育委員
定年退職した校長も教育委員
商工会議所の役員を教育委員

教育長は福祉部長を抜擢

押さえてる場所を見れば何とも御上手な抜け目のない人選です。これこそ、渋谷区教育委員会。具の骨頂
見せかけだけのカッコ委員会?(カッコいいんかい?)
目くらまし。だまされない。騙されない。

教育委員会の動物園にいるのは「め○ら」と「お○」
「見ざる」「言わざる」「聞かざる」
飼育員も「さる区長」
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。