【区長挨拶】幡ヶ谷第二保育園で、桑原区長にブーイング

昨年12月8日、幡ヶ谷第二保育園で「お楽しみ会」が開催された。後期高齢者・桑原区長は、挨拶に訪れたが、園児の演技を中断させて挨拶をしたので、保護者の心の中は「大ブーイング」であった。
お母さん達は、口々に、
「私は子供を見に来ているのであって、区長の挨拶などどうでもよい。選挙運動やるな!」
「なんで子供の演技を止めてまで、どうでもいい挨拶するんだ。ボケてんじゃないの。」
等々、非難・ひんしゅくの囁きがあちこちから聞こえてきた。

桑原区長は挨拶が終わると、サッサと帰ろうとしたが、園長先生から、次の出し物は見ていって欲しいと引き留められたものの、椅子に座るや居眠りを始めてしまった。
お母さんたちは、
「寝るんなら、早く帰れ。何しに来てるんだ?」
と呆れていた。

DSC00334.jpg
              後期高齢者・桑原区長(75歳)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

現職の強み

というものでしょう。
油断大敵、侮ってはいけません。
堺屋太一みたいな大物をポスターに使っています。
「みんなの党」まで味方にしています。
全力を尽くさなければ、悪政を終わらせることはできません。

ところで「みんなの党」という発想が、大嫌いです。
「みんな」という単語が、主体性がない、無責任な、いやらしい感じがするのです。
「みんなが、言ってるよ」とか、「みんながやるようにしていれば大丈夫」とか、草の根ファシズムです。
こどもも「みんな」と違っているといじめられます。
「みんなが、オンブズマンはプロ市民だって言ってるよ」とか言うんですよね。
ああ気持ち悪い。

No title

こんにちは 区長です

って、子どもは宝だとか、大切だとか、散々言ってるのにね・・・
ほんと、アンタノ干からびた顔をうっとり眺めるのは、渋谷の教育長だけでしょ。
忙しいのにわざわざ来ました!と聞いて喜ぶ区民なんていません。
いるとしたら「区の仕事」を回してもらってる利権にしがみついてる親です。そんな個人事業者に限って、税金を逃れ、納税もせず、保育料すら払ってないのがいっぱいいます。
区長様様ってひと・・・税金泥棒に近い。
一生懸命働く親が見たいのは元気な子どもとその仲間。
普段いそがしいからこそ、我が子の晴れ姿を楽しみにしてるのに・・・途中でかけつけたなら、挨拶せずに、後ろからこっそり見守るのが徳を積んだ首長の姿・・・と思わない?

いい加減に公用車使って、仕事のふりして選挙運動してんじゃない!ついでに町会の掲示板に「選挙ポスター」貼らせんじゃない。警察に言ってやる!

町会長が区長の御用聞きだからって、町会全員の承諾も得ないで選挙ポスター町会の掲示板に貼ってんじゃない!!
どうして公然と貼るかな?神経が知れない。どうして特定の候補者(区長だけ)特別なのよ。おかしいって。
馬鹿な町会長と年寄り惚集団は終わりにして。馬鹿な区議会議員も・・・おしまい

No title

見かけ倒しの園訪問
誰だってわかるよね

No title

そうそう。そう思うよ
「みんな」って誰よ。
あんたの言うみんなって・・・既得権益団体でしょ?
みんなって、胡散臭い。

「みんな」って語る奴に、みんなって誰よと聞いてまともに答えられる奴はそもそも「みんな」なんて語らない。

一人でも、二人でも

桑原に投票する人がいればいいのだろう。
桑原のやることをばかばかしいと思う人は、
選挙もばかばかしいので棄権するから平気なのだ。
一人くらい囁きじゃなく、大きな声で非難する人はいないの?
呆れているだけでは、なにも変わらないよ。

No title

そうだよね
堀切氏だけが街頭で声をからしても、いくら新聞で報道されてもたかだか知れてる。このブログとて、見てるのはほとんどが関係者・・・やっぱり、街で直接声を上げる人。顔を出して正面から区政の悪を批判する人が複数必要。

そんな人間が出現するのが一番の脅威

オンブズマンがプロ市民って「みんな」が言ってるんだったら、ご希望通りプロに徹してやろうじゃないのよ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: