スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【笹塚中学】給食試食会の参加者は僅かに5名!

大事件となった給食問題で揺れる渋谷区立笹塚中学では、3月1日(火)12:15から給食試食会が開かれた。
しかし、参加者は僅か5名であった。平成21年6月29日に開かれた給食試食会には、約30名の参加者があったが、今回は僅か5名の参加者で、これは笹塚中学及び渋谷区教育委員会に対する不信感によるものであり、抗議の意思表示であろう。
池山教育長が謝罪をして辞職しなければ、渋谷区教育委員会は再出発できない。

IMG_0140.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

給食試食会の手紙は、学校から2回配布されました。
それでも5名とは・・・

試食会追加説明

例年、給食試食会は、家庭科被服室か、調理室で開催されますが、今回は、校長室隣の会議室で保護者と学校側が対面式でした。学校からは、校長、副校長、栄養士、給食主事(作る人)と、もう一人女性の職員がいらっしゃったそうです。
栄養士さんからは、一般的な栄養の説明がありました。
毎年まで、学校の試食会には、区の管理栄養士2名が参加していましたが、今年は学校に栄養士が配置されたこともあり、不明の女性職員1名が、区の管理栄養士なのか、外部委託業者関係なのかはわかりません。いずれにせよ、関係者と対面式で、給食を楽しく頂く雰囲気でもなく、質問出来る雰囲気でもなく・・・・一昨年、行われ、給食費未納問題などが保護者から問われた試食会とは雰囲気も、目的も全く違う試食会だったそうです。

もちろん、給食費に関する説明や謝罪などは無かったそうです。

banngumi

ことの次第は
この、OUR PLANET TV が分かりやすいです。
twitteやr,facebook、ブログで広めてください。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/824

Uチューブにも載りました。
「給食の栄養が足りない~献立改ざんの裏側」で検索すればヒットします。「笹塚中学校」でもリンクが張られています。

とてもよくわかります。

No title

虚偽公文書作成・・・
教育委員長、教育長、教育次長、課長、校長、副校長、教員、主事、管理栄養士、全員で「公文書を偽造してまで」隠さなければいけないこと・・・って何でしょうね。
やっぱり、お金なんでしょうね。誰か一人がポケットにしまい込んだ話ではなくて、先生達みんなで飲み食いしたり、未納者に融通したり・・・やりたい放題だったんでしょうね。

ま、公立学校の不祥事となれば渋谷区のイメージダウンは避けられないでしょうから、区長が先頭で旗振るのもわかります。

No title

以前は、学校のことにも無関心。給食も当然給食費相当のものが出ていて、お腹がすく年頃なんですから、それなりに食べているだろうくらいにしか思っていませんでした。
ところが、笹塚中学校の給食問題を知り、給食保護者会に参加しました。その時はよく理解出来ませんでしたが、その後の学校の対応を見ていて、疑惑は疑念に変わりました。
あのとき「学校守ります」宣言したPTA会長が未納者だと聞いた時は本当に呆れました。

学校に対して以前は、無意識の無関心。現在は、意識的無関心です

No title

笹塚中学及び渋谷区教育委員会に対する不信感によるものであり、抗議の意思表示であろう。

ピンポン!正解です。
馬鹿らしくってやってられません。ただでさえ忙しいのに、子どものためを思いPTA活動していましたが、究極学校に「もの」が言いずらい、親の立場や、子どものためにあるはずのPTAもこの有様で、学校の不祥事の火消しに、PTA未納会長自ら、やっきになって・・・
ほんと、この学校、終わってます。
今頃、試食会?知ってました?給食が外部委託になることが決まった早々に執行部だけ、給食試食会してたらしいですよ。
勘違いも甚だしいですよね。PTA会費取って、執行部が保護者の総意?保護者の口封じ?

試食会なんか、誰っれも行かなきゃいいのにねって言ってたんです。ボイコットです。

No title

一度保護者の信頼をなくすと、それを回復するのは難しいと思います。笹中は、給食費の不明金もあり、市民団体が追及して下さっています。不明金は、給食費だけではなく、私費会計全般に及ぶようです。また、渋谷区の多くの公立学校の問題でもあるようです。
笹塚中学校の未納会長が、渋谷区のPTA連合会長に就任したのは、教育委員会の強い意向があったと聞きますが、その裏側には、この私費会計全般のもみ消しが目的にあったわけです。

こういう図式が見えてくると、笹塚中学校での去年の不自然なPTA会長再選の動きも、わかりやすいのです。

全ては、悪事を隠すために、権力を握る立場の者が全員で利権=隠ぺいに走ったのです。犠牲者はいつも、弱い立場の子どもや、その子どもを人質に取られて、何も言えない保護者です。

悪行の連鎖

笹塚中学校の一連の給食問題は、校長が、保護者や、市民団体、区議会委員を「窃盗」で刑事告発したことで、問題から事件へと発展しました。警察組織が入ったことで、社会的注目度も増しています。

この掲示板を見ると、渋谷区教育委員会や区長が本当に酷過ぎると思います。Uチューブにアップされた笹中の校長の情けなさといい、前代未聞です。

この機に及んで、教育長が、コメントひとつ、会見ひとつ開かないのは、明らかに区長の意向でしょう。
会見を開き、さらに世の中に映像や、コメントが出回っては損だと考えてのことでしょう。ずるくて、アクドイ区長の考えそうなことです。

No title

市民団体が出てきて本当に良かった。地元議員は全く役に立たないそうですから・・・いるだけ給料泥棒みたいなもん。
ところで、笹塚中学校の給食問題は、不明になった給食費や、教材費、修学旅行費についても捜査が及ぶのだろうか?
笹中は、給食の記録も、帳簿も、領収書まで捨てている。犯罪者が、犯罪の発覚を恐れ、記録を書き換え、証拠を棄てて罪に問われないのは納得が出来ない。

19歳の浪人生が、携帯電話で入試情報を漏えいし、回答を得て、偽計業務妨害で逮捕され連日報道されている。教育の世界での公平さや不正行為には厳重に・・・と警察も厳しい対応を表明している。

それに比べて、渋谷区の教育関係者はどうだ?
300人の子どもの食事を長年、親から預かった金額よりはるか低い「すかすか」の給食で提供し、献立表の栄養価は架空。完全に詐欺だ詐欺。
給食費も、流用だか横領し・・・ばれそうになると組織ぐるみで隠ぺい、証拠の隠滅。校長の雲隠れ。悪質すぎる。

学校は、不正に気がついた保護者の子どもの内申点を受験に不利と承知で不当に下げ、教育委員会は、地域活動に熱心だったもう一人の不正に気がついた保護者を地域から抹消し、活動から排斥した。本当にやることが汚い。

せっかく市民団体がついたのだから、笹塚の問題は、公文書偽造にとどまらず、私費会計の横領、証拠隠滅、犯人隠避、給食費の詐欺と徹底的に告発し、警察と協力して、腐った渋谷の教育行政を一掃していただきたい。

19歳の母子家庭浪人生。成績優秀で・・・・は日本中の今年の受験生の中には、他にもいたはず。学費の工面を心配し国立大学を志願した子たちがみんなカンニングをしたわけではないのだから、この男子浪人生の罪はなくならないが、年収1000万円がごろごろいる教育委員会組織のトップが、これだけの犯罪行為を平気でやって、警察がそれを見逃すのなら、子どもや保護者は警察の正義と公正とやらにも疑問を持つのではないか?

文部科学大臣も言った「公正・正義」に今後も注目したい。
もちろん、警察の「正義・公正」にも。

No title

もう、学校なんて相手にしません。先生達の質も本当にひどいそうです。英語の先生は、わからない問題を質問すると、答えてくれるどころか、逆切れするそうです。生徒の間では、「わからない」からだろう・・・と(笑)が出るそうです。こんな学校にまともに意見をしても、通りません。無駄です。職員室に19年も、17年も教師が転勤もせず居座る公立学校なんて、あり得ません。
犯罪の温床になるのは目に見えてます。

No title

校内で先生方が「オンブズマンのブログは事実ではない」と平気で言うそうですよ。
情報公開を元に事実を公表し、行政監視を目的とする市民団体を嘘つき呼ばわりする先生達は、社会人としていかがなものかと思います。こういう教師に義務教育最後に指導されるわが子は本当に不幸だなと思います。

No title

試食会のメニューはどんなものだったのですか?
ご存じの方書き込みお願いします。
それと、検索できるよう、どなたか、Uチューブと、アワープラネットのリンク張ってください。

今日も「街頭演説」ウオッチ

今日は天気も良いし、あちこちの駅前で、とっかえひっかえ区議会議員候補者が「街頭演説」をやるでしょう・・・

よーく耳をすませませう。
給食問題を正面から語る議員はいるでしょうか?
本当の渋谷の実態や、区長の酷さを語れる議員がどのくらいいるでしょうか?

たいていの候補者は「あれをやりました」「これをやりました」と自慢話ばかりです。公明党議員は、学会人を総動員して、うっとり「応援」です。自分たちが実現した政策には酔いますが、渋谷区の課題や、公明党議員の「品位」には無関心です。
「共産党は」区営住宅の家賃をタダにしろ~と署名活動です。

いい加減、こんな候補者にはうんざりです。
まともな議員候補者を探しましょう。そして、選挙に行きましょう

No title

こういう淀んだ地域だから、こういう公立学校しかないんです。
こういう淀んだ学校だから、こういう地域社会しかないんです。
どっちもどっち。卵と鶏。小型商店主(公共事業)とPTA。共存と言う名の既得権益が地域と、学校を駄目にしているのです。
淀んで、握って、脅して・・・一番おいしい思いしてるのは、地域の役立たず議員です。こんなのを、商店街が支え、町会が支え、各種団体が支え、PTAまで加担して、学校まで選挙運動に利用する。
一生懸命やってる側全員がそれを「イイこと」と信じて疑わないところが致命的。善意の究極の利権コア集団。
地域のコミュ二ケーションを、利益誘導団体(組織)がカモフラージュ。税金搾取。公教育の「公」の失墜。
教育の信頼が聞いて呆れる。こんな渋谷区教育委員会に有能な教師が赴任してくるわけがない。
地域が学校を駄目にして、利権の道具にしたために、地域を担う教育力まで低下させた。教育の質の低下は、地域の損失と気がつかないところが笹塚の愚かさ。

一部の人間が得る不当な利益のために、地域の教育が駄目になる。このような「負」の連鎖に早く気が付くべきである。
親の貧困を子どもに連鎖させないためにも、「地域の学校の教育力」は絶対に必要なのである。

理想と現実

よい地域には  よい学校があり
よい生徒が育ち よい保護者がいる。
よい保護者が  よい地域を支え、
賢く元気な子どもを育て、やがて、
よい子どもが成長し よい大人になり
よい大人が  よい地域を支え
よい地域には よい学校があり、
よい学校には よい教師が育ち
よい教師には よい児童が育ち・・・

利権の村には、利にさとい学校があり
利にさとい教師が居る。
利権にさとい親が、利権を守るために結託し。
利権を享受すべく地域を利用する。

地域も利権を求め、利権誘導型議員を輩出し
利権の獲得に固執する。
既得権益を独占すべく、排他的組織を作り、
利権の確保が優先する。
このような地域にあって、教育の優先度は低い。
教育を重視しない地域を優秀な教師は希望しない。
たとえ、渾身の指導をしたとしても、疲弊してやがて去るだろう。
腐った土壌に、いくらよい種を蒔いたところで植物は育たないのである。
踏まれてこそよく育つ「麦」はよい土壌あっての話。
笹塚には、畑も、森も、土もない。
学校の校庭ですら、土の下には利権のコンクリートにつまった防火水槽や、災害用トイレがある。


No title

このごに及んで、給食試食会を年度末の、平日に設定する学校。
一体なに考えてんだか・・・
何のために、誰がやろうと発案したんでしょうね・・・
一連の学校の給食問題への対応を外部的に装うための工作活動ですかね・・・相変わらず、場当たり的なしょうもない行事ですね。
校長変わって期待してたのに、この程度なんですね・・・がっかり。

大高教育委員長 池山教育長 どっちが偉いの?

池山教育長が謝罪をして辞職しなければ、渋谷区教育委員会は再出発できない。

賛成1票!
でも、先日の、渋谷区議会本会議場での笹塚中学校給食の一連の問題(給食の栄養、給食費、情報開示)について見識を問われた教育委員長大高は、「有識者と相談し、粛々と行っており、全く問題ない」と回答したとか。

教育長が刑事事件の被告発者として、告発され、警察が受理しても、「問題ない」というこのおっさん「弁護士」にして「教育委員長」というから驚き。

問題ないというあなたが、大問題でしょう・・・

お忘れなきよう

形だけでも、試食会終えてもう年度末。
受験も終わり、転勤も決まった先生達は、私費会計の帳簿の整理と破棄に懸命です。今年もまた、多くの先生が笹塚中学校から逃げ出して新天地で何食わぬ顔で勤務するのです。

待ってなさいよ。そんな幕引きじゃすみませんよ~
新しい、赴任地にも尋ねて行って貰いましょうね。それから裁判のにも来てもらいましょうね。教師としての責任は、勤務地が変わっても無くなりませんよ。下手したら刑事事件の被疑者として取り調べられますよ。送検され起訴されれば職を失い、退職金もないでしょう。市民団体はそこまで徹底してやって下さい。こういう輩がのさばるから、教育が荒廃するんです。本当に迷惑です。

先生方は悪いと思い反省するなら、きちんと自らけじめを付け、物事が大きくなり、社会的批判の矢面に立つ前に自ら謝罪すべきだと思いますがいかがでしょうか?
先生方ご自身がこれまで生徒にかけてきた言葉の多くを思い出し、自ら率先して謝罪されれば、「刑事告発」に至らずもありかもしれません。告発に動いた保護者の怒りの後ろに多くの同じ怒りが存在することをお忘れなく。黙ってやり過ごせば時間が過ぎ解決すると思ったら大間違いです。

ボイコット

誰が呼びかけたわけでもないのに、試食会はボイコットされた。
笹塚の保護者たちは、事態の本質に気付いているのだ。
もうだまされない。丸めこまれない。
学校も、PTAも、教育委員会も、信用失墜だ。
このうえは、区教委も、区の行政も、区長も、区議会も、PTAも、みんな改革しなければならない。
そして、なにも隠しごとなく情報公開できる、裏表のない清潔なな渋谷区を作ろう。
決戦は、もうすぐだ。4月には、悔いのない決断をしよう。
自分自身の判断で、棄権することなく、選挙に行こう。

No title

こんな簡単な話があるかい?
公文書偽造、印鑑不正押印、給食費の横領、証拠隠滅、犯人隠避。詐欺。誰の首まで取れそうですか?
警察は「千載一遇」のチャンスです。
こんな大物狙いはデカ人生長しと言えども、そう滅多にあるわけではありません。でしょ?
代々木警察 知能犯はじまって以来の「大物」狙いですか?あるいはぞろりと「数」で勝負ですか?
まさか、校長だけとは言わんでしょうね・・・
よもや、計算ミスだの記載ミスだの言わんでしょうね。
よもや、栄養だけとは言わんでしょうね。
そんなこと言って、あちこちの「圧力」に屈したら、黙っちゃいられん!!「消えた給食費問題」にしちゃるけん。いっぺんにやらんかったら、告発第二弾 私費会計編。告発第三弾 公立学校全校編。第四弾も、第五弾もやるっきゃないっしょ。他人さまから「犯罪人」呼ばわりされたら、どっちが「悪」かはっきりせにゃあアカんゼよ。市民団体の名がすたるってもんでしょ。
保護者馬鹿にしたら怒るがゼよ。「なめたらアカんゼよ!」ってくだまくきに。警察は頑張れ。

週刊金曜日

週刊金曜日のアーカイブをリンクします。

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=545

地方議員の仕事とは

NHKがシリーズで地方議員・議会の特集をしている。
地方議員の、いわゆる「地域密着」の仕事といわれるものは、煎じつめれば「口利き」だ。
行政の窓口が区民に開かれていて、親切に公正に対応してくれれば、議員の「口利き」は不要なのではないか。
議員におかみへの「お取次」を頼むことがおかしいのだ。
議員は、議会審議に専念するべきだ。
そして、行政は区民に直接開かれるべきだ。
たとえば給食に問題があった時、議員に期待などせずとも、区民が行政に直接相談できる窓口があるのが当然だ。
そして行政は、区民の要望を公正に適切に処理すればいい。
議員は、調査し議場で追求し、必要な条例などを整備するのが本来の仕事だ。
福島県矢祭町では、議員は日当制。議会に出た日だけ、日に三万円だそうだ。
渋谷区議会も、本来の儀いの仕事をするように、自己改革すべきだ。
渋谷区の行政を正常化し、議会も本来の仕事をすべきだ。
そのためには、区長の人選が大切だろう。

私費会計の横領

警察がきちんと捜査出出来れば、結構な額やってます。
私費会計が学年ごと、修学旅行積立金、教材費もありますからね・・・実際笹塚中学校規模(生徒300人)で年間の私費会計は3000万円以上。相当額のお金が動いています。
渋谷区の公立学校全体に話が及べば、数百万じゃ利かないでしょう。数億円の私費会計。ほとんど監査が及ばないお金ですから・・・
どれくらいまで警察が切り込めますかね・・・
本気でやればすぐわかる話でしょ。決算書と、前年度未納金現金回収、通帳、帳簿、領収書・・・ずれてるところがまずは狙い目です。帳簿は作り直しているところもあります。捨ててるところもあります。ご用心。

「変な給食」

給食の問題は、笹塚や渋谷や東京に限る話ではありません。実際、「変な給食」という幕内さんが書かれた本には、写真付きで渋谷の給食が出ています。渋谷区の給食は今回笹塚中学校で問題になる前から、関係者の間では「変」だったことの証です。
このような、給食のプロフェッショナルな方がたが今回の給食の問題に気がついて下さり、全国規模で給食の改善が進むきっかけになればよいと思います。

「変な給食」幕内秀夫著 ブックマン社

No title

三つ前の方、いつも書き込みを拝見しています。
様々な情報を書き込んで下さりありがとうございます。
視界が広がり、物事をとらえる上でとても参考になります。
統一地方選挙の前で、メディアが地方自治に注目しています。
渋谷区の行政の酷さは目を覆うばかりですが、行政組織の体たらくな自治体には、ある共通点があるように感じます。

先般より、笹塚中学校の給食問題では、公文書偽造や、開示請求後の書き換えなど、開示についての報道が多くこれと全く同じ事件が仙台でもありました。仙台の給食も、大変に酷いとネットに公表されています。

自治体がひどいところは、開示制度の運用に問題があり、給食がひどい。情報公開は、自治体の信用度のバロメーターであり、給食は、自治体のひずみが、弱者に及ぶことの象徴ではないでしょうか?

週刊金曜日

笹塚の給食問題ではすっかりおなじみの雑誌である。
2/25 日号の表紙は凄い
「尾木ママが叱る」
学校は会社ではない!
教育は商売じゃない!

まさしく、渋谷区長の面前で吐き捨てて欲しいセリフである。
さてその週の週刊金曜日に山口二郎が政治時評をしている。

「よい政権は100%よいことをするという素朴な思いこみを廃する必要がある。いろいろ不満はあるけれど、他と比べればましだという程度の理由で政権と付き合うことが必要な時代である」
そうだ・・・悲しいけれどあたりである。
渋谷区議会も、せめて・・・そのくらいにはなってほしい。

No title

いまごろ試食会をやって、学校は何をするつもりだったのでしょうか?目的が分かりません。
マスコミに対応を尋ねられた時のための逃げだったのでしょうか?
学校では給食委員会なるものにPTA役員が加わったそうですが、去年まで学校で給食の試食会を担当し、今回の給食問題発覚後の対応と、栄養士配置に向けて、献身的に活動した教養委員会の前委員長からの引き継ぎは、例年通り、次期委員に説明をお願いするものではなく、委員長宅に、やって来た今年の執行部だか教養委員が、資料を全部預かるよう申し入れ、何の引き継ぎもなく、とっとと帰ったそうですよ。あまりに無礼だと他の保護者が呆れたくらいです。今年栄養士が学校に配置され、給食が外部委託になり、給食が美味しくなったのは、去年の教養委員会の役員の一部と委員長の活動のおかげだと忘れてはいけないと思います。
給食に関する全ての情報開示、交通費に至るまで、PTA執行部は一円も出していません。
学校の生徒と保護者のための委員会の活動に、PTA会費を集めておきながら、全く活動費を認めないのは信じられません。
地元工務店の役員が教養委員会の中で反対し、執行部はこの委員の反対意見を持ち出し、教養委員会の活動を妨害したそうです。びっくりするような本当の話です。未納会長と一派の仕業です。
教養委員会の活動が、地元工務店の役員の反対で立ち行かないとき、教養委員長を献身的に支え、自腹で同行したのが、笹塚小学校で長くPTA会長を務めたKさんです。とても立派なことだと思います。

No title

5名とはね・・・(笑)
教育の信頼も地に落ちたものよね。

No title

辞めた島本校長は、給食費の「再監査」を直訴しに校長室に赴いた保護者ひとりひとりを名乗らせ、薄笑いを浮かべ、「監査はPTA役員の人ですから、執行部に聞いて下さい」と答え、相手にもしなかったそうですよ。名乗るだけ、子どもが矢面に立たされ、嫌がらせの報復を受けますから、本当に残酷な学校だと思います。
未納会長と協力して、保護者の要望にも耳を傾けないからこうなるんです。島本校長は訴えられて刑事罰に問われても仕方ないと思います。ちゃんと正しいことをやっていればこうはならなかったと思います。いくらでもやり直すチャンスはあったはずです。

No title

オンブズマンの活動そのものには敬意を表するが、
書き込みの真偽も確かめていただきたい。
「電子黒板」=ご褒美
的な書き込みがあったが、
他の学校も配置されているのが事実。
「改竄を手伝ったから貰ったのでしょう」
と受け取れるような内容はいかがなものか。

ともあれ、学区制が無い渋谷区だから、これだけ騒がれれば
来年度の笹塚中希望者はさぞかし少なくなるのでは?
現学級数より減ればここでの情報が伝わっているのだろう
4月以降が楽しみだ

子どもの貧困問題

ひとつ前の書き込みの方、ありがとうございます。
教育委員会関係者の方とお見受けします。
電子黒板がご褒美ではないにしろ、鉢山中の理数指定校の内容や取り組み、効果・・・ご存じなんでしょうから、できたら具体的に書き込みして頂けたらと思います。鉢山中の保護者が、理数校指定を知らなかったと言っていましたから・・・

さらに、笹塚中学校の来年度の入学希望者は減少しません。
入学予定者数の結果を知っていて、挑発するような書き込み方に汚さを感じます。
渋谷区教育委員会は、笹塚中学校給食問題を、来年度の入学希望者数の増減をみて状況判の断基準にしようと考えておられるようですが、笹塚は教育に熱意のある家庭そのものが少ない地域にあり、笹塚中は評判の悪さから、資力があり、教育意識の高い家庭は、最初から私立を選択したり、越境しています。
交通の地の利がよく、幼稚園、小学校から地域を出て就学させるご家庭もあります。

教育に対して意識の低い家庭の子ども。日々の生活に精一杯。教育以前に育児を放棄してるような家庭が存在する学区域です。就学援助金の率も高い地域です。学業に価値を見出さないご家庭もあります。

数年前の笹塚小学校では校長が、保護者に対して「生み棄て」発言をして問題になった地域なのです。
実際に、恵まれない生育環境の子どもが、豊かな渋谷で、貧しく希望も持てずに暮らしていると言うことです。
「給食」も「進学も」「学力も」無関心な保護者に扶養され、経済的貧困が教育的無関心に拍車をかけるような生徒も多くいる学校なのです。小学校レベルの学力がない生徒がたくさんいる学校なのです。
それが笹塚中学校の実態です。中学校の学習内容どころではありません。
学校別の学力テストの結果を区が公表しない理由です。
笹塚だけではありません。区内の公立学校には、同じような事情を抱える生徒や児童が少なからず存在しています。
そんな家庭が、問題が起きたからと、学区域を超え、越境の手続きをして、よりよい学習環境を求めて、交通費をかけて学区外通学をする?出来るわけがないのです。
生まれる家や、親を子どもは選べません。どの子どもも、経済的に豊かで、教育意識が高く、愛情あふれる家庭に生まれ、育ちたいと思うでしょう。しかし。子どもは生まれる場所を選べないのです。
そしてその境遇がやがて、貧困の連鎖となるのです。
家庭力のない子どもほど、行政が教育の責任を負い、教育で子どもを救わなければならないと思います。今日、公立学校の役目、給食の役目は大きいはずなのです。それなのに、笹塚中学校は学校給食の「食器」も揃えず、保護者から集めた給食費があるにも関わらず、「貧しい食事」を提供し続けたことに、多くの社会的影響力をもった人達が「批判」をはじめているのです。

書き込みされた方は、笹塚中学校の来年度の入学者が減少しなければ、この問題への関心が低く、問題が終局するかのような錯覚をお持ちのようですが、入学者数や保護者の関心は既に問題ではありません。
渋谷区教育委員会の公教育に対する考え方と、渋谷区教育行政の酷さが社会的な批判を受けつつあると言うことです。これについては、先に警察が告発状を受理した、虚偽公文書作成の捜査の過程で渋谷区教育行政の組織としての体質や、体制がはっきりすると思います。
子どもを貧困から救い、将来にわたる仕事を得るだけの「知識と学力」を会得させ、社会に送り出す使命が義務教育にはあるのです。
「公教育」の大切さを自覚もせず、自身の保身や証拠の隠ぺいに加担する多くの区の教育委員会関係者に幻滅しているのです。日本中の学識者、心ある教育関係者、給食問題に取り組む人々に少しずつ時間をかけて浸透していくと思います。その過程で、必ず渋谷区教育委員会は人々の誹りを受けると思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。