スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知・羽澤ガーデン】羽澤ガーデン口頭弁論のお知らせ

渋谷区広尾3丁目の羽澤ガーデンでは、その全てを取り潰してのマンション群建設計画が、3年半にわたって凍結している。それは近隣住民による開発許可差し止め訴訟と文化人・知識人を中心として大きく広がった羽澤ガーデン保全運動によるものであるが、斎藤驍弁護士を中心とする環境行政訴訟弁護団の活躍を忘れてはならい。

3月15日(火)15:30より東京地裁103号法廷において、現場検証後の初法廷が開かれる。
原告側は検証結果を綿密に分析してまとめており、この法廷で羽澤ガーデンの文化性を改めて具体的に主張するものと見られる。
渋谷区長・桑原敏武は、「羽澤ガーデンは土足で上がれるレストランになったので文化性は損なわれた。」と不見識な発言を臆面もなくしている。

hanezawa2
           羽澤ガーデンの遠景

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

重要な裁判

ご支援ありがとうございます。
おかげさまで、昨年11月22日、裁判所による、現場検証が実施され、閉鎖以来隠され続けてきた、羽沢ガーデンの現状が白日の下にさらされました。そして、検証結果をもとに、学者・専門家による、文化財としての価値を同定する、鑑定作業が行われました。鑑定結果は今回の法廷に提示されます。
今回の裁判は、今後の方向が決まる大切な裁判です。
皆様の羽沢ガーデンへの関心を、裁判官、被告東京都と渋谷区、そして開発業者たちに示すため、一人でも多くの方に裁判の傍聴をお願い申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

災害時を考えると

ゆとりのある設計をするべきです。

No title

環境裁判への尽力に敬意を表します。
鞆の浦の次は、羽沢ガーデンになることを願います。

どこまで馬鹿?

渋谷区長・桑原敏武は、「羽澤ガーデンは土足で上がれるレストランになったので文化性は損なわれた。」と不見識な発言を臆面もなくしている

No title

ひどい地震ですね。
なすすべもなく、TV映像を茫然と見ています。
義援金と、ふるさと納税で、東北の生活再建に少しでも貢献せねばと思っています。豊かな税収で潤う渋谷の馬鹿な首長が、6億もする自宅隣地を利用予定もなく購入する自治体より、本当に困った場所で役に立つ税金を納税したいと思います。

丸の内駅舎保存復元工事に2JVが参加申請 外国企業の参加なし

東日本旅客鉄道(JR東日本)が計画している「東京駅丸の内駅舎保存・復原」の一般競争入札に、鹿島・清水建設・鉄建JVと大林組・大成建設・竹中工務店JVが参加申請を提出したことが分かった。JR東日本は、WTO(世界貿易機関)対象工事で外国企業の参加に配慮した参加資格を設定したものの、今回の入札に外国企業の参加はなかった。営業線に近接し、国指定の重要文化財を保存・復元するという高度な施工技術が要求される工事は、総合評価方式を採用し、2006年9月19日から22日までの配置予定技術者へのヒアリングなどを経て、12月22日に入札し、施工者が決まる。
工事は、1945年の東京大空襲でドーム部分などを焼失した3階建て延べ約2万3900㎡の当時の駅舎を復元する(付帯設備を含む)。外壁レンガは創建時の形状に復元するほか、レンガや瓦は、状態の良いものを保存・活用し、当時の材料を尊重する。地下躯体上部には免震装置を設置し、駅舎を免震化する。
駅舎地下全体に、既存の総武線地下躯体を残しつつ、2層の地下躯体を新設し、駅機能やホテル、ギャラリーを導入する。
地下部分を含めた復元後の規模は、S、RC一部S、SRC造地下2階地上3階建て延べ4万3000㎡。工期は2012年3月10日まで。工事場所は東京都千代田区丸の内1-9-1。
総合評価では、(1)工事全般の施工計画(2)配置技術者のヒアリング(3)技術提案評価――の3項目を評価する。JR東日本は、参加資格確認後に予定価格を入札参加者に通知する模様だ。
JR東日本は、2006年7月13日に入札を官報公告。9月11日に入札参加申請書などの提出を締め切った。入札参加資格は、同社が公告したこれまでの入札の経緯を踏まえ、代表者、構成員ともに「JR東日本が認める外国での施工実績も含む」とするなど、外国企業の参加に配慮した内容となっていた。
創建時の駅舎は、辰野金吾が設計し、大林組が施工した。
(2006年9月19日 建設通信)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。