FC2ブログ

【危機管理】山谷小学校は校長判断で市民を受入!!

本ブログ、17日の記事のコメントに、渋谷区立山谷小学校(飯村信夫校長)は、3月11日の大地震に際して、帰宅困難者、近隣住民等の同小学校に避難をしてきた市民に対して、朝まで学校を開放して安全確保に務めた旨が投稿されていたが、昨日(18日)、同小学校へ電話で確認したところ、その事実が確認できた。
当日、多くの渋谷区立小中学校が帰宅困難者等を受け入れず、何もしなかった中で、一筋の光明である。
これは、同小学校の飯村信夫校長の判断の下、教員・職員が一丸となって対応した結果によるものであると見受けられる。渋谷区民として、誇らしいことである。
尚、18日、渋谷区危機管理対策部防災課に電話で問い合わせたところ、鉢山中学、鳩森小学校で受け入れたという報告は受けていると回答したが、山谷小学校のことは知らなかったようだ。

山谷小、ながつまP 003
                渋谷区立山谷小学校
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

少しホッとしました

気概のある校長先生がいらして、嬉しいことです。
危機管理部長の有能無能以前の人格の欠落が残念。

長谷戸小も

長谷戸小も専門学校生をはじめ
近隣保育園を受け入れてましたよ!

でも。

山谷小学校に子どもを通学させている保護者です。この校長の判断はとても素晴らしいです。でも判断したことにちゃんと対応できたがどうかは確認できたのでしょうか。
ちなみに学校に子どもを迎えに行けない状況に陥った私は(いわゆる帰宅難民になった)やっと電話が学校に繋がって、子どもの安否を確認したところ、「近所の方があなたのお子さんを引き取っていますよ」と回答され、「近所の方とはどなたですか?」と訊ねると、「わかりません。確認をとってまた電話します」と一方的に電話を切られました。その後は、ご承知の通り、ケイタイが全く繋がらなくなり、都内の公衆電話は行列で、2時間並んで、学校に電話するも、「担任がいないのでわかりません。お子さん、家にいませんか?」とらちがいきません。結局、わが子は学校にいたんですけれど、ね。緊急時の引き取りマニュアルや連絡先、引き取り人などの準備は学校でちゃんとやっていますが、それを運用できる職員は皆無ですよ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: