スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シブヤ大学】住民監査請求の口頭意見陳述が行われる

渋谷区議・長谷部健との関係が取り沙汰されるNPO法人シブヤ大学は、渋谷区神南分庁舎2階を無償使用して主たる事務所を開設しているが、その違法性と使用料相当額の損害賠償を渋谷区長・桑原敏武らの求める住民監査請求の口頭意見陳述が、4月7日14:45より渋谷区役所6階監査事務局において開かれた。

陳述人・久保田正尚の意見陳述は以下の通りである。
1.何ら法律上の根拠なく公共施設を無償使用することが、常識を持った社会人の目で見て、おかしいと思わないのか。
2.渋谷区が、シブヤ大学に公共施設を無償使用させることを容認するのであれば、それに見合う「公益上の必要性」があるはずだ。渋谷区に「公益上の必要性」を説明させよ。
3.渋谷区監査委員は、「財務会計上の行為ではない」との理由で判断を避けるな。附帯意見でもいいから、監査委員の意見を述べよ。

陳述人・堀切稔仁の意見陳述は以下の通りである。
地方自治法198条の3には「監査委員は、その職務を遂行するに当たっては、常に公正不偏の態度を保持して、監査しなければならない」とあるが、丸山高司監査委員は、以下の写真にある通り、現渋谷区長・桑原敏武を選挙において公然と応援する自民党の区議会議員である。従って、渋谷区を擁護する立場で監査が行われる可能性が高く、かかる人物による公正不偏な監査は期待できない。

以上、堀切稔仁の意見陳述に対して、渋谷代表監査委員・倉林倭男は「関係ない発言は止めて欲しい」と堀切の意見陳述を遮ったので、久保田が「関係ある。渋谷区長・桑原敏武と連絡事務所の看板を並んで立てる程、密接に選挙協力をしている人間に公正不偏な監査は期待できない。行政よりの監査になる現実の危機感を持っているのだ」と反論した。

DVC00062.jpg


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

議員や役人は、公平だとか平等だなんて当たり前なのだが、

彼らは自分よがりで自分の立場ばかりに気を使う。

そんな生き方は私たちの目には不公平で不平等に映る。

しかしもっと驚くのは彼らは自分たちのその生き方を

疑う事もなく区民のために生きていると本気で思っている。

だからこそ、オンブズマンに指摘されると

怒りを覚えるのだろう。

もともとこの程度の人間だったのか

それとも議員や役人になる前はまともだったのか

一体どこで彼らは道から外れてしまったのだろう。




最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。