スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無償貸与】公共施設の特定非営利活動法人(NPO法人)への無償貸与

渋谷区が、その公共施設を特定非営利活動法人(NPO法人)に無償貸与している(していた)事件は、以下の3件であり、いずれも渋谷オンブズマンが、住民監査請求、住民訴訟を提訴している。

1.神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件
渋谷区立神宮前小学校の一部を、「トルコ共和国からの要請による」「国際交流は神宮前小学校の児童にも教育効果がある」などとの理由で、学校法人ホライゾン学園に無償貸与している事件。
学校法人が無認可の私塾を開設運営することは、私立学校法違反であるので、その後、ホライゾン学園は神奈川県の行政指導を受け、神宮前国際交流学級の運営から撤退した。その後、ホライゾン学園から退職した教職員らが、NPO法人国際交流学級を立ち上げて、神宮前小学校内で私塾である神宮前国際交流学級の運営を続けている。
無償貸与に関して、渋谷区は行政財産使用許可を出している。
現在、東京地裁で住民訴訟を係争中。

2.おやじ日本事件
渋谷区はNPO法人おやじ日本(竹花豊理事長)に対して、以下の通り渋谷区の公共施設を無償使用させている。
行政財産は、地方自治法第238条の4第7項に基づく行政財産使用許可によって使用させねばならず、②の期間はそれをしておらず、渋谷区の違法性は明らかである。現在、東京地裁で住民訴訟を係争中。
①平成18年7月23日から平成20年10月31日までは、地下駐車場前会議室を行政財産使用許可によって無償使用させていた。
②平成20年11月1日から平成22年3月31日までは、勤労福祉会館2階を公用使用許可(区役所内部の手続き)によって無償使用させていた。
③平成22年4月1日以降は、勤労福祉会館2階を、再び行政財産使用許可によって無償使用させている。

3.シブヤ大学事件
NPO法人シブヤ大学は、渋谷区役所神南分庁舎の一部を無償使用して主たる事務所を開設していたが、渋谷オンブズマンの調査や住民監査請求によって神南分庁舎から退去させられ、神南分庁舎をシブヤ大学に転貸していた株式会社渋谷サービス公社(渋谷区の100%出資会社)は、当該部分の使用料相当額損害金967万9995円(平成18年4月1日~平成23年3月31日)を渋谷区へ任意に返還した。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。