【笹塚中学】渋谷オンブズマン実質勝訴・・・渋谷区教委が非公開決定処分を変更

平成22年9月8日、渋谷オンブズマンは渋谷区教育委員会に対して、以下の公文書を情報公開請求した。
①平成21年9月~12月までの渋谷区立全中学の校長、副校長の旅行命令簿
②平成21年9月~12月までの渋谷区教育委員会職員が笹塚中学校に向かった旅行命令簿
③平成21年9月~12月までの渋谷区教育委員会へ笹塚中学校職員が向かった旅行命令簿

これに対して、渋谷区教育委員会は、平成22年12月6日に非公開決定処分をして、その理由に「ブログで誹謗・中傷される恐れがある」等と附記した。
この処分は、情報公開制度の趣旨を理解できていないと思わざる得ない非公開決定処分で、当時、新聞各社は渋谷区教委の失態を大きく報道した。
渋谷オンブズマンは、本件非公開決定処分の取消を求めて東京地裁に提訴したところ、第1回口頭弁論において民事2部の川神裁判長は「非公開決定処分を取り消して、当該文書を公開しないか」と、渋谷区教委に対して強く促した。
平成23年5月9日、渋谷区教委は非公開決定処分を変更して、当該文書を公開した。

渋谷オンブズマンの情報公開決定処分取消訴訟における5件目の勝訴(実質勝訴)である。
今後、本件訴訟に関しては、判決まで継続するか否かを検討し、更に国賠訴訟も検討する。


20110506.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

訴えの変更

第21条(国または公共団体に対する請求への訴えの変更)
裁判所は行政事件訴訟法による取消訴訟の目的たる請求を処分又は裁決に係る事務の帰属する国又は公共団体に対する損害賠償その他の請求に変更することが相当であると認めるときは、請求の基礎に変更がない限り、口頭弁論の終結に至るまで、原告の申立てにより、決定をもって、訴えの変更を許すことができる。

渋谷区への賠償請求に変更するとよいのではないでしょうか。

渋谷区は反省していない

毎日新聞の記事によると、渋谷区は反省していません。
彼らの、情報公開に関する歪んだ理解は変わりません。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110515k0000e040038000c.html

区教委庶務課は

「前の(非公開)決定を取り消したわけではなく・・・」
というのですから、
非公開決定の取り消しを求める訴えの利益はある
ということでしょうか。

法律時報71巻6号32頁に
印影の犯罪予防情報該当性について解説があります。

最高裁判所は、「出勤を示す印影及び出張に関する記載は公務に関する情報であることは明らかであり,これを開示しても公務員個人のプライバシーを侵害するとはいえないから,個人に関する情報に該当しない。」との判断をしています。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: