スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知・ホライゾン学園】6月2日15:30よりホライゾン学園事件の口頭弁論

6月2日(木)15:30より、東京地裁522号法廷において、神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件の口頭弁論が開かれる。
渋谷区立神宮前小学校の一部を、私立インターナショナルスクールに対して無償使用させていることは、渋谷区による行政財産の違法使用許可処分であるとして、その取消を求めて住民訴訟を係争中である。

渋谷区は本件使用許可処分は、トルコ共和国からの正式の要請に応えたもので適法であると主張するが、裁判所は渋谷区の主張に疑問を抱いているようで、トルコ大使館に対する文書による調査を5月23日に正式決定した。
神宮前国際交流学級に実態は、英国式カリキュラムによるインターナショナルスクールであり、高額の授業料も徴収しており、トルコ大使館が回答を拒否すれば、裁判所の疑問は益々大きくなるであろう。


kanban
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

無料で学校法人に貸さなくても

国際交流はできます。
ここの場合、きちんと使用料をいただけばよいと思います。
また国際交流そのものが、いけないわけではありません。
でも、他にも国際交流のやりかたはあります。
何も学校を併設するだけが国際交流ではありません。
渋谷区の公立小中学校には、かなりの数の外国人生徒が在籍しています。
同じ教室で同じカリキュラムで勉強しています。
その相互の教育的効果はどう評価しているのでしょう。
日本人でも外国の日本人学校ではなく現地の学校に行った人たちもいます。
いろんな体験があるようです。
国際交流というのは、結局一人ひとりの交流です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。