【費用弁償】議員の旅費(1日5000円)を廃止又は減額する条例案はいづれも不採択(否決)

渋谷区議会第二定例会において、渋谷区議会議員の費用弁償(公務で渋谷区役所へ来庁した際の1日5000円の旅費)を①廃止する条例案②半額(2500円)にする条例案が、議員提出され総務区民委員会に付託された。

①廃止する条例案を提出したのは、苫孝二(共産)、新保久美子(共産)、堀切稔仁(純粋無所属)、笹本久美子(純粋無所属)の4名で、総務区民委員会の採択において賛成したのは、苫孝二(共産)、佐々木弘明(民主)、浜田浩樹(民主)の3名で不採択となった。
②半額(2500円)にする条例案を提出したのは、小林崇央(みんな)、小柳政也(みんな)、須田賢(みんな)の3名で、総務区民委員会の採択において賛成したのは、小柳政也(みんな)、薬丸義人(無所属クラブ)、佐々木弘明(民主)、浜田浩樹(民主)の4名で賛否同数でとなり、委員長採択の結果、不採択となった。総務区民委員会委員長は木村正義(自民)である。

その結果、渋谷区議会議員の費用弁償は現状のまま存続することになってしまった。
二つの条例案が同時に提出されたことは、会派間の調整不足であろうか?
しかし、ここで民主党の対応に注目したい。民主党は両方の条例案に提出議員として名前を連ねていないので、理論的には両方の条例案に賛成することが可能であるが、もし民主党がどちらかの条例案に提出議員を出して旗幟鮮明にしていれば、情勢は大きく変わっていた可能性がある。渋谷区議会においては、民主党は自民党と共に、7名の議員を有する最大会派なのであるから。
今回の渋谷区議会民主党の「日和見、優柔不断」な態度は福祉保健委員会でも露呈して、多くの区民を失望させている。それについては、後日、詳細に報告する。






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

小遣い減るとタバコが買えなくなるモンな

財源不足を盾にして
職員の給与や事業を減らす前に
自ら縮減への態度しめせ

 

議会慣例打破も大事だけど、それが叶うまではいかに今の流儀の中でできることをこなしていくか、ということも大事でしょう。
民主党が最大会派としてみんな・共産・純粋あたりも呑める案を用意できなかったのかねえ。この一事案をみるかぎりでは、日和見の弊害というより調整力不足を感じる。
もちろん、他区の自民党・公明党から20年は遅れているであろう両党渋谷区議団の鈍磨しきった意識が一番のガンなんだけど、他勢力と組んでうまくショック療法を与えられるだけの力が自民と同数をもつ民主区議団にないのは残念。

費用弁償

名古屋のほうでは費用弁償をめぐって河村党が分裂騒ぎだそうですよ。
いろいろ問題のあるお金みたいですね。
その昔、地方の旦那衆がボランティア(無報酬)で議員をやっていた時代の名ごりみたいです。足台と弁当代くらいは出してあげようというわけです。

結果が大事

何か違わなくないか?
どんな理想を言っても結果が出さなければやってないのと同じ。

その意味では民主が駄目であることは指摘の通り。(同意)

しかし、今よりも何かを進めるために両案に賛成することが駄目なことだろうか?

今回の投票結果を見る限り、私は民主以外の全ての会派が民主より批判を受けるべきと考える。

自分達の理屈でしか進まない。
そこに「区民の為に」はあるのだろうか?

当然、その批判の対象にはねんじんも含まれる。
ねんじんより民主を批判するのは身内贔屓に見える。

だってねんじんが両方に賛成していれば少なくとも半額にはなったのだから。

ALL or Nothingで自分の正義を貫くのは勝手だが、区民には何一つメリットが無い。

もう一度言うが結果を出せなければ存在意味が無い。
民主も自民も公明も共産もみんなもねんじんも給料泥棒だ。

少しでも結果を出す努力を考え実行しよう。

結果が大事なら区長べったりになる

区民氏は結果が大事で堀切氏は両案に賛成すべきだとの意見だが、私は反対だ。

民主党のように条例を提出していない会派なら条例趣旨を理解して両案に賛成というのも考えのうちだが、廃止条例案の提出議員でありながら、半額にも賛成ではまったく整合性がない。

しかも総務区民委員会には純粋無所属の会派の議員はいない。

委員会で通過させろというなら日本共産党の苫氏が半額に賛成するしかないでしょう。堀切氏を批判するならまず苫氏を批判すべきだ。

責めるべきは半額条例すら賛成しない自民党・公明党の両党に決まっている。

そもそも予算編成権は区長にしかないのだから結果結果と言えば、区長にべったりなのが一番ということになりかねない。その結果が今の渋谷区政だろう。

オンブズマンが区政べったりで何の意味があるのか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

私のコメントへのコメントが在ったようなので一応お返事を。

「民主の考えは解らなくも無い(ごめんなさい。そう書いて無いですが、そう受け取れました)」

なぜ?結果が出なければ悪い奴だよ。

「共産党が半額に賛成しなければならない?」

そのとおり!共産党だか苫だかが悪い奴だ!

「責めるべきは自民と公明?」

そのとおり!こいつら全員悪い奴だ!

「廃止条例案の提出議員でありながら、半額にも賛成ではまったく整合性がない」

なぜ?
それが正義だから?

その結果を以って区民に対して「僕は精一杯頑張ったよ。悪いのはあいつらだよ」って言いたいの?
年間700万強の給料を貰ってそれだけ?

『子どもたちを放射線被曝から守るための請願』
の話なら2択なので民主はA級戦犯だし、自民とか公明もA級戦犯だ。

でも、この件は違うでしょ?
戦い方はもう少し選択肢があったのでは?

政治って多数決です。民主主義の中では。

今一度言います。
政治家の皆さん結果を出してください。

「そもそも予算決定権は区長にしか無い」?

だから何?仕方が無いの?

「結果と言えば、区長にべったりなのが一番ということになりかねない」

結果って何?
私が言いたいのは『区民が望む結果』

1円でも我々の税金を無駄使いして欲しく無い。それが私の望む結果。

それの近道であるのなら区長にべったりでもすれば良い。

政治家の給料は私達区民の税金で賄われている。

誤解の無いようにもう一つだけ言いたいことを言います。

「自民も公明も民主も共産も無所属もみんなも純粋無所属も区民の求める結果を出さなければ鼻くそだ!」

渋谷オンブズマンに区長べったりなんて求めて無い。
ただし、ねんじんを甘やかすことも求めて無い。

まぁ、「費用弁償は現状のまま」を求めているのなら今回の結果は作戦通りなのだろうが。

少し酔って書いているので少し支離滅裂な感もあるが言いたいことは全部言った気がする。

返信を求めて無いし自分の言いたいことだけを言ったので喧嘩を売ってるかも知れない。もしそう受け取られたら謝っておきます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: