スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【羽澤ガーデン】明日(7月6日)に第2回弁論更新

前回の弁論更新では、武内・田中・森近・富田の計4名の弁護士が弁論にたち、今回の人事の疑義を質しつつ、羽澤ガーデンの文化的意義と論点に言及しました。若い諸君を中心としたこの布陣は成功したようです。
定塚裁判長は時折官僚的発言を交えましたが、我々の弁論に耳を傾けざるを得なくなり、今回2回目の弁論更新を行うことになったのです。
今回の人事の重大性から、弁論の更新は民事2部(川神裕裁判長)でも行いました。その効果は着実に現れつつあり、少なくとも強権的訴訟指揮は非常に難しくなりつつあります。
環境行政訴訟の公正な審査の実現と勝利の展望を切り開くために、今度の弁論更新が結びの役割を果たしますので、極力ご参集ください。

7月6日(水)午後3時より 東京地裁103号法廷

羽澤記者会見 014
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

羽沢ガーデンに思い出のある方、羽沢ガーデンで結婚式を挙げた方、羽沢ガーデンがお好きだった方、そして私たち羽沢ガーデンの保全を願う会を応援して下さる方。
裁判の傍聴に、おいで下さいますよう、お願い申し上げます。
皆さんの羽沢ガーデンへの関心の高さを、裁判官や、東京都や渋谷区に知らしめるのに、裁判傍聴者が多いということは大切です。
裁判の傍聴というと、堅苦しくいかめしいものと、思われるかもしれませんが、裁判の傍聴は誰でも、何の手続きもなく、簡単にできます。直接裁判所に入って、法廷の傍聴席に座るだけです。名前を聞かれたり、書類を書いたりすることも全くありません。所要時間は約一時間です。
どうぞよろしくお願いします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。