スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【情報公開国賠】情報公開の原則

7月19日13:20より、笹塚中学給食記録の書換事件に関する、国家損害賠償請求事件の口頭弁論が開かれた。審議は続行となり、次回口頭弁論は9月27日10:45より、東京地裁631号法廷で開かれることになった。
以下、原告側の第一準備書面で、情報公開の大原則を述べて、それに渋谷区は違反していることを指摘している。


実施機関は、情報公開請求当時存在した文書をあるがままに公開しなければならないこと

1 被告は、答弁書のいうところの本件訂正記録(甲4号証)が、原告が渋谷区教育委員会に対して本件情報公開請求をなした平成21年10月10日当時にに存在していなかったこと、原告が本件情報公開請求をした平成21年10月10日当時、笹塚中学校の給食の記録は、答弁書のいうところの本件当初記録(甲3号証)のみが存在していたことを認めた上で、渋谷区教育委員会が平成21年12月8日に原告に対して本件当初記録ではなく、本件訂正記録を開示したのは、原告により正確な情報を提供するためであり、かかる渋谷区教育委員会の行為は、渋谷区情報公開条例1条の趣旨に沿うものであるなどと主張している。また、被告は、渋谷区教育委員会が、開示文書が訂正版であることを明示していること及び本件当初記録を原告自身が所持していることを渋谷区教育委員会がなした行為の正当性の根拠としている。

2 情報公開請求の対象となる公文書について、渋谷区情報公開条例第2条第2号は、「実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真、フィルム及び電磁的記録であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が管理しているものをいう。」と定義している。この渋谷区情報公開条例第2条第2号の規定は、行政機関情報公開法2条2項本文とほぼ同様の規定である。
そして、行政機関情報公開法についての定評あるコンメンタールである東京大学法学部教授宇賀克也著「新・情報公開法の逐条解説(第4版)」31ページ(甲14号証)には、情報公開の対象となる公文書について、以下のように解説している。

「開示請求時点において、「当該行政機関が保有しているもの」を行政文書としていることである。このことは、請求時点において保有していない行政文書を開示請求に応じるために作成する必要はないことを意味する。開示請求制度に、行政機関の保有する情報を処理・加工して国民に提供させる機能まで付与するのではなく、開示請求時点において、存在する記録をあるがままの状態で開示すれば足りるという認識に基づく。」

つまり、情報公開においては、情報公開請求時点において存在する文書をそのまま加工することなく開示しなければならないのである。このことは、行政機関情報公開法を所管する総務省も認めている(甲11号証)。渋谷区情報公開条例の規定を見てみても、情報公開は、情報公開請求後15日以内に速やかに行われなければならないと規定されていること(渋谷区情報公開条例第9条の2)に鑑みれば、情報公開請求にかかる文書を加工することは、条例が全く予定していないことを示している。また、情報公開請求がなされた後に公文書を加工することが認められてしまうと、「訂正」の大義名分の下、行政にとって不都合な情報が全て隠匿されてしまうことになりかねず、区民の知る権利と被告の説明責任について規定した渋谷区情報公開条例1条の趣旨を根底から没却してしまうことになる。

3 したがって、原告が情報公開請求をなした平成23年10月10日当時、笹塚中学校の給食の記録は、本件当初記録しかなかったことから、渋谷区教育委員会は、本件当初記録を開示すべきであったところ、本件当初記録を加工した本件訂正記録を開示したことから、渋谷区教育委員会が違法行為を行ったことは明らかである。なお、原告が情報公開請求したのは、あくまでも本件当初記録であるから、開示文書が訂正版であることを明示したとしても、それは何ら渋谷区教育委員会の行為を正当化する根拠足り得ない。また、原告が、本件当初記録を所持していたとしても、原告は、情報公開という手続に則って公文書の開示を受けるという利益がある以上、原告が本件当初記録を所持していたという事実は、被告の違法性を何ら阻却しない。

4 以上のように、被告の違法性は明らかであるから、速やかに原告の請求を認容されたい。

以 上
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブラックボックスに大きな風穴を開ける画期的判決

いわゆる「官房機密費」の使いみちを明らかにするよう市民グループが求めた裁判で、大阪地方裁判所は、領収書など使いみちが分かる文書は非公開とする一方で、金額の合計などを記した一部の文書については、「相手が特定されないのだから支障はない」と公開を認めました。
官房機密費に関する文書の公開を認めた判決は初めてです。
官房機密費は、正式には「内閣官房報償費」と呼ばれ、毎年およそ12億円が支出されています。
http://twitter.com/kamiwaki/status/183392689339908096
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。