スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【放射線量測定】富山臨海学校で測定 その2

渋谷区議会議員・堀切稔仁は、7月26日に区議会で富山臨海学園へ視察に行ったことをお伝えしたが、その補足で富山臨海学園(対象は小学校5年生)の行程の休憩場所に入っている『海ほたる』ついてお伝えしたい。
この『海ほたる』は東京湾のど真ん中にあり、周りに障害物がないので、福島第一原発の影響をもろにうけているという噂があったので、実際に調べてみた。

以下の写真にある通り、かなり高い数値となっている。
子供達がここまで歩いて来たかは不明であるが、安全策を考えれば休憩場所として妥当なのか再考するべきではないのか。


『海ほたる」川崎側1F
 シールド削岩機モニュメント前
IMG_1190.jpg

IMG_1191.jpg
model 3 にて測定では最大0.43(単位はμsv/h)の高い放射線であった。
写真は針が触れここでの最低値0.32(単位はμsv/h)であった。




『海ほたる」川崎側1F
 シールド削岩機モニュメント後ろベンチにて

umihotaru benn

IMG_1195.jpg
model 3 にて測定では最大0.24(単位はμsv/h)の放射線であった。
写真は針が触れここでの最低値0.22(単位はμsv/h)であった。

スポンサーサイト

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。