【記事紹介・情報公開】桑原区長と前田議長の無知にはお笑いだ!

渋谷のミニコミ紙である「ジャストタイムズ渋谷9月号」に、以下の通りの記事があった。

 「区議会議員からの大量の情報公開請求によって各部局の事務に支障をきたしている。議員には調査権があるのだから配慮してもらいたい」と、8月27日の幹事長会の席上、前田議長が桑原区長からの要請として紹介したという。公正で開かれた区政運営のために設けられた情報公開制度に対し、区長・議長がこんな認識でいるのは、あまりに認識不足ではないか。情報公開は請求者の権利が守られなくてはならない。個人を特定していないにしろ、議員から請求があったこと自体を明らかにしてはならないはずだ。
 国会議員には議員個人にも国政調査権が定められているのに対し、区議会議員の調査権は議会に与えられているもので議員個人にはない。こんな初歩的なことも理解していないのだろうか?
 大量請求については、前回の条例改正で「制度の適切な運用に努める」ことが規定された。何件の請求をやったらだめだということを決めるのではなく、行政も区民も制度の趣旨を理解しましょうというものであった。国の情報公開法に先駆けて作られた区の情報公開制度。区長も議長もこの目的や経緯を一から勉強すべきではないのか。


このように区長も議長も情報公開制度の基礎的な理念がわからないから、このような要請を幹事長会で報告してしまう。幹事長会では、さすがに、このような要請を受け入れてはならないという良識的意見が多数を占めたようであるが、一部には区長の要請を擁護するような発言もあったようだ。

高齢で思考能力が低下した桑原区長と脳みそ筋肉の前田議長では、渋谷区民にとっては喜劇でもあり悲劇でもある。

kuwa08122.jpg
             桑原敏武区長


maeda
             前田和茂議長

 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

確かにキン肉マンだな。

No title

白いスーツ
やめてくれ
漫才師かと思ったよ

No title

無知無能

前田はおかざり

無能の上操り人形
最低だな
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: