【羽澤ガーデン】三菱地所(株)、(株)日山、大成建設(株)へ抗議文を発送

「羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会」及び「羽澤ガーデン開発差止訴訟・近隣住民原告団 」は、以下の抗議文を 、羽澤ガーデンの開発業者である三菱地所レジデンス株式会社、同所有者である株式会社日山、解体請負業者である大成建設株式会社に対して発送した。
明日、9月16日(金)19時から、17日(土)10時から、國學院大學院友会館(渋谷区東4-12-8 電話03-3400-7781)で解体説明会が開催される。説明会に参加して、抗議の意思表示をしよう。


平成23年9月13日

三菱地所レジデンス株式会社 代表取締役 八木橋孝男殿
株式会社日山 代表取締役 村上紀通殿
大成建設株式会社 代表取締役 山内隆司殿

羽澤ガーデン解体に対する抗議書

前略
 貴社等は、重要文化財・景観建造物・みどりの自然地(東京都自然保護条例による)と識者や住民から高く評価され、また東京地方裁判所からも注目され検証に至った「羽澤ガーデン」(渋谷区広尾3丁目12番15号所在)を10月3日から解体、破壊することを宣明され、来る9月16日(金)及び17日(土)には地元の國學院大學院友会館において「説明会」なるものを開催する等、その正当化に躍起になっているようにうかがえます。
 しかしながら、かかる所為は何人も納得しない不条理かつ犯罪的なものと言わざるを得ません。その所以を我々は去る9月1日、司法記者クラブにおいてアピールとして公表しました。同封しますので、よくお読みください。
 日本を代表する企業のすることとは到底思われません。可及的速やかに解体という名の破壊を止めていただくようお願いいたします。
早々

羽澤ガーデンの文化財と景観を守る会
       総務理事 栗山尚一(元駐米大使)
       総務理事 前野まさる(東京芸大名誉教授)
羽澤ガーデン開発差止訴訟・近隣住民原告団
       原告団長 橘 充自
       弁護団長 斉藤 驍(守る会事務局担当理事兼務)

上記差出人代表 斉藤 驍
(連絡先)〒102-0093 東京都千代田区平河町1-8-2
山京半蔵門パレス302 斉藤驍法律事務所内
電話 03-3237-0888 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

三菱地所といえば

文京区小日向で地下室マンション
http://ja-jp.facebook.com/kohinata.bunkyo

小日向の環境に配慮した街づくり住まいづくりを守る会の活動

三菱地所レジデンスが計画している「(仮称)小日向1丁目計画」の概要は以下の通りです。
計画地:小日向1丁目72番1他  第一種低層住宅専用地域
敷地面積:1.602㎡ 建築面積:1,114㎡ 総延べ床面積 3,561㎡
地下1階地上3階 鉄筋コンクリート造りの分譲マンション 総戸数35戸
建築主:三菱地所レジデンス㈱ 企画設計:ラン(株)一級建築士事務所
設計者:大豊建設(株) 施工者:大豊建設(株)

計画している建設工事では、地下1階を掘り下げるこ計画している建設工事では、地下1階を掘り下げることとも相まって、車幅2mを超える工事用車両(4tダンプ8t積載)を車道180~190cmいう狭小な道路に、4~5分おきに1日100台通したり、あるいは運び込めない建設用重機を公道上自走させたりするという交通安全無視のものとなっています。これでは、地域住民の生活道路の確保はもとより、学童・園児および付き添われるご家族の方、高齢者の方々の身の安全の確保ができません。
http://kohinata244.blog.fc2.com/?no=1
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: