スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告・区議会】閉鎖的な渋谷区議会

渋谷区議会には、本会議、各委員会の他に、幹事長会、議員運営委員会、その他の会(例えばインターネット中継等協議会)がある。
議会内の会議は、原則、全て公開されることが法の要請するところである。
しかし、渋谷区議会内には、公開を極端に嫌う古参議員がいる。そして、彼らも本ブログを毎日見ていて、「また誰かが内部情報を漏らした」と、大騒ぎをして、犯人探しをするらしい。いつも堀切稔仁議員を吊し上げようとやっきになっている。「議会人としての自覚を持て」が、古参議員の口癖のようだ。
いい年した親爺が、小学生なみの言動で騒ぎ立てているようだ。本会議での、彼らの野次を見れば、だいたい想像がつくであろう。
彼らが、費用弁償廃止、インターネット中継開始等の議会改革を妨げている。
そして、若手の改革派議員の腹が据わっていないので、彼らの恫喝に屈してしまう。
しかし、渋谷オンブズマンは改革を諦めない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

絶対高さ制限は渋谷区は早期に導入しましたが

インターネット中継は
渋谷区のほうが遅れています。

良い方法

いっそ、いつ誰が、どこで、こう言った・・・と
全部書きましょう。
古参議員は、自分の発言が世間に知られるのが嫌なのです。
なぜなら、それは「区民の不利益」だと承知しているからです。

どんどん書かれれば、言えなくなります。
「議員の自覚」の前に「議員の資質」でしょう。
新米議員は頑張れ!区民に選ばれた職責は「区民のために働く」ことです。

すでに、筒抜け

委員会と称されるものは、数あれど、中身はほとんどありません。
役人が作り、議員は「異議なし」でおしまい。
議事録に残らないよう、やばい話は「休憩時間」に・・・
傍聴人を部屋から追い出して、こそこそやります。
少なくとも、この悪しき馬鹿げた風習を新人議員はバッサリ斬りましょう。反対する爺さま発言がここで暴露されるのを楽しみにしています。この国には「発言の自由」があります。
公表されて困るのはどちらかな?

顔見るのも嫌

そうなのよね~ 
恫喝するのよね~
下品なのよね~
入れ歯は飛びそうで、
口も臭いのよね~
爺様たち。

No title

あんまりくだらないことで怒らせないほうがイイと思うよ。
本気でスイッチ入るし・・・
くだらない議員のくだらない行状・・・
いろんなとこから、いろいろ聞こえてくるし・・・
思わぬところから・・・わかっちゃうし・・・

絶対高さ制限なんてインチキです

「絶対高さ制限」とは、絶対でもない、制限でもない。原宿団地は北側の日当たりの悪い「提供公園」を口実に、制限の1.5倍の60メートル。東京地裁が不当判決で、建築確認を追認しました。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。