スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【羽澤ガーデン】羽澤ガーデン解体に着手か?!

10月3日午前8:30、羽澤ガーデン正門前(渋谷区広尾3丁目)において、羽澤ガーデンの解体に抗議する人々の集会が開かれた。近隣住民、文化環境問題に取り組む市民・専門家ら、報道関係者が約80人が集まった。
その中には、斎藤驍弁護団長、渋谷区議・堀切稔仁、世田谷区議・木下泰之の姿も見えた。

羽澤ガーデンの現在の所有者である三菱地所(株)は、その配下の住民対策会社である(株)メイズ・プラン(横浜市青葉区あざみ野1-24-3 045-903-5165)の社員を派遣して監視をさせ、予め渋谷警察署に連絡して警察官に警備を依頼するという過剰な反応をした。これも、日本を代表する企業が、文化財を破壊しようとしている後ろめたさからであろうか。

3日は、大きな動きはなかったが、閉ざされた門の中から何らかの工事の音が聞こえたので、解体工事に着手したことが推測される。

今後、本格的な解体工事に進むのであれば、更に大きな抗議行動が予想される。

羽澤10月3日 001
羽澤10月3日 002

img541.jpg
     産経新聞(9月4日朝刊)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

区民の心からの叫び

今日の朝日新聞 朝刊を見てごらんなさい

新宿区 神楽坂の建物5件、さらに今後4件が保存へ向けて、市民団体と新宿区が協力して進めていくと書かれていました。

保存へ向けた建物は築50年程度の民家です。
羽澤ガーデンに比べれば、規模も価値も歴史も比べ物にならないくらいでした。それでも、街や区民の希望と環境、景観などの観点から保存するための登録が始まるそうです。

羽澤ガーデンを守れないのは渋谷の行政の問題だと思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。