【情報公開】これが最高裁で勝ち取った情報公開決定だ

以下の写真は、平成23年9月1日の最高裁決定によって勝ち取った情報公開の変更決定である。
公文書の件名は、
�神宮前国際交流学級奨学金給与状況
�原議「神宮前小学校への国際交流学級の設置に係る、行政財産使用許可の協議について」
�原議「神宮前小学校への国際交流学級の設置に係る、行政財産使用許可について」
である。
本件公文書を、渋谷区は「住民訴訟係争中であるから」という理由で非公開として、最高裁まで争って敗訴した。
係争中を理由をに非公開が許されるのであれば、監査請求、住民訴訟を起こせば、それに関係する公文書が全て非公開となってしまう。こんな不合理なことが許されるはずがない。
最高裁へ上告したのは渋谷区であり、その訴訟費用は、勿論、区民の税金である。

img543.jpg

img542.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

情報公開について渋谷区はどう考えているんでしょうか?
考えていないから、こうなるんでしょうか?

No title

情報公開仲間で。早速話題です

No title

これって「判例集」に載るんですか?
最高裁の判決。これ以上はないわけで、裁判を理由に情報公開しないと言うことは出来なくなりました。

あたりまっちゃ あたりまえ。

No title

国と渋谷区・・・
情報公開で争ってる裁判の内容は同じだね。
ないものは、ない?初めから?
捨てればいいの?
渋谷の情報公開の審議委員会もね・・・働いてんのかな??
ここも、税金でしょ?
裁判費用も税金。審査会の維持も税金。
一体どっちが、「おてんとうさま」に誉めてもらえるか・・・
考えよ~よ。

渋谷区 ざま~みろ!!

はよ、出さんかい!!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: