スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【羽澤ガーデン】門が撤去され、小型ショベルカーが搬入された!

東京地裁で開発許可差し止め等の行政訴訟が係属中の羽澤ガーデン(渋谷区広尾3丁目)では、いよいよ開発業者(三菱地所)による解体作業が始まった。正門は撤去され、小型クレーン車が搬入され、敷石をはがしていた。
ここでもまたもやマンション開発のために、文化と歴史と緑が失われていくのであろうか。


羽澤10月24日 003
         羽澤ガーデンの正門付近(10月24日午後撮影)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ことばがありません。
残念です。
でも、あきらめません。
この先の羽澤を作らないために、この先も、きちんと法的手続きは必要だと思います。行政や、業者は、住民の反対活動で、計画の変更や中止になる前例になることを避けたかったのでしょう。更に、活動に協力してきた人々の虚しさを逆利用して、このような住民運動が「無駄」であると、区民を疲弊させるのが強硬突破の目的の一つだとと思います。
申し分ない結果は望めない状況かもしれませんが、だからと言って、このままでは済ませない・・・気迫と気持ちを持ち続けたいと思います。

No title

世界中で異常気象による被害が拡大しています。
地球への人類の負荷が問題になっています。
羽澤は、100年の時間が自然を守ってきた貴重な都会の「自然財産」です。大きな災害が、都心を襲った時、多くの人々はこのような森や林(公園)を求めるでしょう。本能的に自然が命を守る場所であることを知っているからです。このような大事な森が無くなることを黙って見過ごす渋谷区も、開発業者もいつか罰が当たると思います。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。