【ホライゾン学園】本年度の神宮前国際交流学級児童の奨学金給与状況は不存在

渋谷オンブズマンは、情報公開決定処分の取消訴訟で、最高裁において勝訴したことは、度々報じている。そこで開示させた文書は、平成21年3月31日時点の神宮前国際交流学級の奨学金給与状況(写真1)であるが、平成23年3月31日時点の同じ文書を情報公開請求したところ、非公開となった。理由は、取得も作成もしていないということである(写真2)。
渋谷区教育委員会は、神宮前国際交流学級に関して、平成21年3月31日時点では掌握していた情報を、2年後の平成23年3月31日時点では、全く掌握していないということである。
公共財産である公立小学校を無償使用させていながら、わずか2年間で、渋谷区教育委員会の管理状態に変化が生じている。渋谷区教委は、神宮前国際交流学級に対して使用料を免除した理由に、「授業料を払えない、裕福でない家庭の児童がおり、奨学金を貰っている。」と説明していたが、どうなっているのだろう。使用料免除決定は、毎年、改めて判断するのであるから、本年度の使用料免除決定は合理的な調査と判断がなされているとはいえない。

img557.jpg
           (写真1)


img566.jpg
              (写真2)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

出た~

渋谷区教育委員会・・・得意の「不存在」ですね。
いつまでこんなことをやるんでしょうか?
いい加減、全く反省していませんね。
開示を隠して、上手くいく時代は終わりました。

不存在

絶対オンブズマンに狙われると考え、調査を辞めました・・・ってか?
ないものは無いんです!ってさ。
税金泥棒集団

No title

裁判で出させましょう。
調査してないのなら、調査して提出を求めましょう。
税金を使われている区民の権利でしょ

No title

渋谷区教育委員会・・・警察入って頭狂った?
もともとおかしいけど、更にグレードアップじゃない?
千葉もえらいときに教育次長・・・だなんて御苦労サン。
菅原・・・どこまでやるつもり?
あんたが、桑原の靴にゲロ入れれば終わる話。
吐きたいぐらい、嫌いでしょ区長や教育長・・・吐いたら?すっきりするわよ。

はじめに無償供与ありき

奨学金云々は、後付けの言い訳だったのだ。
一度嘘をつくと、際限なく嘘をつき続けなければならなくなる。
だから、嘘はいけない。
それにしても、渋谷区はこういう嘘が多すぎる。
関係者は、子供たちの顔が、まともに見られるのだろうか。
どうやって自分の良心を眠らせているのだろうか。
首長が交代して、一度きれいにしないと、にっちもさっちもいかない。
桑原区長の辞任を求める。

不存在なら

会計で奨学金でないはずだし、万が一捨てたり処分したなら公文書毀棄罪だな。
てかこういう隠蔽ばっかって本当に最悪だし、悪いことしてるのは明らか。

No title

嘘つきはくわはらの始まり

ホラ依存なだけにいただけない

不誠実な対応
また裁判で管理職以下まで指定して差し上げれば

犯罪の片棒担いだ責任負わせないと
公開処刑で
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: