スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事紹介・情報公開】渋谷区長の異常な要請・・・毎日新聞が報道

渋谷区長・桑原敏武は、渋谷区議に情報公開をしないように要請して物議を醸しているが、これは余りに異常な要請であり、毎日新聞(11月5日朝刊)が大きく報じている。
又、堀切稔仁議員の情報公開請求に対して、渋谷区は3ケ月以上、可否決定も期間延長決定も出しておらず、これは明らかな違法行為であり、今後、渋谷区の釈明は霞ヶ関で聞くことになろう。
現在、渋谷区は3件の国賠訴訟を提訴されていて、その内1件は、東京高裁でも渋谷区が敗訴し最高裁へ上告している。
違法行為を平然とやってのける渋谷区長・桑原敏武は、大型公共施設の建築等でも何をやっているかわからない。


以下、毎日新聞(11月5日朝刊)の記事である。

情報公開請求:渋谷区長が自粛要請 区議は反発

東京都渋谷区議会議長が区長の要請を受け、区議に情報公開請求を控えるよう申し入れをしていたことが分かった。しかし、区情報公開条例は区民は誰でも請求権があると定めており、区議からは「行政のチェックを妨げる」と反発の声が上がっている。【日下部聡】

毎日新聞が情報公開請求で入手した8月29日の渋谷区議会各会派の幹事長会議事録によると、区長与党である自民党の前田和茂議長は「8月11日に区長から要請があった」として、各会派の幹事長に対し「調査すべき事項がある時は、議会としての権限の中で動くことを確認したい」と述べ、情報公開制度の利用を控えるよう申し入れた。

これに対し、区長野党の民主・共産両党の幹事長から「(誰でも請求できるという)条例の大原則を崩すのは賛同できない」「そういう確認自体がおかしい」などの批判があり、議長が重ねて申し入れる形で議論は終わった。

毎日新聞の取材に対し、前田議長は、議会事務局を通じて「議事録に書かれている通り」とのみ答えた。

桑原敏武区長は取材に対し、「かつて区議の大量請求で職員が苦労したことがあった。議員を請求者から除外する条例改正は難しかったので、議会内で考えてほしいとお願いしてきた。4月に新しい議員が入り、また大量請求が出てきたので、改めてお願いした」と説明した。

また、「重箱の隅をつつくのではなく、新しい街づくりという観点から提言してほしい」と議員に求め、批判については「意見の違いはやむを得ない。議会全体としてはご理解いただいたと考えている」と述べた。

一方、市民団体「渋谷オンブズマン」出身で、4月の区議選で初当選した堀切稔仁区議(無所属)は「情報公開制度を多用する私へのけん制ではないか。区議個人に特別な調査権はなく、区政のチェックに情報公開請求は必要不可欠」と話す。

全国の地方議員有志による「開かれた議会をめざす会」運営委員で、栃木県矢板市議(無所属)を5期務めた宮沢昭夫氏は「議会が自ら情報収集の権利を狭くするのはおかしい」と指摘。「少数会派の議員が議会を通じて情報開示を求めても、議長に許可されないことがある。そういう時に情報公開請求は有効な手段」と話している。

同区議会では02年にも、情報公開請求の自粛を申し合わせようとして問題化し、見送られた経緯がある。

新藤宗幸・東京市政調査会常務理事(行政学)の話 議員であろうと区民としての請求権はある。議会としての調査権があるのだから、まずそれをきちんと行使しなければならないが、こんな議論が起きること自体、渋谷区議会が行政のチェック機能を果たしていないとの疑念を招く。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

そうそう。渋谷区のことが、どんどん世の中に出れば、「口を慎む議員」も、「自分の頭で考える議員」も増えるでしょう。
自分たちが「重箱の隅」にいて「つつかれている」ことに早く目覚めましょう。

No title

情報公開って、自治体の体制を?姿勢をはかるバロメータみたいなもんでしょ・・・これが駄目って区長が駄目ってこと
首長の覚悟も何もないってこと。

No title

今朝の朝日新聞にも記事が出ましたね。
やっぱ渋谷区って変ですよね。

渋谷区の情報公開

渋谷区教育委員会は、情報公開請求に対し、「物理的不存在」を自分たちで作っています。たとえば・・・開示請求された会議の音声データを、開示請求のかかった日の夕方にあわてて提供者に発送して「不存在~」ってやるそうですよ。
私の友人から実際聞いてほんとに笑っちゃいました。
馬鹿らしいの通り越して、ギャグでしょ。
これが、税金で給料を貰って「区民に奉仕」するはずの区の職員。教育委員会教育次長のやることですよ。
他にも、公開された文書には不思議と隠ぺいがたっぷり。偽造捏造破棄の3点セットです。
やった人達はそろそろ首洗って待ってたらどうですか?

ウィキりークスのタイミング

話題には「時期」があります。
きっと今の渋谷の旬は「情報公開」
みんなで、アサンジンしましょ。

No title

渋谷の公共事業受給社と、区議会議員の関係、区長との関係・・・広く区民に公開しましょう。お隣の世田谷は、課長以上の退職と天職先を公開しています。「区民の行政の信頼に対して必要だと区長が判断したため」だそうですよ。なるべく隠したいこっそり渋谷と情報開示の世田谷・・・隠れてしなきゃいけないことが渋谷は多すぎるんじゃないの?

No title

とっとと、数学の専任教師よこせ!

前田~議長?偽長!

お前さ、自分が言ってることわかってんのか?
新聞社の取材が来て慌てたんでねえの?
コメント寂しすぎるだろ。
それから、お前の写真若すぎ。あれじゃ詐欺だろう・・・
実物が並ぶと別人だろう。
何もかもいい加減にせえよ!

手をつなごう

最近区役所の中から聞こえる小さな声・・・
報道という拡声器にのせて一気に「役所」を改革しましょう。
声を上げ、正しいことは正しい。やってはいけないことには『ノ―」が言えるようにしましょう。そろそろ結束しましょう。
渋谷はオンブズマンこそが「最後の砦」であるとそろそろおわかりでしょう?みんなで変えましょうよ。

No title

市民団体出身の議員が一人でもいれば、確実に行政が変わることが分かります。堀切さんには是非もっと頑張って渋谷の腐った根っこを掘り返して頂きたいものです。地中にある「嫌気性の菌」は空気やおてんとうさまにさらされただけで死にます。まずは、情報公開という発掘作業が重要です。菌の繁殖と、原発巣(区長)の完全殺菌を目指しましょう。

渋谷の問題は開示だけじゃありません

渋谷の情報公開記事で先頭をぶっちぎる毎日。
よそが書けば気になる朝日?追いかけ専門の東京?
マスコミも記者次第。本質が見えてる日下部さんに一票!

情報公開って区長がお願いするもの?なの?

桑原敏武区長は取材に対し、「かつて区議の大量請求で職員が苦労したことがあった。議員を請求者から除外する条例改正は難しかったので、議会内で考えてほしいとお願いしてきた。4月に新しい議員が入り、また大量請求が出てきたので、改めてお願いした」と説明した。

ふ~ん
桑原はいっつも情報公開で「お願い」してるんだ。
このコメントそのものが馬鹿みたい。首長として・・・恥!
区長が情報公開でお願いするたんびに、役所内は右往左往してるわけね。行政を混乱させてるのは「新しく4月に入った議員」じゃなくて「古くて腐ってる区長」あんたでしょ。


地方自治、議会どっちも・・・

こんな議論が起きること自体、渋谷区議会が行政のチェック機能を果たしていないとの疑念を招く。

ってさ。頭の良い人はホントよく見えていらっしゃる。渋谷の今をもっと見たら、自治体へのさらなる権限移譲に反対したくなるよね。

愛する子どものこと

めぐみさんが生きてるかもって・・・
日本はもっと何とかすべき。
中学生が学校帰りに他の国のスパイにさらわれて33年・・・
政治は一体なにしてんだか・・・
両親が生きてるうちに何とかすべき。でしょ!
ギリシャの破綻や通貨危機よりこっちのほうが気の毒
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。