スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【投書】渋谷区の地域団体と職域団体

以下の匿名投書があったので紹介する。

町会、商店会といった地域団体や職域団体は、渋谷区の場合、地域利益誘導団体であり職域利益誘導団体である。
昔から渋谷区の各種地域団体は行政におんぶにだっこと言われてきたが、金も人もノウハウも区役所がやり、自分達は偉そうに意見だけしていれば良いという時代ではなくなったということに未だ理解できていない。
区に、金も人手もない時代であることに気付いていないのである。

区長は地域団体や職域団体を大事にしている。それは必ず票で返してくれると思っているから、ひたすら恩義を売るのだ。しかしそういう時代ではないことに双方とも気付いていない。
町会の役員だけを温泉に連れて行き、芝居見物をさせ、区政功労者として表彰する。未だこんなことを毎年繰り返している区は、23区で今や渋谷だけである。
地方を取り巻く財政状況が悪化してきているなら、尚更、無駄遣いだと批判されても仕方ない。地方の過疎地域の町村だって、こんなくだらないことはやっていない。むしろ、人口流出する自治体の財政を立て直すために、無償で住民に行政の一端を任せて、ボランティアで行政運営に協力してもらうという努力を初めている。

しかし、渋谷区の町会や商店会も人口減少で会の運営がうまくいかなくなり始めている。若者がだんだん参加しなくなってきたからだ。
会の役員がいつも口だけ偉そうなことを言い、雑事は全部を若い者まかせにしてれば、誰も住みつづけたくなくなるには当然だろう。
特定の地域団体や職域団体に金や箱ものを落として、票を買収する、このやり方自体がうまく機能しなくなってきているのに区長も団体役員もそろそろ気がついてもいい時期だ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

低投票率だから

そう言われても、他の集票マシンは思いつかない。
どうせ低投票率だから、かたい票が少しあれば大丈夫。
まだまだこれでいける。
彼らはそう思っているに違いない。
皆さん選挙に行こうよ。

No title

若いもんに仕事を押し付けるときに言うのよ
「おまえんとこも、仕事もらってるだろう・・・」って

結局、町会も商店街も組織にいて奉仕のふりして営業活動ってこと。一緒に強要される側は馬鹿みたいってこと。

だから、地元の馬鹿息子ばっかりが繰り返し「のさばる」ってこと

No title

西原のスポーツセンターの隣に区の老人施設があります。
ここは環境も待遇もピカ一です。

ところがです・・・
公明党、創価学会関係者ばかりが入居するそうです。
税金で建てられた箱ものに税金で優遇をうけて、裏口入居。

日本国憲法には宗教の自由があるので、決して入所の選定には関係ないとおっしゃるでしょうが、中に居れば、学会人ばかりが増えるのは解せません。

いつの間にか渋谷区では、区の施設が「創価老人ホーム」になり区の施設が宗教に利用されているのです。そもそもこのホームの管理者の中に、学会の幹部がいて、公明党議員も積極的に口利きして入居させているのです。こんな馬鹿な話がありますか?

中では、学会の集会が行えるくらい学会人が住んでいます。
汚いやりかたです。地元の独居老人より公明党に税金をつかって優遇するなんてほんとに腹が立ちます。

No title

子どもの就学相談に行きました。
出てくるのは、どこかの校長上がりの爺さん相談員や婆さん相談員ばかりで、区におべっかばかりで教職畑にいたような、しょうもない人ばっかりです。まともなアドバイスもなく専門知識もなく、実態にそぐわない的はずれな話ばかりでした。正直時間の無駄です。
こんな人ばかりを再任用やら再雇用するから、現場でも声は上がらないでしょうし、本当に困って相談にくる親のことなんて考えられないんだろうと思いました。一体、どんな経歴の人間を配置しているのか公開すべきです。もうすこしましな「相談員」にしてください。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。