【区議会】本会議で堀切稔仁議員が質問に立つ

渋谷区議会第4回定例会の本会議(11月30日)において、堀切稔仁議員が質問に立った。
質問内容は、以下の通りで、新人議員らしく、元気よく、区政の不正を追及した。与党であるのか野党であるのか、よくわからず、すぐに区長に迎合する新人議員とは違い、筋の通った政治姿勢が新鮮であった。

①NPO法人シブヤ大学に対して、5年間にわたり、神南分庁舎を違法無断転貸をしていた(株)渋谷サービス公社を追及したが、取締役である柴田総務部長、千葉教育次長らの責任も重大であると釘をさした。
今後、議員の口利きで、庁舎を無償使用するNPO法人は無くなるであろう。
②渋谷区は、堀切議員の情報公開請求を議員であるという理由で拒否するという、明白な違法行為を犯している。本件に関して、柴田総務部長を追及すると、係争中を理由に逃げようとしたが、更に食い下がって、「ライン(組織)で決めた」との答弁を引き出した。これの意味するところは、区議会議員の情報公開請求権を侵害するという違法行為は渋谷区長・桑原敏武の命令によるものであるということであり、今後、桑原区長は損害賠償責任どころか刑事責任も問われかねない。
と同時に、ここまでなめられた渋谷区議会は恥を知るべきだ。脳軟化を起こした老人区長に、媚びへつらうのは本当に見苦しい。

その他、区立学校の私費会計、幼保一元化について質問した。

次回の質問も、堂々と渋谷区政を追及して、悪政と真っ向から対決する渋谷オンブズマンの姿勢を示して欲しい。

IMG_2332.jpg
              渋谷区議会議員・堀切稔仁
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

堀切議員の活躍、本当に心から応援いたしております。
渋谷の子ども達を守って下さい。
区長と区教委の不誠実•不見識な教育放棄計画に待ったをかけて下さい。
切にお願い申し上げます。

私も同感です。
渋谷区政のでたらめ。
渋谷教育委員会の質の悪さにはヘキヘキです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: