【公有財産購入】神宮前に保育園開設目的の土地購入か

渋谷オンブズマンは、平成24年度渋谷区予算に対する地区町会連合会要望書を入手した。
それによると、神宮前地区町会連合会は、「神宮前小学校の国際学級を廃止し、空き教室に保育施設の設置を要望します」と、神宮前国際交流学級の廃止を明確に要望している。
しかし渋谷区は、本年に限り、町会連合会の予算要望書を議会の伝達しておらず、各会派の議員は不可解に思っていたところである。渋谷区長・桑原敏武が、神宮前地区町会連合会が、神宮前国際交流学級の廃止を要望していることを秘匿しようしてのことなのであろうか。

更に渋谷区は、今回の渋谷区議会定例会に補正予算(案)を提出して、公有財産購入費として6億3913万円を計上していて、これは神宮前5丁目に保育園開設のための土地購入費であるという。

しかし、違法で税金の無駄遣いであり、区民に何の利益ももたらさない神宮前国際交流学級を廃止して、そこに保育園を設置すれば、新たに税金を使って土地を購入する必要はない。
本件土地購入は税金の無駄遣いであり、住民監査請求の対象になることを、渋谷区長・桑原敏武に警告しておく。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

議会に情報を秘匿しておいて情報公開を制限。

 桑原区長は、議会、議員の「調査権」とやらを口実に、議員の情報開示請求を制限しようとしているのだ。ところが、その一方で議会、議員に情報を秘匿していた。
 あいた口がふさがらないとはこのことだ。

 ところで、昨日の東京新聞に「藤沢市副市長 公務外で公用車使う 市長後援会金銭問題で」という記事が出ていた。(朝日新聞にも出ていた) http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20111209/CK2011120902000046.html
 区民の皆さん、渋谷区で普通に行われていることは、よそでは大問題になるようなことなのだ。
 それもこれも、区民の皆さんが区政に無関心で、投票率が40パーセント未満というていたらくだからだ。落選の心配がないから、桑原区長は「やりたい放題」だ。

新井副市長 辞職

http://www.geocities.jp/daigiri111201/20111125.htm

藤沢市の不透明な土地取得をめぐって、市議会が設置したいわゆる100条委員会に証人として出席している副市長が、体調不良を理由に辞職することになりました。

渋谷の常識は世間の非常識

昨日の朝日夕刊の公用車不正使用の記事を見て、首を傾げた区の管理職も多かったのではないだろうか。
えっ、これのどこが悪いんだ? あたりまえのことじゃないの?、と。
ことほどさように、公用車使用の公私混同が甚だしい。
渋谷区では、だから、運行日誌も敢えてつけないのだ。

No title

公用車の記録には、同乗者も記録しませんか?
まさか、教育長との同行に「ゆっくり」使ってたりして・・・

No title

神宮前地区町会連合会

怒ったら?
区長の必要な時だけ利用されて・・・
こちらの要望は無視?抹殺?
こんなことに黙ってるの?
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: