スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事紹介】渋谷区長・桑原敏武に謝罪広告掲載命令

16日夕方のフジテレビのニュースで、渋谷区の広報誌である「しぶや区ニュース」の平成23年3月1日号の「お元気ですか、区長です」が、名誉毀損に当たるとして、東京地裁は渋谷区に謝罪広告掲載命じる判決を下したことが報じられ、フジテレビのサイトに動画と共に、以下の記事が掲載されている。
違法行為常習者・桑原区長は、全国的に有名であり、更に意味不明のコメントをして、渋谷区民は恥ずかしい思いをしている。早く辞めてもらいたいと願うのは、私だけであろうか・・・

東京・渋谷区が区民に配布する行政広報紙で、区長のコラムが名誉棄損にあたるとして、地元コミュニティー紙が慰謝料550万円を求め、区長らを提訴した。
裁判のきっかけになった渋谷区の桑原敏武区長(76)のコラムは、「私を誹謗(ひぼう)する新聞折り込みがありました。多分、ほかの区長候補を有利に誘導するためのものでしょう。目的のためには手段を選ばぬ行動であり、残念に思います」というもの。
区長が、「ほかの候補を有利に誘導するためのもの」と批判したのは、地元で発行されているコミュニティー紙「ジャストタイムズ渋谷」。
この直前、「桑原区政の8年」と題した特集記事を載せ、「失政」、「組織の体を成していない」などと、厳しい言葉で区政を批判していた。
ほかの候補を有利に誘導しているとした区長のコラムに対し、ジャストタイムズ渋谷の森川隆夫代表は「どういう点が誹謗にあたるのか、具体的に指摘してほしいと、(区長側に)さまざまな質問を繰り返したのですが、一切答えてもらえない。そういうこと(批判)を一切しちゃいけないなら、メディアは役に立たないじゃないですか」と語った。
そこで、特定の候補を支援しておらず、名誉を傷つけられたとして、550万円の損害賠償と、謝罪広告の掲載を求め、桑原区長と渋谷区を訴えた。
このコミュニティー紙は、1998年の創刊以来、区政のさまざまな問題を追及してきた。
行政代執行にまで発展した、宮下公園を「ナイキ公園」にしようとした問題では、区長らが独断で決めたと批判した。
森川代表は、ナイキ公園問題について、「計画自体が区民にも区議会にも明らかにされなかったし、こういう議論が一切捨象された状態で、決まっちゃうのが問題」と述べた。
さらに、2010年に渋谷区がおよそ6億3,000万円で購入し、現在は公園が造られている土地について、コミュニティー紙は、当時桑原区長がすぐ横のマンションに住んでいたことから、「自宅の前にマンションを建てられたくないから土地を購入したのでは」と追及していた。
裁判で、渋谷区側は、コミュニティー紙の記事について、「このような記事が、区長選挙を間近に控えた時期に発行されていることからすると、渋谷区長には当然に、このような誤解を解くため、区民に説明する必要がある」と、広報紙でのコラムは誤解を解くための説明と主張した。
しかし9日、東京地裁は、渋谷区の広報紙に謝罪広告を掲載するよう命令した。
その理由として、裁判官は「『目的のためには手段を選ばぬ行動』などの抽象的な論難が誤解を解くための説明になり得ていない」と指摘し、仮に誤解を解くためとしたら、具体的な根拠を示したうえで反論する必要があったとした。
区の主張が認められなかったことに、桑原区長は16日、「わたしにしてみれば(裁判結果は)不本意だなと思っています。(判決は)わたしの行為については、適法だと言っている。だけども区としては、こんなもの出したのかと言っている。区のやることは、区長が考えていることと一体なんですから。なんでこういうことやるのかわからないです」と述べた。
これまで、コミュニティー紙で取り上げられてきた自宅マンション前の土地などに関する問題については、議会の議決を得ていると強調した。
桑原区長は「わたしが勝手にこそこそやることではなくて、議会の議決を得て、目的もしっかり話して、経緯も話して、取得したものについて、何か違ったことを言われるのは心外です」と述べた。
そして、今回の判決を受け控訴するかどうかは、「答えられない」と明らかにしなかった。
(12/16 17:51)

kuwat1.jpg
        違法行為常習区長・桑原敏武


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

やめて下さい。

FNNの報道

これがFNNのニュースです。→ http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00213682.html
この工法は、桑原の選挙を有利にしました。公選法違反ともいえると思います。アンフェアなことを平気でする人です。

No title

No title

宮下公園国賠の争点の一つをこんなにあっさり無視してはダメですよ!原告はこう言っています。

(引用開始)
被告は、被告と株式会社ナイキジャパンとの間で締結された契約において、地方公共団体の負担を伴う一定の条件が付されていないことを根拠に地方自治法96条l項9号の「負担付きの寄附又は贈与」には当たらない旨主張している。

しかし、被告と株式会社ナイキジャパンとの間で締結された契約においては、株式会社ナイキジャパンは、被告から宮下公園のネーミングライツを付与されることの対価として、使用料に加え自らの費用で整備した公園施設の引き渡しを被告に対してすべき義務を負っており(乙18「基本協定書」8条)、かかる義務が履行されない場合は、ネーミングライツを付与する契約は解除される(同14条)と定められている。

また、甲14号証の「第1回渋谷区立宮下公園施設ネーミングライツ選定委員会議事要旨」によれば、被告松井副区長は「宮下公園にスポーツ施設を整備し区に寄贈するとともにネーミングライツ契約をしたいとの提案が2社からあった。負担付き寄付となれば議会の議決が必要となる。 寄付とネーミングライツは分けて考えたい。」などと発言をしており、かかる発言は、被告と株式会社ナイキジャパンとの間で締結された契約が、実質的には、負担付きの寄附又は贈与に当たることを被告自身認織していることを裏付けるものである。

以上によれば、被告と株式会社ナイキジャパンとの間で締結された契約が、「寄附又は贈与を受ける際に、反対給付的な意味において、普通地方公共団体の負担を伴う一定の条件が付され、その条件に基づく義務を履行しない場合は、当該寄附又は贈与が解除されるようなもの」(乙51)に当たることは明らかである。
(引用終了)

松井副区長が議会の議決行為にあたる可能性を認識しておきながら、実際にはしないという行為が裁判所にどう認定されるか楽しみです(笑)

北朝鮮

金正日が死にました。
心筋梗塞とか・・・
次は、渋谷のジョンイルの番だと期待しています。

何のこっちゃ?

。(判決は)わたしの行為については、適法だと言っている。だけども区としては、こんなもの出したのかと言っている。区のやることは、区長が考えていることと一体なんですから。なんでこういうことやるのかわからないです

さっぱりわからん

控訴~?

やってみ~
どこまで、税金使えば気がすむねん?
アンタノ馬鹿頭につぎ込むために、働いて納税しとるんとちゃう。
なんぼ馬鹿でもいい加減にせえよ!

No title

毒饅頭を公用車の中に常備。
公用車で公務に行く途中、急な心筋梗塞で・・・

運転手さん、たとえその場所が病院の前でも、素通りお願いね~
区民のためよ。「お休みになってると思いました」で良いからね。
誰も、悲しまないし、責めないから、首長の奥方も介護がない上退職金と年金独り占めで大喜びだから。

No title

早く「謝罪」がききたいな~
他にもいっぱいいると思うよ。あっぱれジャストタイムズ!

さよなら

区長と教育長の痴話喧嘩は、まんぎょんボン号でどうぞ。
貸し切りで構いません。北朝鮮につくまでやってください。ジョンイル様のご葬儀は28日だそうです。
早くお発ちになってください。

お元気じゃないよ 区長サン

いや~最近の渋谷は楽しいね。
桑原が選挙に出た時は「げげっ」て思ったけど、再選されたら、ドンパチやり放題で楽しいわ。裁判、マスコミ、議会・・・弱り目に祟り目ってやつ?
最近、町会の風当たりも酷くない?
アンタノ包囲網完全に出来上がりつつあるから。
いや~楽しいわ。権力のある人間が、権力の及ばないやつらにやりこめられて・・・脅しも通用しないしね。もともと何の関係も利権も利害もない人間が一番強いのよ。

利権や金にくっついてる人間なんて、もともと、カスなんだから。
そんなのばっかり周りに侍らせたところで・・・何の役にも立たないしね。寒い冬にたった独り。年寄りの冬は厳しいね(笑)

おもらし

アドレス添付ありがとうございます。
テレビのニュース見れなかったので、助かりました。
それから(笑)ました。
で・・・

最近の区長は、思ったことをきちんと言葉で表現できな~い。
と言うより、もともと桑原の頭の中はこの程度なのかもしれな~い。
更に、思うように言葉が出なくなった桑原は、その苛立ちが下半身に禍するらし~い。
言いたいことが言えな~い。マスコミが来て悔し~い。裁判で負ける~なんて~・・・謝罪文を掲載する~なんて~・・・と思うだけで、感情が高まり、「じょじょ~っ」と漏れるらしい。失禁なる少量のミスではな~く・・・。一度開いた栓は自分の意志では閉められぬほど緩んでしまっているらし~い。口は閉じて、海綿体と栓は緩み放題~。ありゃりゃ。

高分子吸収シートな部下

桑原の部下である要素に最近新たな使命が加わったらしい。
「高分子吸収力」漏れ溢れる桑原の思いを受け止め、瞬時に固め、匂いを察知されないスピードで吸収する能力である。
口で受けるものあり・・・秘密の場所を提供するものあり・・・
その難解な使命をそつなくこなせる人材が寵愛を受ける。
ほとんど、老人介護の世界である。要介護認定も受けず「のさばる」後期高齢者。次の区長が座る前に、区長室のソファーと椅子と公用車の後部座席はおしっこのしみだらけになるかも知れない。
区長が、公用車を毎年買い直す不可思議な理由は本当はこの辺にあるのかもしれない。

(笑)

漏れ漏れエロ爺・・・って名前?

850億の浪費?老費?老被?

76歳じゃあ、漏らしても仕方無いだろう。
漏らすことが問題じゃなくて、問題は、おもらし爺さんが首長やって、シッコ漏らしながら850億円使い切ってるってとこだろう?

法治国家万歳(まんせい)!!

ジョンイルが死んで血迷った北が、テポドン ボタンをポン!
裁判に負けて悔しかった桑原が、宇田川町の4階で お手製のテポドン ボタンを ドカン!!オンブズマンを狙ったのに、精度が悪くてジャストタイムズに着弾。またまた、裁判になりましたとさ・・・って。

No title

テレビ映像見ました。
桑原区長ってほんとに小心者なんですね。
呂律が回ってないし、口はカラカラ?目は泳いでるし、言ってる内容はさっぱりわかりません。内容より以前に、日本語の文になってない。高学歴も高校卒業までで、その後の悪行で脳みそが壊死したみたいですね。

No title

私が妻で、この人の奥さんで、愛情があれば、もう引退して、夫婦でゆっくり老後を楽しみましょう。と言うでしょう。お金もあり、時間もあれば、元気なうちに旅行や趣味を共に楽しみたいと願うでしょう。本人の希望だとは思いますが、こんな年まで、公用車にノッテ下らない部下にへいこらされていい気になってる夫に夫人が一番幻滅してるのかもしれませんね。死ぬまで外で働いて。家に居ないで!と思っているのでしょう。確かにこんな人が一日中家にいたら、ノイローゼになりそうです。桑原家の家族が桑原を外で死ぬまで働かせたいのでしょうね。そういう意味では、家に居場所もないから、老後のために、自宅の前に公園を整備したんでしょう。家に居られない自分のために、六億の土地を購入したのでしょう。
隠居して惚けた桑原がブランコに乗れるよう、公園にブランコを設置しましょう(笑)シーソーは相手が必要だから駄目です。

絶句

>区のやることは、区長が考えていることと一体

この言い回し、吉田万三元足立区長や矢野裕狛江市長より共産党的なんじゃあるまいか。
金正日総書記と比して茶化されるのもむべなるかな、と思えるセンス。

No title

公園用地
6億は最初の金額
その隣の土地も4億近くで購入していることもお忘れ無く
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。