【トルコ訪問団】トルコ共和国イスタンブール市ウスキュダル区の議員団受入事業

11月22日、渋谷のセルリアンホテルで開かれた、トルコ共和国イスタンブール市ウスキュダル区の議員団との食事会等の交流事業の経費がわかった。
観光バス借り上げが16万4000円、歓迎会が56万7000円である。歓迎会とはセルリアンホテルでの飲食費である。
渋谷区とウスキュダル区は、区長や議員同士の友好都市交流が、区民の税金で食事を楽しみながら益々深まっているようである。


img580.jpg

img581.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

区民には何の恩恵もない

こちらからも、議員や職員がトルコを訪問している。
在住大使夫妻の能楽鑑賞紹介等もしている。
「国際交流学級」=ホライゾン学園に校舎を無償で提供もしている。

費用を負担している区民は、この「国際交流」から何の恩恵を受けているのだろうか?

こんなに「国際交流」をしているのは、渋谷区だけなのではないか?
ほかの区レベルの自治体で、「国際交流」を行っているところは、どこがあるのか?
そして、予算はいくらくらい使っているのか?
交流は広く区民に開かれているのか?

信濃(源)家ゆかりの葛野野菜の大根と粕汁

道路使用許可や電気代にチャクトウと買掛金/売掛金を年別.市別(ほうずき・達磨ナド)に

整理清算を行った=糸屋の銭洗い募金販売会と市清算会=は、

国内種の郷土野菜に拘った=大根焚と冬の味覚の接待会=を伴って

糸屋安全衛生協議会が公取などや税関に検疫所と皇宮が確認した

糸屋の売出とは別に各地の野市で開催し百貨店が工夫して各社が協賛しました。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: