FC2ブログ

【政務調査費】政務調査費あり方検討会

渋谷区議会は、前田議長(自民党)の諮問を受けて、27日(月)に政務調査費あり方検討会を開催する予定である。座長は、副議長の栗谷順彦(公明党)である。
是非、月額20万円の政務調査費を引き下げること、飲食を伴う会合(各種団体の新年会や総会)の会費を政務調査費から除外すること、明確な目的のない研修旅行の費用は政務調査費では認めないこと、を検討して欲しい。

しかしながら、この検討会での結論が議長に答申されても、何ら法的拘束力はなく、所謂、紳士協定にしかすぎない。違法・不当な政務調査費の支出を返還させるには、法令に基づいて、区長が返還命令を出さなくてはならない。あるいは住民監査請求、住民訴訟で勝訴して返還させるという方法もある。

政務調査費あり方検討会は、27日(月)午後に開催される予定であるが、傍聴が可能であるかどうか、渋谷区議会事務局庶務係(03-3463-1094)へ問い合わせてみてはどうだろうか。
丸山議員(自民党)、植野議員(公明党)がどのような発言をするのか、マスコミの皆様には、面白いと思う。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

議事録残しておいて。
出席者、暫時休憩の発言はメモで残して・・・
お願いね。後で開示するから。

何の役にも立たない?

自分たちの発言が世間に出た時、せめて笑われない程度の議論をお願いします。渋谷の常識は、霞が関の非常識。
馬鹿区議会議員は渋谷の癌。自覚して。
選挙支持母体も救いようがない渋谷区。

公明党

栗谷か~
うちらの信心からうわばみはねて、議員で儲けて・・・
「区民の予防接種うんぬんかんぬん」
お金が大好き学会幹部。搾取が大好き学会幹部。
もう騙されない。自分らたんまり儲けて、うちらワクチン一本。
そんなら、自分で数千円負担した方がまし。
そんな施策に幾らつぎ込み、どんな裏取引があるんだか・・・
あんな桑原と握るのが間違い。

紳士協定

自分たちで決めたルールなら、法的な拘束力なんて

必要ないでしょう!

そもそも、自分たちで決めたルールを守らないわけはない!

なんだかんだいっても、丸山氏だって栗谷氏だって

”腐って”いるけど区議会議員。

そこまで恥知らずなことをするわけない!

ただ、問題は紳士かどうか?

『紳士(しんし)とは、立ち振る舞い・言動・行動などが

社会的模範になるような立派な人のこと。

上品で教養があり礼儀正しい男性。』

定義からすべて外れいる!

立ち振る舞いや言動・行動が全て

見苦しい彼らには紳士が当てはまらない。

よって、「屑人間協定」になってしまう。

果たして彼らが正義の名の下に、

協定を作れるだろうか?

しかし、どうせ期待しても無駄だから、

相変わらずの”とんちんかんぶりな”な

言動・行動を期待して腹を抱えて笑おうか!

区議が○○なのは

区民が投票に行かないから。
少ない固い票で当選してしまうから。
反省しなくてはいけません。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: