【政務調査費】本日開催予定の政務調査費あり方検討会の議題が判明

渋谷区議会において、本日、午後に開催予定の「政務調査費あり方検討会」の議題は、「訴訟費用を政務調査費で支出することについて」であることがわかった。

本検討会が開催されることとなったきっかけの事件は以下の通りである。
渋谷区議会議員・堀切稔仁が、区政調査のために情報公開請求をしたところ、渋谷区長・桑原敏武は「議会の調査権を使って調査しろ」との理由で情報公開に応じなかったため、堀切議員は、この渋谷区長の違法行為を正すため、違法確認訴訟を提訴して実質勝訴した。この度、その弁護士費用を政務調査費より支出しようとしたところ、前田議長の答申により、「政務調査費あり方検討会」を開催して、訴訟費用の支出を止めさせようとしていると推測される。
しかし、情報公開請求に係る費用は、議員の正当な調査費であることは明らかであり、それを渋谷区長が違法・不当に侵害したのであるから、その情報公開請求権を回復して、該当文書を入手するために要した弁護士費用は、正当な政務調査費であると解される。

一口に訴訟費用と言っても、訴訟内容は様々であり、例えば、住民訴訟あるいは情報公開決定処分の取消訴訟で原告が敗訴した場合の訴訟費用を政務調査費で支出することは許されないが、上記の堀切議員の場合は当然許されるであろう。この訴訟なくしては、堀切議員は自己の情報公開請求権を回復して、該当文書を入手し、正当な議員活動をすることができなかったのである。

情報公開請求権の根拠法令は、憲法で全ての国民に保障された「知る権利」であることも附言しておく。憲法で保障された権利が、数の力で阻害されることがあってはならない。

本日の「政務調査費あり方検討会」が傍聴可能であるかどうかは、渋谷区議会事務局庶務係(03-3463-1094)へ問い合わせてみよう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いじめ

先輩委員による、堀切議員いじめになりそうで、心配です。
民主党の鈴木けんぽう議員のツイッターによれば、
「これまで訴訟費用は想定していなかった。
新たに加えればいいだけの話。
法的には問題ないだろう」
とおっしゃっています。
民主党に期待できそうです。
民主党のモットーは「市民感覚」だったと思います。
民主党サポーターとして、正しい行動を期待しています。

追伸

 鈴木さんのツイッターは→ https://twitter.com/#!/kenpo_shibuya

鈴木議員様

同感です
堀切議員や、鈴木議員のような「まともな市民感覚」をもった議員が渋谷区議会議員の「腐ったみかん」とまわりの「腐った汁つきみかん」まで一緒に箱から捨てて欲しいものです。

法治国家

国民の知る権利は法律で守られています。
それを知らないのはうちの社長くらいです。
それを理解してないのは議長も同じです。

また、また、渋谷の情報公開を巡る裁判がらみで、全国紙が報道する日も近いでしょう。
一体、区民の税金をどこまで無駄に使って、こんな「あたりまえの」話をひっくり返そうと会議を画策するんでしょうか?この会議の税金負担・・・・みんな血税です。
区民の損失です。
反対する議員の皆さんは、マスコミの取材に「政務調査費でない」理由を説明してみてください。くれぐれも笑われない内容でお願いします。そんな理由どこにあるんでしょうね。

機能不全の回復は霞が関で・・・

こんな区議会議員相手に、いつも、いつまでも、やるのは無駄な労力です。あまりに馬鹿げていて先が思いやられます。
とっとと、渋谷区から出て、霞が関に行きましょう。
私たち、国民は、区民であると同時に日本国民です。
国民を守る憲法に守られるべき権利がなぜ渋谷区から侵害されなければならないのでしょう。こんな明白なこともわからず、情報公開制度の運用に全く変化のない首長は、日本広しといえど渋谷区の右に出るものはありません。ですから、全国区なのです。情報公開インチキ渋谷村です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: