【主張】多数決では決められないこと

逆説の日本史(井沢元彦著)という書籍に、「民主主義」と「話し合い至上主義」の違いということが書かれていて興味深い。

その違いがわかる具体的実例が、以下の通り示されている。
「ある学校のクラスで宿題を忘れた生徒を罰するため、全員一致で決議がなされた。それは全員の前で服を脱いで謝る、というものだった。そして、その罰則が実際に適用され、一人の女生徒がストリップをさせられるはめになった。」

これをどう考えるかということだが、これが「やり過ぎ」で「良くないこと」だということは、誰もが何となくわかるのであるが、その理由を明確に説明できる人は少ないと思う。
しかし、その理由こそ民主主義の根幹にかかわる問題なのである。

第一は、法治主義(法の支配)である。
「宿題を忘れたら・・・しなければならない」というルールが、事前に決められていなけれなばならない。ある行為がなされた後で、その行為を罰する法を制定することは、やってはならないことである。
第二は、基本的人権である。
仮に、事前に決められていたとしても、宿題を忘れた程度の罪で、人前で服を脱がせるなどということは、人間の尊厳を侵す。たとえ全員一致でも侵してはならないこと、決めてはならないことがある。

渋谷区議会は、堀切議員の弁護士費用のみを問題視して、「政務調査費あり方検討会」なるものを設置し、多数決で何らかを決めようとしているのであろうか。
前田和茂君、栗谷順彦君、桑原敏武君、以上理解できるかな?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

教育委員会と刑事告訴

笹塚中学校の給食について、子どもが在学中にPTA役員となり、学校の給食の栄養不足と、給食費の不明金について問題を指摘し、当時の役員と学校の給食改善に努めました。
学校給食の問題は、その後、学校と教育委員会が組織ぐるみで公文書の偽造を行い、その過程で、給食費受領の領収書が年度の途中で破棄されたことが明らかになりました。
情報公開でも存在する公文書が非公開だったり、開示文書が書き換えられ、開示時期で公文書の数字が違うものが出てきました。

区民の知る権利や、給食費の行方、給食の栄養など親として許し難いことばかりです。また、笹塚中学校の校長室において、校長が許可し閲覧した公文書(給食の記録)が保管された箱の中には「公文書偽造」を示す多くの証拠文書が残されており、私はそれを代々木警察署に運びました。以前より警察に依頼され開示文書を情報提供しており、当日も、持ってくれば見ると言われたからです。

その結果、島本前笹塚中学校校長は私を「窃盗」「威力業務妨害」「不退去」「不法侵入」で告訴し、私は本日も代々木警察署に任意の事情聴取に赴く約束です。
私は、犯罪の証拠を警察に届けたまでで、何ら刑事事件の被告訴人になるような覚えはありません。このような大雪の中、警察に出向き取り調べを受けることは、一般生活を平凡に過ごしてきた私にとって、精神的にも、肉体的にも、大変な負担です。

最近オンブズマンの記事を拝見しますと、区議会議員が情報公開文書の非公開について裁判を起こされ、弁護費を政務調査費で支払うことの是非が議論されているようです。

議員は政務調査費が使えるか議論をし、行政側は裁判費用も弁護費用も全て税金で賄う。では、私のような一般区民は?全てを個人で負担しなければなりません。
こんな馬鹿げた渋谷区に自分が住んでいることが悔やまれます。
告訴状が受理された以上、この行為が窃盗であるかきちんと両者の捜査を尽くして頂きたいと思います。
公文書の書き換えが教育現場で組織的に行われ、公文書の偽造が罪に問われないのであれば、行政はどんなことでも出来ます。
領収書を棄ててしまえば証拠は残らないと、給食費の説明も逃れてきました。そんなところで自分の子どもが教育を受けることの親としてのやるせなさ、自分の親を自分の学校の校長が刑事告発したことの子どもの戸惑い。
渋谷区教育委員会は、生徒と親に対しこのような対応をする校長を指導しないのでしょうか?やはり、教育委員会が主導なのでしょうか?私も法廷闘争に向けて準備しようと思います。


橋下の君が代条例

公務員だからといって、君が代に異議がある人に、命令で起立を強制し、人間の尊厳、思想信条の自由を、犯してはならない。
たとえ議会で多数決で可決した条例に基づくとしても。
内心反対でも、形だけ起立すればいいというのでは、自由が守られているとはいえない。
第一、君が代に起立しなかったからではなく、業務命令に従わなかったから処罰するので、思想の問題ではないというのは、逃げの詭弁であり、卑怯だ。
それなら、国旗国家法を改正して、不敬な行為を罰するように主張してみろ、と橋下や石原にはいいたい。本当はそうしたいのだろうから。

暗い世の中

AIJ では2100億円が消えて
エルピーダでは280億円の公的支援が回収不能?

年金や、税金が一瞬にして消える
どれもこれも人の金・・・・
って言うけど、全部国民が働いて納めて預けたお金。
大事なお金が消えてなお、「儲かってまっせ」と嘘をつく奴らは最初から投資が成功するなんて思ってないのでは?

こんなご時世に高金利で運用出来るなんてうまい話あるわけない。
信じた方も愚か。信じさせた奴は犯罪者だろ。詐欺師?集団?
渋谷区も似たようなもんだけど・・・

公務員の給料を下げろ

なんていうよりも、
俺たちの給料を上げろ!
というほうが気持ちがいい。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: