スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政務調査費】政務調査費あり方検討会の行方は?

22日、渋谷区議会では「政務調査費あり方検討会」が開かれた。
本ブログで何度も報じているように、この「政務調査費あり方検討会」は、堀切議員の訴訟費用(弁護士報酬)だけを問題として設置されたものである。しかし堀切議員は、自らの情報公開請求権を渋谷区長・桑原敏武に侵害され、その権利を回復するために、やむを得ず訴訟に及んだものであり、議員の調査活動を行使するための必要不可欠な費用であるといえる。すなわち、正当な政務調査費の支出なのである。
要綱に「訴訟費用」という例示がないという理由で、加えて恐らく桑原区長の指示で、渋谷区役所及び渋谷区区議会多数派の目の上のたんこぶである堀切稔仁議員を叩こうと、このような検討会が開かれたと容易に想像できる。

しかし、22日の検討会で決まったことは、堀切議員が所属する「純粋無所属の会」を抜かして検討会をやることだけが決まり、「3月31日までに決めるのなら、前田議長が決めたら」「既に支出したのだから、もう良いのではない」等の意見が各会派から出され、前田議長は「政務調査費で訴訟費用が支出できるかどうか決めなければならない」と言った手前、振り上げた拳を下ろすことができなくなったようだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

あたり前田のくらっかぁ

痛いね

そんな行為していると次の裁判は君の番だよ

被告人 前田和茂

事務諸費等の虚偽記載とか 爆

頭悪いから無理か
自由滅亡党と所属変えたら 笑

渋谷区で何が起こっているか
よくわかります。
どうもありがとうございます。


議員の仕事もいろいろあって
大変ですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。