スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【給食費】渋谷区教委は学校給食会計を指導するのか?

平成24年3月22日、渋谷区立西原小学校は給食費の返金について、保護者宛に通知を出した。
これによれば、本年度は諸般の事情で給食費が余ったので、渋谷区教育委員会の指導によって、学年によって432円~486円を返金するというものである。

かって池山教育長は、笹塚中学給食事件に関連して、「給食会計を含む私費会計については、各学校及びPTAにまかせてあり、教育委員会は関与していない」と議会で答弁している。
しかし、今回、文教委員会において、藤本学務課長は一転して、「教育委員会は以前より給食の会計については、余剰金が出た場合は指導ている」と答弁した。
ということは、あの池山教育長の答弁は何だったのだろうか?笹塚中学給食事件の責任回避のため、嘘をついたのであろうか?

setukoi3.jpg
         渋谷区教育委員会教育長・池山教育長
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ありゃりゃ

言ってること



やってること

が 

随分 違うんだね

口パク

議会での教育長の答弁は「嘘」か「真」か
スカートの中に入れられた手の動きで変わります。

下品でごーめん ね

No title

笹塚中学給食事件に関連して、「給食会計を含む私費会計については、各学校及びPTAにまかせてあり、教育委員会は関与していない」

なんて、池山教育長は答弁してるんですか?
じゃあ、笹塚中学校の給食のこともみーんな承知なのね~
知らなければ「指導」なんか出来ませんもんね

いつでも2枚舌

渋谷本町学園でも同様に、区教委の説明と教育長が言ったことに相違があります。
小学校の保護者達から大ブーイングの標準服問題です。
「購入について強制はしない。各家庭での判断に任せる」と教育長は議会で発言しているようですが、区教委からの保護者に対する説明では「新1年生は必ず購入・毎日着用」と強制しています。
次年度以降の新入生も購入が義務づけられる模様で、教育長の発言は実際の状況とは異なっているのです。

公には「強制しない」標準服を、数年後には全学年が着用することとなり、その時にきっと区教委は「保護者と生徒に標準服が支持された結果である」とでも言うつもりなのでしょう。
韓流のゴリ押し捏造ブームみたいなやり方ですね(笑)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。