スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政務調査費】あり方検討委員会は徒労に終わった

堀切稔仁議員が、渋谷区長・桑原敏武に情報公開請求権を侵害され、それを回復するために、やむを得ず違法確認訴訟を提起して勝訴したが、その弁護士費用を政務調査費から支出することに対して、桑原区長は久保田区議会事務局長に命じて妨害を企てた。
政務調査費の適否の決定権者である前田議長は、久保田区議会事務局長に促され、議会内に「政務調査費ありかた検討会」を設置したが、その答申内容は、訴訟費用の支出に関して賛否両論併記であった。
これを受けて前田議長は、「今回の堀切議員の弁護士費用の支出の適否は、個人ではなく、議員として使用したものであるならば本人に任せる。弁護士費用の支出については要綱に明記されていないが、正当な政務調査活動に使用したものであれば認められる。」という妥当な結論を出した。
結局、「政務調査費ありかた検討会」の設置は、徒労に終わったようであり、桑原区長の目論見も外れたようだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

後期高齢者の愚かな行動
おもらし初期認知症

裁判になったら認知症のふりするだろうな

わかった?

結局何のためにやったんだか・・・
馬鹿はどこまでも「馬鹿」なんだろうけど・・・
この「検討会」にも税金使って時間使って・・・
区議会議員は最初から検討委員会そのものを招集反対しないと。無駄の削減。馬鹿の教育。

リトマス試験紙

渋谷オンブズマンの堀切議員は、
区議を選別するリトマス試験紙の役割を果たしている。
かかわり方で、馬鹿が見つかる。
しんどいことも多いだろうが、がんばってください。

検討会3会程傍聴しましたが、入口でつまずいて時間切れという感じでした。ただ、前後の幹事長会では堀切議員のヘタレ度が増しました。人前で自分の考えが言えないのは議員として致命的です。オンブズマンが教育しないと今後不具合が生じるのではと心配です。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。