スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事紹介】渋谷区長のホットタイムズ社に対する名誉毀損事件が判例時報の掲載される

渋谷区長・桑原敏武が渋谷区の広報紙である「しぶや区ニュース」の区長名義のコラム記事中で、区政に対する批判的な内容を記載したミニコミ紙を論難した行為は、名誉毀損に当たるとして、渋谷区に対して謝罪広告の掲載が命ぜられた事件が、判例時報(2141号)に掲載された。
判例時報は、法律家であれば必読書であるところの判例情報誌である。

判例時報では、判決文の内、以下の部分に傍線を引き、判決要旨として注目している。

本件記事は、原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)が被告桑原を「誹謗」するものであること、そのような誹謗行為を行う理由は「他の区長候補を有利に誘導するため」すなわち、他の区長候補の利益を図る意図に出たものであること、そして、原告が原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)を新聞折込で配布したのは「目的のためには手段を選ばぬ行動」すなわち、区長候補である被告桑原を貶めることだけが目的のアンフェアな選挙活動手法であるという事実を摘示又は意見の表明が、原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)の発行主体である原告の名誉を毀損することは明らかというべきである。
原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)の発行から本件記事に至る経緯及び本件記事の記載内容に照らすと、本件記事は、渋谷区長選挙が間近に迫る中で、渋谷区政を批判的に取り上げる原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)が広く配布されたことから、現職として立候補した被告桑原の立場では、これを放置すると自己に不利になると考えて、「しぶや区ニュース」の渋谷区長のコラムを利用して、原告紙特集号(ジャストタイムズ特集号)を論難したものと認めることができる。このような本件記事の目的が、専ら公益を図ることにあるなどと認めることはできない。

以上のように渋谷区長・桑原敏武は、公共のものを私する、愚かな老人である。

img461.jpg
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【記事紹介】渋谷区長のホットタイムズ社に対する名誉毀損事件が判例時報の掲載される】

渋谷区長・桑原敏武が渋谷区の広報紙である「しぶや区ニュース」の区長名義のコラム記事中で、区政に対する批判的な内容を記載したミニコミ紙を論難した行為は、名誉毀損に当たるとして、渋谷区に対して謝罪広告の掲載が命ぜられた事件が、判例時報(2141号)に掲載さ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

本日付けのしぶや区ニュースの目立たない箇所に謝罪文が掲載されました。
しかし、この謝罪文掲載の費用負担が気にかかります。
区長のポケットマネーから、真っ当な広告掲載料が渋谷区に支払われているのでしょうか。
安易に掲載されただけなら、もしかすると他の一般記事と同じで公費負担で掲載されてしまっているかもしれない、と疑ってしまいます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。