スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホライゾン学園】第5次住民監査請求も予想通りの棄却、提訴準備へ

神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件の第5次住民監査請求は、5月25日付けで、棄却された。渋谷オンブズマンは、住民訴訟を提訴する準備をしている。
渋谷区は、渋谷区立神宮前小学校の一部を、私立インターナショナルスクールに無償使用させ、そのインターナショナルスクールは児童1人から年間約200万円の授業料等を徴収して儲けている。この使用許可処分の期間は1年間で、毎年、新たな許可処分が出されるので、住民監査請求及び住民訴訟も1年毎に提出している。
本件住民訴監査請求は、平成20年6月に第1回目を提出しており、実に今回は5回目で、住民訴訟は併合審理されている。
トルコ大使館への調査嘱託も終わったが、トルコ大使館は、渋谷区が主張するように、神宮前小学校の無償使用を正式に依頼したことを認めなかった。
今後、結審までには、証人尋問がなされることが予想される。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【ホライゾン学園】第5次住民監査請求も予想通りの棄却、提訴準備へ】

神宮前国際交流学級(ホライゾン学園)事件の第5次住民監査請求は、5月25日付けで、棄却された。渋谷オンブズマンは、住民訴訟を提訴する準備をしている。渋谷区は、渋谷区立神宮前小学校の一部を、私立インターナショナルスクールに無償使用させ、そのインターナショ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。