【区議会・情報公開】桑原区長は個人情報保護をどう考えているのか

渋谷区議会では、議員の情報公開請求を制限しようとする動きがあることは、本ブログで何度も報じている。
その元凶は、勿論、老区長・桑原敏武である。
しかし、これら一連の馬鹿げた騒動の中で注目すべきことは、桑原区長が特定の議員が情報公開請求していることを、区議会議長・前田和茂はじめ与党会派に漏らしていることだ。
実施機関の長が、誰が情報公開請求したかということを、第三者に漏らすことは、個人情報保護条例のみならず、地方公務員法にも抵触する恐れがあり、物議を醸すばかりか、またもや国賠訴訟を起こされる可能性すらある。

kuwa08122.jpg
          渋谷区長・桑原敏武
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【区議会・情報公開】桑原区長は個人情報保護をどう考えているのか】

渋谷区議会では、議員の情報公開請求を制限しようとする動きがあることは、本ブログで何度も報じている。その元凶は、勿論、老区長・桑原敏武である。しかし、これら一連の馬鹿げた騒動の中で注目すべきことは、桑原区長が特定の議員が情報公開請求していることを、区議会...

comment

管理者にだけメッセージを送る

腐ったみかん

区長と与党・某会派が繋がりすぎで、気持ち悪い

そんなに仲良しこよしでいいのかしら?

情報公開の大切さ

今日の新聞に、原子力安全委員会による、「全電源喪失」関連の情報を隠しが出ている。
全電源喪失対策不十分の認識があれば、福島原発事故は防げたかもしれないのだ。
情報隠しの罪は重い。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: