スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【区議会】地方議員の居住実体とは?

選挙区に居住実体がないにものかかわらず、当選した地方議員が辞職する事件が相次いでいる。
その問題点は、立候補者の"生活の本拠"が選挙区になかったことであるが、同様の問題は過去にも起きており、昭和32年に最高裁が「公職選挙法上においても一定の場所を住所と認定するについては、その者の住所とする意思だけでは足りず客観的に生活の本拠たる実体を必要とするものと解すべき」と判示している。
国政選挙や知事選の場合、タレントや官僚経験者など、その土地に地縁の無い立候補者が出馬することは、「落下傘候補」として珍しいことではないが、地方議会の選挙では、公職選挙法の規定により、3ヶ月間の居住が必要と定められている。

渋谷区議会議員には、そのような議員はいないと思うが、23区の中には該当議員がいるかもしれない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

あらあらあら
区長住んでない
居住実態は横浜市金沢区では??
違法だわ
無効だわ

No title

元大阪7区の渡嘉敷奈緒美は杉並区議会議員だったけど、亭主と不倫問題で別居、世田谷区に住んでいた。
その後杉並から都議に出て供託金没収され二ヵ月後衆議院大阪7区で当選次の選挙で敗北した。

渋谷区選出の大津都議も笹塚に居住実態が無い、練馬ナンバーの車で都議会に来るらしい。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。