スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【代々木小学校】子どもを危険に晒し、悪しき前例を作る、渋谷区教育委員会提案に、一致団結して反対しましょう!!

渋谷区教育委員会が強引に推し進めている、代々木小学校と山谷小学校の統合計画、その後に代々木小学校を廃校とする計画に、代々木小学校保護者を始めとする地域住民が反対運動に立ち上がった。
反対運動呼びかけのビラが、代々木地区を中心に渋谷区各地に配布され始めた。

その冒頭には、以下の通り、反対運動の趣旨を述べている。
「私たち、代々木小学校の保護者は、山谷小児童の安全と教育を受ける権利を尊重し、建て替え計画にも賛成です。しかし、山谷小児童を原則全員代々木小に転校させようとする渋谷区教育委員会の提案は、子どもたちの教育環境に混乱をきたす危険性が高いため、また、様々な問題を生じるため、私たちは、断固反対します。」

また、渋谷区教育委員会及び渋谷区の遺伝的体質ともいえる、不誠実極まりないやり方に足して、以下の通り反発している。
「区教委は、他の選択肢がないことを証する文書資料を提示せず、代々木小PTA総意である会長名での「要望書」の質問事項にも回答を示さず、学校希望選択制に基づいて代々木小と山谷小のデリケートな違いを丁寧に吟味して選択した各家庭の事情に全く配慮を示さず、区教委作成の第1回説明会議事録では、保護者側の重要発言の一部をカットしています。更に、代々木小で提案賛同者が多数であるという根拠は無いにもかかわらず、山谷小の説明会では、あたかも代々木小では反対は少数で、多くの人が理解しているかの如き、誤った事実認識に誘導するような発言をしています。信頼関係構築を困難にする渋谷区教育委員会のこのような姿勢を許すことはできません。
教育に限らず、様々な異なる見解を抱く社会人の間で信頼関係に基づく協力関係を築くには、可能な限り丁寧な手続きを踏まえ、詭弁を弄せず、形式的ではない実質的な協議を重ねていくことが大切であると信じます。

渋谷区及び渋谷区教育委員会は、何故、これだけの訴訟を提起され、しばしば敗訴するのか、まだ学習できなのであろうか。事の始まりは、誠実な説明を怠るところにあるということを肝に銘じて欲しい。
予算執行を伴う事業は、財務会計上の問題として、住民監査請求、住民訴訟の対象になりうることを忘れないで欲しい。


img625.jpg

img626.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

教育委員会の解散を望む

子供たちの教育に関することを決める教育委員会
今までどのような教育を受けてこられたのですか?

いつでも頭ごなし
誠意を感じない対応

あまりにもひどすぎます

給食費問題
放射能問題
区立幼稚園存続問題

これだけ問題が山積みなのに
責任者である、教育長、教育委員に変更すらない
区長も同じである

いい加減にしていただきたい

気持ちわかります

去年10月、突如、西原幼稚園、本町幼稚園の閉園発表され、
存続を求める保護者有志による
「区立幼稚園存続を求める請願」が
去年12月、区議会で多数採択されました

その活動の中心メンバーは
子供が幼稚園にいる時間を使い、
毎日自転車で区役所に行き、色々な方に頭を下げ
お昼も食べる時間もなく、お迎えもギリギリ
本当に大変そうでした

そこまでして、ようやく請願が採択されても、
いまだに西原幼稚園の募集停止の撤回はされず
本町幼稚園に関しても、そのままにされています

区民の声である「請願」が採択されても
区長、教育委員会は誠意を見せません
区議会も採択させておきながら、そのままです
区長の独裁なのです

いつも突如決まりましたと説明会で保護者だけに言うのです
しかし、区議会には何も報告されておらず
説明会をやった事実だけを伝えているようです

この体質はあってはならないものだと思います

区立西原幼稚園存続を今でも希望しています

そして、規模が小さかろうが、
今まで歴史を築いてきた小学校は重要であり
小学校というものは地域に必要であり
地域が子供を育てるということを
教育委員会、区長は、忘れないで頂きたい

教育に採算が取れないのは当たり前です(福祉もですが)
子供の将来をお金と天秤にかけないでください

一時的な転向は、致し方ないとしても
山谷・代々木小の存続を願います

No title

>教育に採算が取れないのは当たり前です(福祉もですが)

たかだか全校生徒100名ぽっちのために税金垂れ流されるの反対
(増える見込みのあるじゃなし)

No title

本町中学も改修して翌年は壊して本町学園構想を発表した、工事発注してキックバックを?だね。
代々木小学校跡地は資産価値が高い、代ゼミの前の区の土地は何だったかな、不動産が動けば見えない金が動くのは当たり前だ。
代々木小学校廃止のあとに見えてくるものは?

見えない筈のものが、ぼんやりと見えてきませんか!

どこまでも貪欲のジジイだな、区議もおなかが空いてきたし。
  渋谷区を 食い散らかして あの世行き

再開発大賛成!

代々木小~秀和&メナー~財務省住宅(+土建組合廃屋)あたりまでぜひ一帯開発するべき。
このまま日本の景気と人口の下降期を待つのはあまりに勿体ない立地。

羽澤ガーデンあたりは現状維持でもいいから、この界隈に下手な水差さないでよ、オンブズマンさん!

100名ねぇ・・・

>たかだか全校生徒100名ぽっちのために税金垂れ流されるの反対

この件を、税金垂れ流しというのでしょうか?
たかが100名、されど100名
垂れ流しと違うのではないでしょうか?

わずか100名です。

教育に採算が取れないのは当たり前

と書かれた方でしょうか?
代々木二丁目界隈に子育て家庭がどれだけあって、小学校を存続させるためにどれだけの経済的(金銭的)損失を生むか、

という視点で発言しています。
ノスタルジー以外でされど、の論拠を述べていただかないと話が進まないのではないかと。

少なくも私は、二丁目住民としてこれだけ前途有望な商業地域で、これだけ生徒の少ない小学校を存続さすべき、との論調に懐古以外の理由が感じられません。

税金の使い道の話をするなら…

簡単な話です。

教育委員会は国の答申にのっとり、小人数校を減らしたい。
統合を見据えて転校の措置をとるのでしょう。
でしたら、転校した時点で解決となります。
今夏、代々木小学校は耐震工事が入ります。
2年後に廃校にする学校へ耐震工事+建替え。
これこそ税金の無駄使いですので、建替えをせずに
そこで終了にすれば
○耐震補強終了
○300人規模の学校
○1校廃校

でよろしいのでは、ないでしょうか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。