【代々木小学校】何故、山谷小児童を代々木小へ転校させるのか?!

渋谷区教委の乱暴なやり方に対して、代々木小保護者は不信感をつのらせ、全面対決の様相を呈してきた。
チラシを入手したが、その内容は、以下の通り、渋谷区教委を痛烈に批判している。

○なぜ、山谷小校地内に仮説校舎ができないのか。
他区では、もっと狭い校地に仮校舎を建てた事例あり。現在の建設技術で建設出来ないことはない。騒音・安全面から考えても同じである。

○なぜ、近隣小学校である幡代小、富ヶ谷小で受入は不可能なのか。
近隣小学校である幡代小、富ヶ谷小の規模のほうが、校庭・校舎の受け入れに余裕もあり、山谷小学校として休校せず、児童全員の通学が可能なはずである。距離・安全を言うならば、他区では、スクールバスを使用している事例もある。廃校本町東小学校を使う事も区の計画の中で間に合うはず。

○建て替え校山谷小学校児童が、何故、転校しなければいけないのか。
小学校の建て替え計画であって、当初から、統合計画ではなかったはず。渋谷区では今後、建て替えするたびに、児童を強制転校させるのか。それとも、初めから統合する計画だったのか。説明会の度に、発言を変え、今や新校設立のため、先に両校の児童を一緒にしてしまえという実質統合状態にするための計画。子供への人権侵害、行政からのパワーハラスメントである。仮に安全面から、他の小学校へ受け入れてもらうことになっても、それは建物を借りるのみという発想が、教育の現場と子供達の心を大切に守ることではないのか。

両校の児童が互いに必要ではない最悪な環境になる事は、助け合いの精神で行うべき計画ではありません。教育現場での、前例なき恥ともいえる建て替え計画を、保護者として、区民として、社会の一員として、絶対に納得しません。


img624.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

教育のビジョン

いつも行き当たりばったり計画性を感じません
大切な区税を使うのですからしっかり検討して将来性を考えて
まわりにも誠意を持って説明し対応してもらいたいです
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: