【議会の調査権】議員諸君は、議会の調査権を大いに活用せよ!

渋谷区議会議長・前田和茂は渋谷区長・桑原敏武に対して、議会の調査権について文書を出している。
その内容は、
1.議会における調査について、委員会、議会が納得するまで審議を尽くすために、区長及び行政委員会は、提起された調査事項について、十分な説明、資料提出を対応いただきたい。
2.委員会、議会における調査活動を尽くしても、なお不明な点が残り、それ以上の審議が不可能と思われるときには、議員は、原則として情報公開請求を行う権利を有するので、条例に基づき対応いただきたい。

上記文書により、各議員は情報公開請求をしなくても公文書を取得できることになったと解される。公文書の取得は、議員の調査活動の基本であるから、大変結構なことである。公文書が出なければ、即、情報公開請求をすれば良い。
かって東京都議会では、世田谷区選出の議員が、議会の調査権によって公文書を取得しようとしたところ、東京都から拒否され、情報公開請求をするように促された。渋谷区では、その真逆であるが、これは区民にとってもありがたいことである。
区民の皆さんは、取得したい公文書があったら、身近な議員に依頼して、該当公文書を取得して貰おう。それが出来なかったら、上記の前田議長の文書は嘘であったことになるし、その際には情報公開請求をすれば良いのである。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: