スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【署名運動】代々木小学校廃校計画の撤回を要求する署名運動が始まる

代々木小学校の廃校に繋がる渋谷区教委の提案に反対する署名が始まった。
以下、その趣意書である。

本年5月12日の第1回説明会において、渋谷区教委より、山谷小学校建て替えに伴い、山谷小児童を来年度より原則全員代々木小学校に転校させる旨の説明がありました。さらに、その後の説明の過程で、建て替え完了後の平成27年度より両校を統合した新校を設立し、代々木小と山谷小を廃校とする計画を後出しのかたちで提示してきました。これは、実質的な両校の統合が来年度から始まることであるとともに、山谷小児童の転入を受け入れた場合、自動的に代々木小は2年後にこの地からなくなることが確定するということを意味します。このことに対して代々木小保護者が初めて聞かされたのは、つい先日の6月30日です。地区からひとつの小学校を消そうとしているこの重大な計画をこのような説明だけで強行しようとする渋谷区のやり方を現場当事者である我々は許すわけのはいきません、地域の皆様も、教育、防災、集会の拠点としての小学校の現状と将来について、一緒に考えていただけないでしょうか。悪しき前例を作らないためにも、我々は渋谷区教委に対し、提案の撤回を求めます。


img638.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

賛成の署名運動はないの?
『子どもの教育環境を守る』題目なら
反対意見が封じ込められるなんて問屋が下ろさない。
全校生徒マックス百人とその親しか
恩恵を受けないのに、地域総意みたいな顔はお断り。

No title

小学校は児童と保護者だけのものではありません。
地域の核であり災害時の大切な避難所です。
代々木小の後に鳩森小も統廃合になってしまったら、代々木駅周辺は地域崩壊です。

No title

災害時に被害が最も心配される火炎旋風は屋外にいては防げない。
「地震のときは高層ビルに逃げ込むのが安全」と石原都知事も明言している。

地域の核?単身者や子なしは何の恩恵も受けてはいない。
くどいようだが利益を享受しているのは代々木地区住民の中で
『全学年合わせて』約100人の子供とその親に過ぎない。
片親、兄弟ありなら最大300人はさらに減る。

災害時対策に緑地を残しておきたいのなら明治神宮に新宿御苑に代々木公園で十二分。

上の方へ

「地域の核?単身者や子なしは何の恩恵も受けてはいない」と
書かれた方へ


そんなことをいいだしたら
敬老館、スポーツ施設、公園すべてがいらなくなります
自分の都合のいい施設しか必要ない方なんでしょうね

???

>自分の都合のいい施設しか必要ない方

読解力がなさ過ぎる。誰が公園を否定している?
二丁目近隣地区住民「全体」に占める子育て家庭の割合を考えてみた時
『最大多数の最大幸福』に合致するかって話だろう。
この場合の幸福=利益、と置き換えてもいい。

スポーツ施設はまだ有りとは言えるが、当該地区に
敬老館や小学校を必要とする世帯がどれだけの割合で存在するかって話だよ。
必要とする家庭が一世帯でも存在する限り残そう、では
そうでない世帯が大半になってしまった地区では
明らかに地域住民「総体」の利に反する。

学校が公園みたく常時無料開放してるかっつーの
自分にガキがいて通ってるから既得権と錯覚してる馬鹿だろ
代々木小校区のどこが子育てや二~三世代同居に向いた立地だつーの
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。