【統廃合問題】代々木各地で集会が開催される

山谷小の建て替え問題に端を発した、山谷小と代々木小との統廃合問題は、この暑い夏に、いよいよ熱くなってきたようだ。

26日には、ふれあい会館に於いて、代々木小出身の斉藤竜一区議会議員(自民党)を囲んで、話し合いの場が持たれたようだ。
本日(28日)は、全理連ビルに於いて、野党系会派の仕切りで、集会が開催されるようである。

耐震工事の問題から始まった本件問題は、既に、代々木地区に激震を走らせている。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

教えて下さい

斉藤議員はなんとおっしゃっていましたか?
教えて下さい

No title

野党系会派ってのは
共産党みたいですね
http://www.jcp-shibuya.jp/


以下抜粋

代々木・山谷小学校「統廃合」問題
住民懇談会を開催
 
代々木地域の代々木小学校と山谷小学校の
学校統廃合問題が急浮上しています。
3月の区議会に、区と教育委員会は、
山谷小学校の耐震補強工事は技術的に無理として
建て替えを提案し、建替え期間中は山谷小学校の児童を
代々木小学校で学習させる方向を示しました。

そのため、両校の父母や地域のみなさんは、
建て替え後は、山谷小学校の児童は山谷小学校に、
代々木小学校は元に戻るものと考えていました。

ところが教育委員会は、突然、保護者に対する説明会で
「両校を母体とした新しい学校をつくる」、つまり「学校統廃合」に
方針を変えたことを報告したのです。説明会の参加者からは、
教育委員会の強引なやり方に、批判の意見が相次ぎました。

日本共産党渋谷区議団は、この「学校統廃合」問題で、
緊急に下記の通り住民懇談会を開きます。

        記

7月28日(土) 午後2時より
全理連ビル9階会議室 (代々木駅徒歩3分)
*ぜひご参加いただき、みなさんのご意見をお寄せください。

地元議員なのに…

結局力になってくださるんですか?

やはり、会派が全てなのでしょうか。

地元から議員を出す意味って。
次回の区議選は慎重に選ぼうと思いました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: