スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【統廃合問題】3日文教委員会にて池山教育長 思わぬ本音(代々木•山谷小学校問題)

8月3日の渋谷区議会文教委員会にて代々木小学校、山谷小学校の問題の質疑の中で共産党菅野議員からの「この統廃合は誰の命令か?区長か教育委員会なのか?」「なにか小規模校で問題があるのか?」という発言に関して、池山教育長は17年の前の公立学校のあり方検討会の答申に触れながら答弁し「統廃合というが山谷小学校の立て替え問題がなければ、代々木小学校と山谷小学校を統合するという考えは出てこなかった」「17年間頭のすみにあの答申書のことを常に頭に浮かべてチャンスがあれば改善に努めなければならない」と思わぬ本音を発言した。当日議員や傍聴した、両校の保護者らなどを含めて、池山教育長から口から思わず出た本音に委員会室が一瞬ざわめいた。
 ちなみにあり方検討会の答申書の中には120人以下の学校は改善に努めなければならないとある。改善とは統廃合を意味しているだけではないと信じるが、池山教育長は改善は『チャンス」統廃合ということであるようである。
渋谷オンブズマンではこの続きをお伝えしたい。

setukoi3.jpg

池山教育長 改善は『チャンス」統廃合

yoyogies_n.jpg


スポンサーサイト

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。