【統廃合】山谷、代々木小学校の異常な統合計画

現在、渋谷区立山谷小学校と同代々木小学校の統合計画が問題になっている。そもそも山谷小学校の校舎の耐震結果が悪いという理由で、生徒数100名の代々木小学校へ200名を超える山谷小の児童を強制転校、更にその2年後、新築した山谷小学校へ300名の生徒を戻して統合しょうとする計画である。
現在の山谷小学校の4、5年生は、卒業時に代々木小学校の生徒となるため、代々木小学校の卒業証書を授与することになる。つまり入学校と卒業校が異なるという、異常な状態になるのである。

そこで監督官庁の東京都教育委員会に、渋谷区が文部科学省及び東京都へ申請をしているのかどうかを情報公開請求してみた。そこで分かったことは、
第一点目には学校としての位置づけ、つまり二校の統合と廃校の届けが出ていないこと。
第二点目には「新しい学校づくり重点支援事業」の新設校(統合校)校舎に対する補助金申請が出てないこと。
が確認できた。
逆に言えば二年しかないのに全然何も申請すらしていないという、いかに渋谷区がずさんに早期の統合計画を進めようとしているのかがよくわかる。耐震性がない山谷小学校の改修(役所用語=一般用語の建替え)は仕方がないが、統合は区長の思いつきであることが十分に推測できる。

以下は、それを証明した、情報公開においての文書不存在の書面である。

yoyogisanya1.jpg
スポンサーサイト

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

常識が欠如しているね、区職員は親分(桑原)の意向に逆らえないのだな、勇気をもって逆らってまで住民の味方にはなれない区外の人だから。
渋谷区の財産を「食いつぶす」区民でない人たち。

人の前で六に挨拶もできなかった奴が、二人羽織で育ててもらったら自信をつけてしゃべりまくる、下手な落語と同じで中々話の落ちがつかず同じっことを繰り返す、しかも心より祈るだから笑っちゃうよ。

任期中におたから事業を強引に進める区長に、援護のアホ議員達だ、しかし町会長等細かいところにはお手当てが回らなかったようだ。

本件に限らず、当団体の立ち位置には
基本『開発・発展・変更・終了=悪』という
偏りが感じられてならないですね。
区行政をよく言えばチェック、
悪く言えばイチャモンつけるのが存在意義なら無理からぬことでしょうが。

>現在の山谷小学校の4、5年生は、
>卒業時に代々木小学校の生徒となるため、
>代々木小学校の卒業証書を授与することになる。
>つまり入学校と卒業校が異なるという、異常な状態になるのである。

当然至極な状態を『異常』と表現することで
自論の賛同者を発奮させようとしてるようにしか映りません。

そちらの『正常』な状態のためには、
統廃合決定の時点で新規入学者を受け付けず、
高学年一二クラス卒業まで学校を存続させることを意味します。
全校生徒百人程度なら、おそらく十数人のために。
私学ならともかく、税金で運営される公立校が
それをやる是非、という観点は当団体にありますか?

No title

>現在の山谷小学校の4、5年生は、
>卒業時に代々木小学校の生徒となるため、
>代々木小学校の卒業証書を授与することになる。
>つまり入学校と卒業校が異なるという、異常な状態になるのである。

この記述は、卒業証書を授与する子供たちの気持ちを代弁してみたのではないでしょうか。

大人たちが忘れがちな子供たちの思いを、思考する事も大切ですね。

思考することこそ重要です。

いっときの感情やノスタルジーに走る大人の姿を見せることと
己が生を受けた土地地域の現状をありのままに見せること

も教育のひとつでしょう。

No title

↑へ

強引に短期間で乱暴なヤリカタをして
父兄や地域住民の不安や反感を買ったり
都合の悪い事は周知させなかったり
言ってる事が毎度毎度コロコロ変わったり
地域や相手の立場によって言ってる事を変えたり
言ってる事とやってる事が違ったり

そんな教育行政の渋谷区を見せる事も

教育のひとつですか???

必ずしも正論が罷り通る世の中ばかりではない。
と、子供の頃に認識する機会が与えられることも
現実社会について学習するチャンスでしょう。
跡地に利用価値のある、都会に住んでいなければできない経験です。

限界集落も少子高齢化も無縁なままに
成人する子よりは、問題を考える機会も増える。

そんな機会もチャンスも経験も不要!
必要で受け入れられてるなら日本中どこでも拍手喝采で問題になってない筈
正論が罷り通らない世の中?詭弁だね

No title

なんとまあ単純な。幸福なというべきか。

日本中のどこでも、学校統廃合が拍手喝采で問題化せず済んでるわけでない現実を鑑みれば
「だから統廃合するべきでない(ウチの子・孫が通っているうちは)」
で通る話でないことくらい、考えなくてもわかる筈では?

自分の子・孫が通ってるうちは潰したくない両親に爺婆と
身内に影響のない子なし・単身者では利害が違って当たり前。
代々木二丁目のようにオフィスビル投資物件エリアと化していれば尚更。

反対運動ももうちょっと頭使ってやらないと。
「子供たちが可哀相」じゃ、消費税に反対した台所感覚とレベルが一緒。




はーい\(~o~)/
もうちょっと頭使って反対活動がんばりりまーす












No title

渋谷区が何を言っていたか、知らないとでも思っているのでしょうか。

渋谷区のホームページでの【区立小学校の合併】を全文引用します。

意見
区立小学校の合併を進めて、1学年1クラスによる弊害を解消してほしい。

回答
渋谷区の小学校の中には確かに、生徒数の減少により小規模化が進んでいる学校もございます。また、単学級の学校・学年では、人間関係の固定化による課題が生じる可能性があることも認識しております。しかし、各学校では小規模校ならではの特色を生かし、1年生から6年生の交流活動を活発に行ったり、専科の教員と複数指導体制をとったりと、様々な工夫をした教育活動を行っていると聞いております。また、教職員と児童との人間的なふれあいや個別指導の面で多くの利点もあると聞いております。 私も、運動会や学芸会のたびに学校に行き、1年生から6年生までの全校児童が異学年交流を通じて仲良く、元気に活動している姿をよく目にしており、小規模校ならではの良さを肌で感じております。
また、学校は地域のスポーツや文化活動の拠点となっている施設であり、万一の場合の避難場所ともなっております。区内各地で、地域に根差した学校を核として、地域全体で子どもたちを育てていこうという気風を見ることができます。学校がなくなることにより、地域の結びつきが弱くなり、地域力が低下することは避けなければならないことと考えております。
渋谷区では現在のところ、小学校・中学校ともに統廃合を行う計画はございません。小規模化に伴う問題の解決には、教育委員会と連携して取り組むとともに、各学校が行っている特色ある学校づくりを支援してまいりたいと考えております。

担当部署:教育政策担当
受付日:平成21年3月2日

>「子供たちが可哀相」じゃ、消費税に反対した台所感覚とレベルが一緒。

【現在のところ、小学校・中学校ともに統廃合を行う計画はございません】と公言していたのが、どのような理由で変化したのか。渋谷区は当然説明する必要がありますね。説明して下さい!

特に、【学校がなくなることにより、地域の結びつきが弱くなり、地域力が低下する】問題についても解消策をきちんと示して下さいね。

代々木小を統廃合の対象にするのなら同程度の鳩森小、常磐松小、臨川小も統廃合の対象になっておかしくないので、この地域の住民にも当然説明をして下さいね。

特に代々木小、鳩森小は原宿外苑中に進学する生徒が多いでしょうから、丁寧に説明して下さいね!

外苑中創立65周年行事を前に、渋谷区の説明に納得してくれるOB・OGが多いといいですね(棒)

No title

誤解されてませんか?

台所感覚、と書いた私は区議員でもなければ、役所の関係者でもありません。
渋谷区の方針が二転三転するのは腹立たしい、と当たられても困る。

第一、引用は「教育政策担当」部署でしょ。当然、更に上位組織が存在している。
教育よりもっともっと重要な、区民全体の利益を考える部署がね
(安穏としてたら目黒の後追う財政困難区になっても全く不思議はないのですから)。

下っ端の言葉尻を捉えて鬼の首取った気で説明責任求めてるうちに
既定路線はどんどん進んでいきますよ。もっと焦られた方がいいんでは?

>渋谷区の説明に納得してくれるOB・OGが多いといいですね

渋谷区のやり方に納得できず、反対運動に協力してくれる
OB・OGが多いといいですよね本当に。草葉の陰から祈念しております。

No title

宮下公園「整備」が本題なので、このテーマの書き込みはこれが最後です。

>台所感覚、と書いた私は区議員でもなければ、役所の関係者でもありません。

台所と財政は全く別ですから、「台所感覚」という言葉を使うだけで、役所の関係者でないことは分かります。

>渋谷区の方針が二転三転するのは腹立たしい、と当たられても困る。

人が言ってもいないことを持ち出すのはやめてね。

小規模校を統廃合の対象にするという考え方はありですよ。

それなら、渋谷区は統廃合をしない方針の変更を、議会等の議論を経た上で公表しなさい。

その後で統廃合の対象校はどこかとか、在校生の移転先をどこにするのかなど、丁寧な議論を進めるのが筋でしょう。

こういう手続きなど全く踏んでいないから、もめるのにね(笑)

統廃合反対派を増やすのが目的なら、どうぞ頑張って書き込みを続けて下さい!

>第一、引用は「教育政策担当」部署でしょ。当然、更に上位組織が存在している。
>教育よりもっともっと重要な、区民全体の利益を考える部署がね

それなら区長が説明会に来て、きちんと説明すれば。
渋谷オンブズマンのメンバーがわざわざ都教委に情報公開請求した意図を分かっているのかなあ。楽しみです!

>(安穏としてたら目黒の後追う財政困難区になっても全く不思議はないのですから)。

主題と関係ないから無視してもいいけど、都区財政調整の不交付団体になったこともある、渋谷区が財政困難区になるだって。他の区が聞いたら怒りますよ。

何が原因で目黒区の「財政問題」が起きたかきちんと分析した上で物を言って下さいね。

>下っ端の言葉尻を捉えて鬼の首取った気で説明責任求めてるうちに既定路線はどんどん進んでいきますよ。もっと焦られた方がいいんでは?

下っ端だろうが大物だろうが、説明責任を求めるのは当然でしょう。

しかもあなたは代々木小の廃校しか問題にしていないようですが、千駄ヶ谷地区には代々木小より在校児童数が少ない鳩森小だってありますよ。

【学校がなくなることにより、地域の結びつきが弱くなり、地域力が低下する】問題は、地域にとって死活問題なんですけどね。

代々木小の廃校問題がいいかげんな手続きで行われるなら、鳩森小も廃校になるかもと思う人はいるでしょう。

問題を拡大させないためにも、丁寧なやり方が必要なんですけどね(笑)

>渋谷区のやり方に納得できず、反対運動に協力してくれるOB・OGが多いといいですよね本当に。草葉の陰から祈念しております。

草葉の陰ということはお亡くなりになられたのですか。それはそれはご愁傷様です。

死んだ人に言ってもムダですけど、私の文章を引用しておきます。

(引用開始)代々木小を統廃合の対象にするのなら同程度の鳩森小、常磐松小、臨川小も統廃合の対象になっておかしくないので、この地域の住民にも当然説明をして下さいね。

特に代々木小、鳩森小は原宿外苑中に進学する生徒が多いでしょうから、丁寧に説明して下さいね!

外苑中創立65周年行事を前に、渋谷区の説明に納得してくれるOB・OGが多いといいですね(棒)(引用終了)

代々木2丁目に住んでいるくせに、ちっとも地域のこと知らないらしい、あなたの書き込みを生温かく見守らせていただきましょう。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: