【耐震検査】耐震測定結果の文書が、公開決定延長になるのはおかしい

渋谷オンブズマンは、8月3日に「平成21年度と平成13年度に行った山谷小の耐震検査耐震測定結果のうちコンクリートの強度結果の文書全て」と文書を特定して、情報公開請求をしたところ、渋谷区は8月17日に「事務処理に時間を要するため」との理由で、10月1日まで期間延長決定をした。

しかし渋谷区は、山谷小の建物のコンクリ-トの密度のデータに関する文書を、議員には公開しているようだ。とすれば、今回の期間延長決定は釈然としないものがある。議員に公開した文書だけでも、先に公開するべきではなかろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: