【統廃合】統廃合は決定事項で覆らない?!

8月28日、代々木あおい会館において開催された、山谷小と代々木小の統廃合問題に関する説明会において、
住民側が「この問題は決定事項で修正の余地は無いのか?」と再三にわたり質問した。
渋谷区教育委員会教育次長・児玉史郎は、言葉を曖昧にして必至に明言を避けていたが、遂に、「決定事項です。」と真実をゲロしてしまった。

この意思決定は渋谷区長・桑原敏武によるもであることが強く推認されるので、今後、住民の怒りの矛先は、渋谷区長に向かうことになるであろうと予想される。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

その通りです。
桑原です。

先ず、桑原です。

しかも、矛先を桑原としているのは、
住民だけではありません。

No title

渋谷区の教育行政は訳のわからないことが多いように感じています。

例えば、小学生フィンランド派遣事業。確か今年の春頃に、区役所でフィンランド大使の講演会が開催されたと思うのですが、その際に区長が申し入れて実現したのでしょうか?もっと前から検討されていたのでしょうか?

各小学校から1名ずつ選抜して派遣するとのことですが、どのような基準で児童を選ぶのでしょうか?

教育にかかるコストがかかりすぎて削減が急務だから学校統合を急速に進める、というのなら、フィンランド派遣にかける費用は捻出できないと考えるのが普通です。

フィンランドの教育に学べ、という話が一時期ありましたが、フィンランドは教科書検定はなく、1クラス20人程度の少人数、教え方の自由度が高いので教員は人気の職業であり、学力テストは少なく、グループ学習で全体の学力を底上げしており、授業日数・時間ともに日本より少ないはずです。

フィンランドに学ぶべきは、子供よりもむしろ大人の方だろうと思います。

お願いです

あのワンマン区長を首にしてください
あの人が区長でいる限り、区は暗闇です

区税が少ないと言いつつ、使えるものを壊してお金をかけて新たなものを建設(キックバックがあるから?)
他の意見を聞かない(耳が遠いから?)

もういい加減にしてもらいたい

No title

各説明会で教育委員会が言っている「決定事項」と言うのは「山谷小学校の立て替え」であって統廃合および山谷小休校は議会を通っていず何の根拠もないことです。
山谷小の保護者は、子供が心配でないのでしょうか? 
代々木小保護者は、合同説明会や話し合いの場を開催しようと呼びかけていますが、「反対されているのに一緒に何を話すのだ?」と言うばかりで会うことも出来ないようです。
お互いに会って話さなければ何も始まらないのではないでしょうか?
当事者という意識に欠けているように思えます。

今、代々木小の保護者が一番困っていることは、9月15日に教育委員会
が説明会を開催すると言ってきていることです。
14日から16日までは代々木小のある地域の氏神鳩の森八幡神社の祭礼で、PTAから町会の催しに多人数の手伝いが予定されています。
これは、まるで子供を取るか町会を取るか試されているようです。
教育委員会は、祭礼のことはもちろん知っていてぶてけて来ました。
卑怯な行為です。

とにかく、教育委員会の卑怯!横暴!な行為を許せません。

No title

9月15日の説明会はやめましょう

No title

教育委員会の職員は渋谷区民じゃないので何も考えていない。文部科学省から出向して国の考えを自治体にやらせるためにいるので渋谷区の事は考えていない。

わざと祭礼のど真ん中に

説明会開催をぶつけてくる

保護者の参加が
少なくなるであろう事を見越した日にちを設定してるのがバレバレ

あちらこちらで
同じ手口を使っているね
渋谷区、教育委員会の常套手段

なんだまたかと
呆れさせてくれる

15日の説明会は中止して…
そして早急に!

教育委員会が
もうこれ以上
得意の二枚舌が使えないように!!
山谷、代々木小合同説明会の開催を!






No title

平成25年3月31日って、今年度末ですよね。

文部科学省への廃校の手続きは着々と進んでいますよ。

説明ではない

渋谷区や学校が開催する説明会は、
「説明会」という名の「報告会」である。

説明とは、ある事柄が、よくわかるように述べること
報告とは、告げ知らせること

報告をするだけしか考えていないので、
わからないから質問をしても答えるつもりはない。

区などにとっては、説明会という名の集会を開催したことに意義があり、その内容や結果などには興味がないらしい。

山谷小は数年間移転して名前が変わるにしても
新耐震校舎できれいになるわけだから
廃校の代々木小と違ってデメリットは少ないのでは。
スクラム組めると思うのは楽観的に過ぎるんじゃない?

新校は新しい&キレイなだけじゃない

山谷小にデメリットがないかどうか。

本町小・本町東小から渋谷本町学園小学校に統廃合&新学校設置となった時は、新たに制服(標準服)を全学年に着用させることを発表して保護者達から大きな反発の声が上がりました。
活発に動き回る小学生に不必要な制服着用を進めて、高額な負担を押し付け、制服業者への利益誘導じゃないのかと疑問視されています。

おまけに校歌もかつての重厚な趣きはなく、安っぽい何の魅力もない陳腐なもの。有名な作家に依頼したそうですが、ギャラはいくら払ったんだか。
校章も新しくなったけど、デザイナーにはいくら払ったんだろ?区長の縁故かな?

山谷と代々木の統廃合の是非はともかく、山谷小の土地に新校舎を建てるのであれば、名称は「山谷小学校」のままで何の問題もない。
ヘタに代々木小側のエゴで「山谷」の名前を使わず新しい名前で新設することになれば、本来不必要な負担が増えるということの懸念があります。

山谷小地域の保護者は、新校の目新しさにつられて区の言いなりにならないよう警戒して頂きたいです。
「まさか」「ありえない」ことを平気でやるのが今の区長&教育委員会なのですから。

No title

→ヘタに代々木小側のエゴで「山谷」の名前を使わず新しい名前で新設することになれば、本来不必要な負担が増えるということの懸念があります。
 
 山谷はそのままのこればいいですよ。代々木小側は、統廃合事態反対しているのでエゴというのは何もわかっていないのかな
 

原宿外苑中の二の舞を繰り返すな!

>山谷小の土地に新校舎を建てるのであれば、名称は「山谷小学校」のままで何の問題もない。

そうは、うまくいかないと思います。それは原宿外苑中の先例から想像ができます。

原宿外苑中は旧外苑中と旧原宿中が統廃合してできた学校です。

まず、歴史的経緯として原宿中は外苑中の分校が独立してできたという背景があります。

次に、原宿外苑中の校舎は旧外苑中の校舎をそのまま使っています。
旧原宿中の校舎はケアコミュニティ・原宿の丘になりました。

これら2点から、旧外苑中と旧原宿中が統廃合してできた新中学の名は当然「外苑中」になるべきでしょう。

ところが、新名称は原宿外苑中です。

>ヘタに代々木小側のエゴで「山谷」の名前を使わず新しい名前で新設することになれば、本来不必要な負担が増えるということの懸念があります。

旧原宿中が旧外苑中に吸収合併された。もしくは旧原宿中が旧外苑中に出戻ったというのが実態だと思います。

ところが、原宿外苑中の当局は【原宿外苑中学校は外苑中学校と原宿中学校が統合されたものと認識している。】という姿勢を取りつづけています。

従って、新山谷小が代々木小を吸収合併したのが実態であったとしても、新学校は山谷小と代々木小が統合されたものと認識しているという姿勢を取ることが見込まれます。

山谷小関係者の皆さん。それに耐えられますか!

しかも山谷は旧地名にすぎず、地域一帯の名称は悪いことに代々木ですから、山谷小単独の名前になる可能性は低く、代々木山谷小ないし、山谷代々木小になる可能性の方が高いと思います。

ついでに言えば、それに伴って校章も校旗も代わるでしょう。標準服の問題もでてくる可能性があります。

>山谷小地域の保護者は、新校の目新しさにつられて区の言いなりにならないよう警戒して頂きたいです。

そもそも通学区域は山谷小は代々木中、代々木小は原宿外苑中と違うのに、その両校を無理やり統合しようなんて、何か裏があると考えた方が良いのでは?

進学先について渋谷区からまともな回答が一度たりともありましたか?

最後に、地域コミニュティーをズタズタにされるリスクを背負うのは山谷小や代々木小に通わせる父母や児童であって、区長や教育委員会ではないことを理解した上で、判断なさることを切に祈っています!

本当の目的はまだ明らかでない

>山谷はそのままのこればいいですよ。代々木小側は、統廃合事態反対しているのでエゴというのは何もわかっていないのかな

ごめんなさいね〜〜地域外なもんで。100%実情を把握していないのですよ。あ、また地域外はコメントするなって論調になるかな?(笑)
でもアナタは自分もしくは自分の子供(いなかったらごめんなさいね〜)が在校中にこんな形で統廃合された経験はないんじゃないですか?(経験あったらごめんなさいね〜)
「何もわかっていないんじゃないか」って突っかかってくるのは、「何でも、何もかも知っている」ってこと?
区の関係者?区長の腰巾着?それともご本人?(爆笑)

渋谷区は「無理が通れば道理が引っ込む」区ですから、
このままだと山谷と代々木小の統廃合計画を何が何でも強行する確立が高いと思うのです。
住民の皆さんの努力むなしく統廃合が決定的となった時に、代々木小関係者の方々が「代々木の名前を消さないで」とか「山谷にまとめられるみたいでヤダ」みたいなことでゴネてしまうと、区がそれをいいように利用して、山谷側に「あちら(代々木小)配慮して"山谷小"という名称は使わず新しい名前で新設校として...」なんて言わせる格好の材料になってしまうということです。

本来は『老朽化に伴う山谷小の建て替え工事』なのですから、代々木小と統廃合する/しないは関係なく立て替え後は「山谷小」の名前をそのまま使う事を地域の方々は強調された方がいいのではと思います。

これまでの渋谷区のやり方は、何かをする「ついで」にアレも変えて、コレも変えて...『本当の目的』が最後に顔を出す、というのがお決まりですから。
新設校になった「ついで」に制服義務化、校歌・国旗も爺のお好みに合うようチェンジ、山谷小の歴史は踏みつぶされ、精神的&金銭的負担が押し付けられます。

制服、好きですか?

また標準服の導入ですか・・・。

全員着用となると、6年生にとっては無駄が多いですね。

現在導入されている神南小・神宮前小ともに(保護者の)人気が高いらしく、どちらも新入生を抽選しています。

神宮前は、現3年生以下は着用必須で、4年以上は着たい人だけ、となっています。

うちの子供が入学した時は「どうして着なきゃならないの?着てない人(上級生)もいるよ」と涙目で訴えていました。

昨年になって急に「保護者から要望があったので、靴下は夏は白、冬は黒に決めます」と言われてびっくりしました。何人くらいの人がいつ申し入れたのか、全く聞いていません。

昨年度までは週の初日と最終日(例えば月曜と金曜)が着用日でしたが、今年になって、これまた突然「水曜日も着用」というお達しです。子供はぶつくさ言っています。図工の日はスモックを着せないと絵の具がついてしまって落ちません。

上級生は、自発的に着用している女の子は何人かいます。でも、男の子は皆無。

初夏は登校時と下校時の気温差が大きく、半ズボンは体温調節がしづらくて困っています。8月末の始業式は、暑いさなかもネクタイ・リボン着用。冬の長ズボンは8千円します。

制服(標準服)が気に入って入学を希望するご家庭が、特に学区外や学区の外れに多いように思います。新入生獲得に有効なツールになっているのではないでしょうか。

「制服が嫌なら、ない学校を選べばいいのに」と言われそうですが、近くても港区立には入れてもらえないし、ほかの学校は通学に難があったり、危険な保護者に犯罪すれすれの嫌がらせをされていたため、選ぶことができませんでした。

制服なんて、中学になれば嫌でも着なければならないのですから、小学生に6年間も着させなくてもいいんじゃないか、というのが私の個人的な思いです。

No title

→ごめんなさいね〜〜地域外なもんで。100%実情を把握していないのですよ。あ、また地域外はコメントするなって論調になるかな?(笑)
でもアナタは自分もしくは自分の子供(いなかったらごめんなさいね〜)が在校中にこんな形で統廃合された経験はないんじゃないですか?(経験あったらごめんなさいね〜)
「何もわかっていないんじゃないか」って突っかかってくるのは、「何でも、何もかも知っている」ってこと?
区の関係者?区長の腰巾着?それともご本人?(爆笑)
 
 言葉の意味をもっと理解したほうがいいですよ

No title

山谷の人たちはもっと頑張ったほうがいいんじゃないの?
山谷の人たちは真実を見た方がいいよ。
渋谷区に騙されるな

言葉の意味、ね〜

>言葉の意味をもっと理解したほうがいいですよ

言葉の意味をもっと理解されるように書き込みしたほうがいいですよ
アナタの書いてることがいかに的外れか、そろそろ気づいたかな?
だ〜れも賛同してくれないしね〜。

他人に「何にもわかっていない」と言えるのは、全てを何でもわかっている者だけですよ。
ここに書き込みされる方々は、区のやり方に余りにも「わからない」ことが多いから、自分の考え、意見を述べている。何もかもわかって書き込んでいるんじゃない。
それに対して「何もわかっていない」と居丈高に言い放つアナタの、その言葉の意味がワカラナイ。

>文部科学省への廃校の手続きは着々と進 んでいますよ。
↑↑↑↑↑
確認されたのですか?

もしそうでないなら
事実でない事を
あたかも
現在進行形で進んでいるかのような書き込みは
誤解を招く恐れがあるので
慎んでもらいたいです。

No title

→アナタの書いてることがいかに的外れか、そろそろ気づいたかな?
だ〜れも賛同してくれないしね〜。
 別に、賛同されるために書き込みしていません。色々な
意見があっていいのではないのしようか?そのための書き込みではないのでしょうか?
 一々人の揚げ足を取って書き込みをしている人やめた方がいいですよ。
 
 
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
なかのひと
なかのひと
カウンター
情報提供求む

名前:
メール:
件名:
本文: